子どもたちが聴き合い、つながり、学び合う学習は、具体的にどうすればできるか

 子どもたちが、学び合う学びとは、子どもたちが「聴き合い」、子どもたちと子どもたちや教師を「つなぐ」ことができる学習である。どのようにすれば、それが可能になるのでしょうか。
1 聴き合う
 聴くというのは,学ぶことの基本です。
「聴く」ことができるためには、学ぶことを、子どもたち一人ひとりが「自分の学び」として意識しているということが大切である。
「自分の学び」だから,人の話を聴こうとするのである。
2 何をつなぐのか
 具体的には,何と何をつなぐのか。
(1)子どもたちの「考え」と「考え」をつなぐ。
(2)子どもたちの「考え」と,教材をつなぐ。
  教材のねらいや,追求しているものを軸にしていく。
(3)子どもと子どもをつなぐ
  子どもの考えだけでなく,体験などもつなぐ。
  子どもたちの生活の中で、子どもと子どもをつなぐ。
(4)子どもたちと教師のつながり
  子ども同士をつなぐ前に,子どもたちと教師とつながる。
3 つなぎを可能にする条件
(1)教材解釈
  教材解釈を深めれば、子どもたち一人ひとりの学び,読みを聴きとることができる。
  教材解釈をすればするほど,教えたいと思うが、教師の教えたいことと,子どもの学びにずれが生じ、教室の空気が重くなる。
  そうならないように、教材解釈をしっかりした上で,教師はそれを出さずに,子どもの学びに反応できるようにする。
(2)子どもの考えから出発する学びに転換する
  高度な解釈のできるすごい授業からの脱却し、教師が教えないで,子ども任せにしているのではなく、子どもたち一人ひとりの理解に対応するようにする。
  子どもの読みが,どこから来ているのかを認識して,子どもたちにかえしてやる。
(3)個人学習で、子どもたち一人ひとりの考えを引き出す
  子どもたち一人ひとり、個別対応することが大切である。書くことを重視する。
  子どもたちに、いきなり一人でやれと言っても,やれない。教師が個人学習のやり方を丁寧に指導してあげる。
(4)子どもたちに連続発言への意欲をもたせる
 話せる雰囲気作りが大事である。抵抗感が薄れ、子どもたちが仲間意識が持てるようにする。
(5)聴き合える子どもたちを育てる
  受動的に聞くのではない。反応を返したり,自分の意見と似ている,似ていないなどを考える。
 聴くということが学ぶことだと実感させる。
(6)教師が子どもの発言をよく聴く
  教師が,子どもたちの聴き方の見本になる。
  子どもの発言を,教科書,仲間,自己の関係から認識する。
(7)教師がつながりを感じ取れる
  子どもたちを意識していると,つながりが見えてくる。
4 学び合う教室での子どもたちの様子
  子どもの学びから出発し,子ども同士の考え方を丁寧につなぐことで,子どもたちは次のような考えを持つ。
(1)共感「ああ,そうなんだ」
(2)比較「へぇ~。そういう考え方もあるのか」
(3)疑問「それじゃあ,これはどうなんだ?」
(4)結びつけ「ぼくの考えと,つながるな~」
(5)葛藤「じゃあ,これとこれは。どっちもいいな~。どうしよう」
(6)追求「わからない。もっと調べたい」
(7)発見(感動)「そーだったのか! わかった!」
5 学び合いの段階
 学び合いを進めるためには、つぎのような段階がある。
第一段階 
1 子どもたちに、聴く意欲を作る
(1)教師が、魅力的な語りをする
  子どもたちが,聴くことは楽しいと実感する。
(2)教師が、聴く態度を手本で示す
  教師がまず,聴き方の見本を示し、子どもたちの聴く態度を育成する。
(3)子どもたちの聴く態度で、よいところを褒める。
(4)しっかりと聴くことで、子どもたちが伸びることを実感させる。
2 安心して話せる雰囲気作り
(1)発問を子どもたちが答えやすいものにする
  目の前の子どもたちにあった発問をする。
 子どもたちの育ちに合わせた発問をする。
  答えやすい発問に、子どもたちが答えることで,話そうとする気持ちがわいてくる。
(2)話せる子と、話せない子を教師が把握する
第二段階 
1 聴き方を磨く
(1)何かを発見する聴き方
 自分の考えと似ていると共感したり、自分の考えと違うと比較したりするようにする。
(2)顔の見える机の並び方
コの字型に机を並べる。
  なぜコの字型にするのか,子どもたちと話し合って考える。
前向き,班の形など、状況によって使い分ける。
(3)反応しながら話を聴く
  まずは,教師が「うなずく」などの見本を見せる。
反応しながら聴いている子どもをほめる。
2 話す意欲と話し方を高める
(1)どの子どもも話す
思ったことや感想の発表など,どの子も話せる内容で話をする。
(2)不必要な学習話型は使わない
「いいですか」「どうですか」など,最初は使ってもだんだんと減らしていく。
(3)自分の言葉で相手に分かる話し方をする
一言発言や,オウム返しから始めて,自分の言葉で語れるようにする。
第3段階 子どもの考えから出発する授業
1 聴き手に向かって話をする話し方に
(1)誰に向かって語るのかを考える
(2)教師の机を子ども用の机にして,子どもと一緒の目線に降りる。
2 個人学習の取り組みをする
(1)自分の力で読めるように,学び方を教える。
(2)自分の読みを,ノートに書けるようにする。
(3)書いたことの発表会にならないようにする。
3 連続発言
(1)子ども同士で発言をつなぐ意識をもたせる。
(2)教師が話すのではなく,子どもたちが話すことを重視する。
(3)子どもたちが話せることを,教師も,子どもも実感する。
(4)前の人の話につなげて発言する意識を持つ。
第4段階 話題からそれない話し合いと、かかわり合って発言できる
(1)仲間発言
共感する。
(2)対立発言
  比較する。小さな違いから学ぶ。
(3)応援発言
付け足し。手助け。
(石井順治:1943年生まれ、「国語教育を学ぶ会」の事務局長・会長を歴任、三重県の小中学校の校長を努め、退職後は、各地の学校を訪問し佐藤学氏と授業の共同研究を行うとともに、「東海国語教育を学ぶ会」の顧問を務めている)

| | コメント (0)

保護者からの苦情対応の具体的なポイントとは

 あなたは保護者から、つぎのような脅しに似た文句を言われた経験はないだろうか。
「うちの子が言っていることが絶対正しい」
「担任を変えろ」
「子どものけがの治療代を払え」
「学校を訴える」
「慰謝料を払え」
「子どもに土下座をして謝れ」
「校長を出せ」
 そのとき、どんな対応をするのだろう。
 保護者の苦情を「聞くことすら嫌だ」と思う教師は多い。こうした教師の初期対応は、相手に対する思いやりがなく、自ら問題をこじらせてしまう。
 相手の言っていることが嫌だ、他の人に相談するのは恥ずかしいなどと考え、相手を押し返そうとする。
 それも態度や言葉による圧力で対抗する。その結果、保護者の逆鱗に触れてしまう。次には保護者は知識をつけて強硬な態度で対抗してくることになる。
 これらの教師は責められると弱い、対応能力が乏しい。そのくせ管理職に報告するときは、真実を曲げ自分を被害者にしたり、言葉の強弱のつけ方で自分を正当化するのがうまい。
 保護者からの苦情において、トラブルを未然に防ぐためには、まず教師の受け入れる姿勢を変えなければならない。
 教師が姿勢を変えることによって、多く問題の解決が図れる。
 管理職は、保護者からの苦情を最初に受ける教師に、対応の仕方を教えておくべきだ。
 つまり、保護者の話が無理だとわかっていても黙って聴くこと。自分では判断せず「ご提案はお預かりして、校長や教頭に相談してみます」と、その場では伝えることである。
 もちろん、実現は困難だとわかっているのだから、軽い予防線をはるようにする。例えば
「たいへん貴重なご提案をいただきありがとうございます。さっそく会議に諮れるように提案をしてみます。少しお時間をください。」
「しかし、会議で検討しても実現できるかどうかという問題も出ます。なぜなら、学校では年度当初に、〇〇という考えのもとで計画的に決定されていますから、変更はとてもむずかしいと思います」
「その点だけはご承知ください。でも貴重なご意見です。ありがとうございます」
というふうに。
 苦情対処のポイントは、言わずにいられない保護者の気持ちの「落としどころ」が見つかるかどうかである。
 苦情では、一つの問題に対して複数の回答を想定しておかねばならない。
 複数の回答を想定しておけば、その問題に当てはめて応用することができる。
 苦情対応の世界では、一度提案してもお客から拒否されることはいくらでもある。当然、次の手を考え準備しておく。
 それが拒否されたとしても、さらに次の手まで考えておけばよいだけのことだ。
 どんな説明で保護者を納得させるか、話術が必要となる。保護者に「仕方がない」と思わせる会話力だ。
 保護者に我を張らせない話術を持つことは大事である。
 我を張らせない話術には、先を読む推測力とそれを完成させる会話力が必要になる。
 つまり、会話で相手の心を和ませるのだから、相手の心理を読む冷静さと、会話の「間」のよさが求められる。
 保護者の顔色を見ながら笑顔で話し、保護者の顔が少しでもゆるんだ瞬間に
「〇〇くんは、おとなしいけど、芯が強いからなぁ。これからが楽しみだ」
などと、目をあわさずにつぶやく技を持てたらすばらしい。
 保護者は、教師の一言のつぶやきでほっとするのではないだろうか。親心とはそんなものである。
 苦情対応の世界では、問題解決のために、場の設定は絶対に欠くことのできない大道具である。
 保護者も、校長室の隣の応接室などへ通されたら、軽々しい発言はつつしみ、いい加減なことは言えないし、悪態もつけなくなるだろう。
 また、保護者が座ったら、まずお茶を出すべきである。出されるお茶の役割は一呼吸置いたり、目をそらしたりするのに最適な小道具なのである。
(関根眞一:1950年埼玉県生まれ、苦情・クレーム対応アドバイザー。百貨店に34年間在職し、お客様相談室長を経て、メデュケーション(株)代表取締役。新学校保護者関係研究会委員) 

| | コメント (0)

教師受難のむずかしい時代を生き抜いていくために必要な教師の能力とは何か

 今のようなむずかしい時代に教師生活を長く続けていくためには「弱音を吐く能力」「助けを求める能力」が必要不可欠なものとなりつつあります。
 弱音を吐き、助けを求めることは、教師受難の時代を生き抜いていくための能力の一つなのです。
 助けられ上手な教師は
(1)困っていることを解決するために、同僚や管理職からの助言や援助を求める。
(2)自分が困っているときには、話を聞いてくれる人がほしいと思う。
(3)困っていることを解決するために、自分と一緒に対処してくれる教師を探す。
(4)自分の周りの人に助けられながら、うまくやっていきたいと思う。
 男女別でみると、女性のほうが男性に比べ、助けを求めることへの抵抗が少ないようです。
 助けられ下手な教師は
(1)よほどのことがない限り、人に相談することがない。
(2)なにごとも、同僚や管理職に頼らず、自分で解決したい。
(3)同僚や管理職の助言は、あまり役に立たないと思っている。
(4)援助を求めたら、人はわずらわしく感じるのではないかと、思っている。
(5)自分が困っているとき、同僚や管理職は、そっとしておいてほしい。
 助けられ下手な教師の特徴は、
(1)自尊心の高すぎる人
 経験的にも能力的にも「自分はできる」という自負のある先生が学級経営や保護者対応に行き詰ったとき、プライドが邪魔をして助けを求められないのです。
(2)自尊心の低すぎる人です。
 学級崩壊に陥っている。保護者から攻撃を受けたというとき、これ以上自分のダメなところを見せたら、人から見放されるという怖さがあって相談ができないのです。
 大切なのは、勇気をもって自分の苦しみを打ち明けることです。助けを求めれば、救われるチャンスも得られるのです。
「そうは言っても、助けを求められる人、いないんですよね」と、言う教師は多い。
 でも、ほんとうにいませんか? あなたの周りにほんとうに一人もいないでしょうか。
 実は、同じようなことで悩んでいる教師は、結構いるものです。
 幅広く目を向けて、安心して相談できる相手を見つけましょう。
 周りを広く見渡して、味方になってくれそうな教師を探す習慣をつけること。
 これが、あなたがこの先も教師を続けていくための、大きな助けとなるのです。
(諸富祥彦:1963年生まれ、明治大学教授。専門は臨床心理学、カウンセリング心理学。悩める教師を支える会代表。現場教師の作戦参謀としてアドバイスを教師に与えている)

| | コメント (0)

私は様々な指導技術を身に付けてきた、その方法とは

 私が本に書いているのは、目の前の子どもたちに試して、ヒットした実感のあるものだけである。
 現場人である我々教師には、理屈は不要だ。
 例えば、水泳指導である。25mを泳ぎ切った時の子どもの笑顔は最高だ。
 しかし、私は若いとき、子どもを25m泳がせる指導技術をもっていなかった。
 私は子どもの笑顔を見るのが大好きだ。だから教師になったと言ってよい。
 しかし、子どもの笑顔を見たいのに見ることができない。こんなつらいことはない。
 だから、一生懸命に勉強した。本屋に行って、水泳指導の本があれば、片っ端から買って読んだ。そして、本から学んだことを子どもたちに試した。
 その方法を使って子どもが泳げるようになれば、その指導法を取り入れた。子どもが泳げるようにならなければ、その方法は使わなくなった。
 我々教師にとって、目の前の子どもの事実が全てだからだ。
 これをくり返すことで、私なりの水泳の指導法をつくりあげていった。
 おかげで、毎年多くの子を、初めて25m泳ぐことが出来るようにし、多くの子どもたちの笑顔を見ることに成功している。
 様々な本を読んでいると、それぞれに理屈が違っていることに気がついた。
 私には、目の前の子どもの事実だけが頼りだった。
 これは、水泳の指導だけに限らない。
 若い私は、多くの本を読んだ。教育雑誌だけで毎月20誌以上を買っていたこともある。
 それらの本から学んだことを、どんどん子どもたちに試した。
 そして、効果のあった指導法を取り入れ、効果のなかった指導法を捨てていった。
 私はこうやって様々な指導技術を身に付けてきたのだ。
 ある若い教師から、こんな質問を受けた。
「授業に班学習を多く取り入れている。それなのに、班学習をすると、いつもパニックになる子どもがいる。どう対応すればよいか?」
 私の答は、単純明快。「班学習をやめたらいい」である。
 班学習をしたら、必ずパニックを起こす子どもがいるのである。目の前の子どもに合っていないのに班学習にこだわる理由が分からない。
 私は、その子が良くなった方法を続けて使う。悪くなった方法は使うのを止めることにしている。
 もちろん、そのためには「子どもを見る目」が必要なのは言うまでもない。
 私にとって必要なのは理屈ではない。目の前の子どもたちの事実が全てなのだ。
 私は目の前の子どもの事実からしか学ばない。それは若いころも、今も変わらない。
(中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ講演も行っている)

 

| | コメント (0)

学級に違和感を抱き、落ち着かないなと感じたとき、どのように学級づくりをすればよいか

 新しい学級を担任したとき、教師はまず何をおいても子どもたちとの間に縦糸を張らなくてはならない。
「先生ときみたちは立場が違うんだよ」「先生はきみたちを守る責任をもっているんだよ」「きみたちは先生に指導される立場なんだよ」
 こうした縦関係をしっかりと構築しなければならない。
 これを怠り、教師と子どもがフラットな関係を築くことこそが理想だなどと考える教師は、子どもたちの前に立つ資格がないと言えるだろう。
 しかし、現在、この縦糸を張るだけでは学級経営は成り立たない。
 生徒指導のベテラン教師や、子どもたちになめられないようにと怒鳴るタイプの教師が、学級崩壊を起こしたり、子どもたちに反発されたりすることが多くなっているのが何よりの証拠である。
 現在、教師は縦糸を張ると同じくらいの重きを置いて、子どもたちに横糸を張らせる手立てをとることが求められる時代になっている。
「子どもたちがわからなくなった」「学級担任をもつ自信がなくなった」と、嘆くベテラン教師は、この発想がないからうまくいかないのだ。
 教師は縦糸を張ると同時に、手を換え、品を換えて横糸を張らせる手立てをとらなければならない。
 子どもたちに他人とつながる経験を与え、つながる喜びを意図的に体験させなければならない。
 学校行事はもちろん、授業、特別活動においても、この発想を片時も忘れてはならない。繰り返し、繰り返し行うことによって、その効果が発揮される指導である。
 3か月、半年、1年と長いスパンで見たとき、その効果には計りしれないものがある。
 多くの教師はせっかちであるために、その効果を実感するまで続けられない現状がある。
 横糸が太くなっていくことによって、教師と子どもの間の縦糸が隠れていくが、決してなくならない。
 しかも、子どもたちの横糸は、教師には想像できないような様々な彩りを示し始め、学級全体の彩りを形成していく。
 その彩りは、あくまで教師と子どもたちとの間に張られた縦糸によって、一つに織られていくのである。
 教師は学級の実態に違和感を抱いたとき、落ち着かないと感じたとき、縦糸の強化に向い、説教に向かいがちである。
 しかし「子どもたちの関係性を深める活動が必要なのかもしれない」という視点を浮かべる必要がある。
(堀 裕嗣:1966年北海道生まれ、札幌市立中学の国語科教師。92年、国語教育研究サークル「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH-UPセミナー」代表。文学教育と言語技術教育との融合を旗印に長く国語科授業の研究を続けている)

| | コメント (0)

子どもの行儀の悪さを、すべて学校の責任に転嫁する保護者に、どう対応すればよいのでしょうか

 整理整頓ができない、時間を守ることができない、あいさつができないなど、本来、家庭で身につけておかなくてはならないことを、学校任せにし、責任を転嫁する保護者がいて、困ることがあります。
 保護者の要請だからと、すべてを引き受けてはいけません。保護者としての責任感を身につけてもらうことが、子どものためになります。
 そのような保護者には、どのように対応すればよいのでしょうか。
1 保護者に協力を求める姿勢で啓発する
 あまりにも身勝手な苦情や要請に「それは、親の責任でしょ」と嫌みの一つも言いたくなります。
 しかし、感情をあらわにして保護者とぶつかるのは得策ではありません。
 一歩引いて「力不足でした。ご家庭でも、ご協力をお願いします」と、家庭でも保護者の指導が必要なことを暗に伝えるようにします。
2 学校での取り組みを伝える
 学校での生活指導の取り組みを、学年通信や学級通信、保護者会などで、どんどん伝えるようにします。
 すると、保護者は家庭の教育力の必要性について考えざるを得ませんから、ほとんどの保護者が、協力的になってきます。
 もし、しつけは学校の責任と考えている保護者がいたとしても、日頃から、家庭教育について、学校や担任の考え方を伝え、それが他の保護者の理解を得ていれば、苦情を言ってくることはなくなります。
3 その場は我慢し、保護者をほめて協力する意識を高めてもらう
 学校の指導が悪いと苦情を言ってきた保護者に、教師がいくら正論を掲げても、このような保護者に理解してもらうことは、まず無理です。
 とにかく我慢して、相手の話を聞き流しましょう。
 勝負は日頃の保護者との接し方です。
「Aさんが、きちんとあいさつができるのは、ご家庭での指導が行き届いているからですね」
と、保護者のプライドをくすぐりながら、家庭教育の必要性に気づいてもらいます。
 このように、保護者を協力的に変えていくことが、もっとも効果的な方法です。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方研究会」を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0)

私は新人のとき国語の授業の教え方がわからなかったが、努力して楽しくて力のつく学習法にいきついた

 私は新採用のとき、小学校2年生を担任しました。
 今のような指導教師がついた懇切丁寧な指導は一切ありませんでした。
 何とか1日の授業が終わるとほっとしたものでした。余裕など全くありません。
 放課後になると、同じ学年の教室をのぞいて、どんな掲示物をどのように貼ったらいいのか真似をしていました。
 そして、子どもたちと休み時間ごとに外に出て遊んで、子どもたちの気持ちをつかもうとしました。
 毎日の授業を、どうやって教えたらよいか本当に困っていました。
 同じ学年の先生に聞いたり、学年主任の先生に聞いたりしていましたが、間に合いませんので、教科書の指導書を頼りにし、それをみながら進めました。
 一番困ったのは国語の授業です。国語の教科書を見て、何を教えたらよいのか本当に困りました。読めばわかるお話ばかりでした。
 こんな簡単な物語文や説明文は、一回読めばわかるじゃないかと本当に思いました。
 ですから、国語の授業が退屈で仕方ありませんでした。10時間扱いと書いてあっても、すぐ終わってしまうのです。
 きっと、わかる子やできる子どもだけを相手に、進めていたのでしょう。
 校内の研究授業の機会に、40歳代の先生の説明文の授業を参観したのですが、私の国語の授業とは雲泥での差でびっくりしました。
 授業は発問応答方式で進めていたのですが、そのあまりにも鮮やかな展開に、すっかり魅了されていました。
 一字一句を大事にする国語の授業ってこういうのかと、初めてわかったような気になりました。とてもすてきな国語の授業でした。
 その先生の国語の授業は、全員の子どもに、今日勉強する教科書の範囲を読ませ、読めない子どもには一人ひとり教えていました。
 そして、発問応答方式で、教えなければならない内容と言語事項について、きちんとわからせていったのです。
 黒板に書く文字も美しく、見とれました。
 中でも圧巻だったのは、授業時間の最後の方で
「〇〇は・・・・・・です」
と黒板に書いたのです。
 教科書の文章と違うので、私はその先生が間違えたと思い、はっとしました。
 すると、子どもが
「先生、そこは『〇〇も』と書いてあります」
と指摘したのです。
 すると、先生は
「そう、よく読んでいましたね」
「ここは『も』ですね。『は』とは違います」
「どういう違いがあるからしらね」
と進めたのです。
 すると、子どもたちが何人も手を挙げて、要点に触れる答えを言っていたのです。
 一字の扱いで、文章の意味を的確につかみ、イメージが広がったのです。
 この先生は、この「も」を意識させるために、わざと「は」と書いたのです。
 授業は退屈するどころか、後ろで見ていた私も、その先生の発問ごとに、はらはらどきどきしたり、うなずいたり、納得しながら過ごしました。
 あっという間の授業時間でした。これなら子どもも、学習に満足感をもつだろうと思いました。
 そうだ、こういう授業を私もしたいと痛切に思いました。
 こういうすごい授業を毎日受けている子どもと、私のお粗末な授業を受けている子どもでは、1年間ですごい差がつくなと、その申し訳なさに身震いしました。
 それから、私は一念発起して国語の研究会に参加し、教えてくれる師を求めて勉強を続けました。
 そして、楽しくて力のつく国語学習法として、翻作法にいきついたのでした。
(注記)
 翻作とは、なんらかの作品をもとにして、それをなぞったり変えたりしながら、自分なりの表現をすることです。
 翻作法とは、翻作表現活動を取り入れた学習支援の方法です。
 翻作法の第一の利点は、学習活動を意欲的で積極的なものにする点です。
 翻作法では、原作にした作品の理解を確かなものにしたり、その作品の内容や表現方法を学んだり、自分自身の表現力を高めたりすることができます。
 それは、より広い視野から見ると、文化の継承と創造に参加することになります。
 翻作法には「表現活動を通した精読の方法」という特徴もあります。翻作法は、言葉の力を豊かにする、楽しくて実りある学習方法です。
(卯月啓子:1949年東京都生まれ、元公立小学校教師。NHK教育テレビ「わくわく授業 卯月啓子さんの国語」(2002年)で好評を得る。「卯月啓子の楽しい国語の会」代表。現職教員のための国語教育研究会の常任講師を務め、後進の指導にあたっている)

 

| | コメント (0)

授業中、わざとふざけたことを言ったり、揚げ足をとって、授業を妨害する子どもに、どのように対応すればよいでしょうか

 授業中、教師の問いかけや友だちとの意見交流で、わざとふざけたことを言って、授業を台無しにする子どもがいます。
 また、教師の発言の揚げ足をとって、授業を妨害する子どももいます。
 このような行為は、授業の雰囲気を壊し、他の子に迷惑となります。どうすればよいのでしょうか。このような子どもには、
「真剣に相手をせず、軽く受け流して、授業の雰囲気を守ることに専念する」
とよいと思います。指導のポイントは
(1)授業のペースを乱さない
 子どもが授業の流れを壊す発言をした場合、大切なのは、授業のペースを乱さない
ことです。
 そのために、子どものふざけた言葉に「真剣に取り合わない」ことです。
 幼い子どもを母親がなだめるように「軽くたしなめて、受け流す」くらいの「余裕」で応じましょう。
(2)他の子をバカにしたり、迷惑になる態度には厳しく
 他の子をバカにしたり、周りに迷惑になるような態度をとった場合は、軽く受け流して終わってはいけません。
「今の言葉をもう一度言ってみよ」と、毅然とした態度で叱りましょう。
 教師の毅然とした態度ほど、子どもにこたえるものはありません。
 ほとんどの場合、これだけでOKです。反省が見られたら、あとは何事もなかったかのように授業を続けましょう。
(3)教師が「無視した」と受け取られないようにする
 教師が子どもを軽く受け流す対応の仕方は、冷たくあしらわれ、無視されたと受け取られるかもしれません。そうならないように、
「耳が日曜日」「また遊んであげるから」
など、たまにはユーモアで返す余裕も見せなくてはなりません。四角四面な叱り方をするだけでは、到底聞き入れてはくれないものです。
(4)周りの子どもたちに問う
「今の行動が、立派だと思う人?」と、他の子どもたちに問うようにします。
 当人の言動が周りの子どもたちにとっては、迷惑になると知れば、授業をかき回す発言をしなくなるものです。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる) 

| | コメント (0)

職員室のルポ、教師の実態とはどのようなものか

 学校に電話をかけると応対が失礼なことがある。
 教師は電話の対応の仕方を教わらない。サービス業のように電話対応で顧客を失うことがないから、サービスのサの字もない。
「はい、はい、誰ですか」と日頃の偉そうな口調そのままのときがある。
 学校には隠蔽する体質がひそんでいる。
 学校で起きた諸問題を教育委員会に報告するとき、問題のレベルが学校によって違うから、その程度の問題は問題でないと勝手に判断してしまう恐れがある。
 校長も管理能力を教育委員会から測られているため、負の遺産をかばおうとすることがある。
 教師は定年になるまでに現場を離れたいと願うのであれば、教頭など管理職になるか、教育委員会に入ることである。
 しかし「定年まで子どもと関わりたい」という教師が多い。
 だが、その教師の仕事ぶりや人間性を評価されれば、管理職や指導主事に推薦され選考を受けることとなる。
「なんであの教師が? 次は自分だと思ったのに」と思う教師は肩書が欲しいのかも。
 体育の教師は、早朝に学校に来て、最後に帰り、上下関係に耐えてきた教師が多い。 先輩教師を敬い、後輩の面倒をしっかり見る。
 体育教師は、円滑な学校運営の立役者で、生徒の規律も体育教師の力量によることが多い。
 教師の基本は授業で商売している。授業をしっかりしていれば、子どもたちはついてくる。
 なめられている教師は、授業をおろそかにしているか、明らかに力量が足りない。
 授業の中身の充実は、知識の向上と、考え方、生き方、道徳心、自分を律する心など様々な視点で成長できる。
 ときには、手のつけられないような子どもがいる。ある信頼されているベテラン教師は、
「勉強が苦手でしかたがない子どもに強要しても、子どもがかわいそうなだけ。教室に居場所をつくることが我々教師の仕事」
という。
 その子のやり場のない心境を察知し、気持ちよく通学させるのが教師の仕事である。
 卒業式や転勤の際に、花束や寄せ書きをもらい「先生のおかげです」と、子どもや保護者から感謝される教師がいる。
「お礼を言われても。これで給料をもらっているんだから」
と、純粋な気持ちの教師がいる。
 時間を惜しまず、子どもたちに親身になる。こんな教師がまだまだいる。捨てたもんじゃない。
(非常勤太郎:昭和40年代東京近郊生まれ、塾の教室長、私立高校教師、その後臨時的任用教師として公立学校、特別支援学校等のチーフを任される)

 

| | コメント (0)

教師が子どもとつながり、信頼されるには、どのようすればよいか

 教師をやっている以上、子どもへの語りは実に重要だ。
 教師の失敗談、小さい頃の思い出話、怖い話、人生論などを、子どもに語ることは、子どもの心に宝を残すことになる。
 しかし、すべての教師が、語りが得意ということはない。
 語りたいことはあるのだが、どんな風に語ったらよいのか悩む教師が多い。
 もちろん、苦手だからと、語ることをできるだけ避ける、という手もある。
 しかし、メッセージのない教師は、子どもとつながることも、信頼もされないだろう。
「何を考えているのか分からない教師」は、子どもには理解しにくいのだ。
 もし、自分の話術に自信がなければ、絵本の読み聞かせをするとよい。
 そこで、教師が伝えたい内容と合致した絵本を選び、子どもたちに語る代わりに、読んで聞かせることにする。
 例えば、予定より早く授業が進み、時間が余ったとき、
教師「絵本を読みます」
教師「今日の絵本は、落語を題材にした『じゅげむ』です」
教師「じゅげむ、じゅげむ、五劫のすれ切れ、・・・・・」
何度も「じゅげむ、じゅげむ」が出てくるので、途中からは
教師「さん、ハイ」と言って、子どもたちと一緒に言うようにする。
 教師が絵本を読み終えた頃には、
子ども「先生、覚えたい」「五劫のすれ切れまでは言える」と、子どもたちは言う。
子ども「先生は言えるの?」という質問が出たので、
教師「言ってみようか。先生のは速いよ。それに、一回も息継ぎをしないからね」
と、宣言してから、すらすらと「じゅげむ」を暗唱してしまう。
子ども「先生、すごい!」「どうやって覚えたの?」と感嘆の声があがる。
 次の日から、私は「じゅげむ先生」と呼ばれるようになった。
(山田洋一:1969年北海道札幌生まれ、私立幼稚園に勤務後、北海道公立小学校教師。教育研究サークル「北の教育文化フェスティバル」を主幹し、柔軟な発想と多彩な企画力による活動が注目されている)

| | コメント (0)

教師が実践力を向上させるためには、何が必要なのでしょうか

 新任1年目の私は散々な学級経営をしてしまいました。
 大学時代の私は、家庭教師や塾の講師を務め、自信を持っていました。小学校の先生なんて楽勝な仕事だと思っていました。
 しかし、現実はそんな甘いものではありませんでした。
 学校のルールを破ってシャーペンを持ってきた子どもに「〇〇さん、シャーペンは学校に持ってきたらだめとちがう?」と注意をしました。すると、
「他の子もシャーペン持って来ているのに、なんで、ボクだけ注意されるんですか?」
と、反発された。
 注意したら、すぐに反省して「すみません」と言うだろうと思っていた私にとって、考えてもみなかった反応でした。
 私はカッとなり、感情的に怒鳴りつけ、力で押さえつける指導をしてしまいました。
 こんなことが何度も続き、1学期の終わりの頃にはクラスは最悪の状態になりました。
 どうしたらいいのかわからなくなり、夏休み前に大学の先輩に相談すると、教育サークルや教育セミナーに何度も私を連れて行ってくれました。
 そこでは、テクニックや知識がたくさん紹介されました。
 夏休みが明けて、勉強したことをふまえて、心機一転、再スタートしました。
 学んできた通りにやっているのに、子どもたちの様子が変わらない。私は焦りを感じ、子どもたちにつらく当たってしまいました。
 現在の私は、こんなことで心が乱されません。なぜなら、学んだことはうまくいかないのが当然だからです。
 そもそも、まず子どもたちの状況が違います。目の前の子どもたちに合わせなければなりません。
 そして、子どもとの信頼関係、しいて言うなれば、その先生の性格や人格も違うのに、同じようにいくことなんてあり得ないのです。
 性格は生まれ持って備わっている感情や意志の傾向です。
 人格は、忍耐、優しさ、寛容、謙遜、礼儀、素直さ、誠実さといった後天的に身に付けられるものです。
 教育の知識をたくさん身につけても、いざやってみてもうまくいかなかった経験のある先生も多いのではないでしょうか。
 学んで得た知識を振り返り、自分に合うように変更していく、ひと手間が必要なのです。
 教育技術は、さまざまな分野の知識を利用し、悪戦苦闘しながら実践を続け、自分なりのワザを身につけなければなりません。
 だから、教師が実践力を向上させるためには、人格、知識、技術の力をまんべんなく向上させていかなければならないと私は考えています。
(小野領一:1984年奈良県生まれ、奈良県公立小学校教師。「かれ笑いす」代表)

| | コメント (0)

教師が悩みを共有し、お互い支え合いながら課題を解決していける人間関係づくりが求められています、どうすればよいのでしょうか

 教師同士が雑談することでどのような効果をもたらすのでしょうか。
「同僚が自分をサポートしてくれる仲間だと感じることができた」
「ストレスをほぐせた」
「人間関係がよくなり、仲良くなることで学校が楽しくなった」
「なごやかになり、気持ちが落ち着く」
などのメンタル面で大きなプラス効果があります。
 ある学校では、校長自らが職員室の後方に仕切りを作り、雑談できるようにしていました。
 勤務時間外に、教師たちはそこでお茶を飲み、お菓子を食べ、子どものことなど様々なことをしゃべってから帰路につきます。晴れ晴れとした顔で帰っていくのです。
 学校でのストレスを学校で解消していくことで、家庭にストレスを持ち込まないようにすることができます。
 結局それは、翌日の勤務への意欲を高めることにつながっていったのです。
 校長が「雑談スペースを作ったことで、先生方の仕事の効率が上がった」と、胸を張って言っていました。
 雑談時間を「余分な時間」と考えず「リフレッシュする大切な時間」と考えることが必要なのではないでしょうか。
 雑談のときに、どのような言葉がけをするかというと、例えば
「私のクラスに、授業中に騒がしい子どもがいるのですが、先生は騒がしい子を担任したことがありますか。もし、あればどのような方法をとりましたか?」
と、聞くとよい。
 教師は誰でも教えたがりです。その部分に触れるように話すと、気軽に相談に乗ってくれます。
 また、趣味の話なども、雑談の中に入れましょう。お互いのもち味や興味のあることを日頃から知っておくことが、気軽に雑談に入るためには必要です。
 年配の教師は、情報機器が苦手な人が多く、若い教師にかなわないと思っているものなのです。
 だから、ちょっと気後れしていてしまい、声をかけづらいところがあるのです。若い教師も、自分から声をかけていくことです。
 雑談には、リラックスしたりストレスを軽減する効果があるのですから、とにかく思ったことをしゃべりましょう。
 ただし、相手に対して「NGワード」がありますから、それだけは気をつけましょう。
 こうした雑談スペースを上手に使いながら「悩みを聴き合える素敵な職場」を創り出すことが、教師の同僚性を取り戻し、お互いが支え合う職場を創ることにもなるのです。
 若い教師は「悩みを聴いてもらえる時間がない」とよく口にします。
 若い教師は、ささいなことで悩むし、落ち込むことが多い。
 教師は多忙であるが、次のように同僚教師や管理職から認められることが多忙感を軽減する大きな力にもなっています。
「協力してくれる人がいる」
「やったことを認めてくれる人がいる」
「管理職や同僚から認められたり、労をねぎらってもらうと負担感が減る」
「管理職に信頼されて任されていると感じるとき」
 誰もが「人から認められたい」という思いをもっています。
 人間同士としての温もりこそが大切になっているのです。
 悩みを共有し、お互いが支え合いながら課題を解決していける人間関係づくりが求められています。
(増田修治:1958年埼玉県生まれ、埼玉県公立小学校教師(28年間)、白梅学園大学教授。「ユーモア詩」を通じた学級づくりを進めた。2002年にNHKにんげんドキュメント「詩が踊る教室」放映。小学校教師を対象にした研修に力を注ぐ)  

| | コメント (0)

授業で教師力をアップするための習慣とは、どのようなものでしょうか

 楽しそうに授業をすることは、とても大切です。
 教師が楽しそうに授業をしていると、子どもたちも楽しくなります。教師の雰囲気は伝染します。
 教師に笑顔がない授業は、子どもにも笑顔がありません。教師に熱がない授業で、子どもが熱を帯びることはありません。
 様々なことに「気づく」教師のほうが、授業が上手になります。例えば
「今、〇〇さんが何か言おうとしたな」「ん? 今の言葉は聞き捨てならないぞ」「彼は、さっきから鉛筆が進んでいないな」
 子どものサインに気づけるように、教師の意識を高めましょう。子どもに気づけるようになるためには授業記録を書くとよい。例えば
「〇〇さんは今日どうして発表しなかったのかなあ」
と、子どもの名前と行為がすいすい出てくるようになれば、かなり「気づいて」います。
 最初は、目立ったことは覚えているのですが、全員の様子は思い浮かびません。「え~っと、何だったけ?」の繰り返しです。
 毎日のように記録を書くことで「気づける目」が養われていきます。子どもたちの小さな動きが見える「特別なアンテナ」を手に入れることができるのです。 
 授業をつくる基準は「あの子」です。
 授業は「クラスの中のあの子ども」を見つめたものでなければなりません。
 授業は「あの子を追って」、「導入・展開・まとめ」と、つくっていくのです。
 ですから
「ここは、ついていけないだろうなあ」「ここをこう変えれば、あの子もできるぞ」
 と想像しながら本を読み、研修を受ける習慣を身に付けましょう。
 授業のネタは日頃から考えておきます。好奇心を持ち、面白いと思ったことを調べるようにすることをおススメします。
 ネタはメモするとよい。私は携帯電話、メモ帳、授業ノートにメモします。
 いきなり思いついたときは携帯電話の未送信メールに入力し、月末にパソコンに送信し、月ごとにためていきます。
 メモ帳はポケットやカバンに入れてあります。
 授業ノートは授業のアイデアや授業展開などを考えます。ここに書き込みます。
 いつも授業や子どものことを考えている教師は教育現場で起きる様々なことに対応しやすくなるのです。
 仕事を趣味のようにこなしている教師は、日常から「仕事の中の自分の好きな部分」に没頭しています。
 授業を向上させるには、授業を語り合う場を持つことは非常に有効です。
 先輩や授業論を交わせる同僚がいれば理想的です。相手が一人でもいいのです。
 資料を持ち寄り、授業で困っていることについてお互いの意見を聞き合います。
 そうすれば授業の意識も高まり、良い授業のイメージも具体的に豊かになっていきます。
 自信は人と比べて生まれるものではなく、自分ができなかったことができるようになった時に自信がついてくるものです。
(森川正樹:兵庫県生まれ、兵庫県私立小学校教師。研究教科は国語科。教師塾「あまから」代表、教師の笑顔向上委員会代表、基幹学力研究会幹事、読書会「月の道」主宰)

| | コメント (0)

生徒指導の絶えない、落ち着きのない学級を立ち直らせるには、どうすればよいか

 教師が学級経営で苦しいと感じてしまう大きな理由は「学級が自分の思うようにコントロールできない」と感じているからです。だったら
「教師の思うようには、子どもたちも学級もコントロールできないものである」
と割り切ってしまえば、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。
 教師になりたての頃の私は、教師の決めたルールを守っていない子どもたちには厳しくビシッと叱らなければならないと考えていました。
 でも、叱れば叱るほど、子どもたちとの関係が悪化してしまい、学級の状態も悪くなり、結局、その年、学級が立ち直ることはありませんでした。
 私自身にまだまだ厳しさが足りなかったからだと、私は考えていました。
 しかし、その考えが180度かわることになります。
 それは、生徒指導の絶えない、落ち着いて授業を受けるのが著しく困難な学級を担任したことがきっかけでした。
 そんな状態の学級なので、教師の決めたルールなんて守るわけもなく、厳しい指導をすると逆ギレされてしまう始末でした。そこで私は思い切って、
「注意するが深追いしない」
「ビシッとはさせ過ぎず、最低限のルールだけを守らせ、学級を崩れないようにする」
 この2点を意識して、学級経営を見直しすることにしました。
 これが功を奏して、その学級は多少ルーズな状態でしたが、ルールを著しく逸脱する子どももいなくなり、1年間で随分学級は落ち着きました。
 多少ガチャガチャしてても大丈夫なんだと、教師が子どもの問題行動を受け流す余裕を持てば、子どもも学級も大崩れしてしまうことは防げるのでは、と私は考えています。
 教師の思い込みが「気になる子ども」をつくってしまい、教師にとってストレスになってしまうのです。
 子どもが問題を起こしても、本当は何に悩んでいるのかを考えるきっかけにすれば、目くじらを立てて指導しなくても大丈夫なんだ、といったことに気づけるのではないでしょうか。
 子どもたちが教師を好きになってくれれば、学級崩壊する危険は減ります。
 そのためには、子どもたちと遊びながらたくさんコミュニケーションをとり続けることが大切なのです。
 子どもたちの輪の中に入っていくことが苦手な教師は、自分の得意なことを活かして、子どもたちの輪のなかに思い切って入ってみる。
 例えば、絵が得意な教師は絵を利用して、子どもたちとの会話を広げるとよい。
 荒れた学級を何度か担任をしましたが、共通することは「教室が汚い」ということです。
 汚い教室だと、少しぐらいゴミを捨ててもいいかな、と子どもたちの気持ちもゆるみを生んでしまい、日常生活がルーズになってしまい、それが荒れにつながってしまうのです。
 それを断ち切るために、教師が毎日教室のそうじをして、教室をきれいにして、子どもたちの小さなゆるみを取り除いていくことが大切なのです。
 まずは、小さなゆるみから正していくことがとても有効なのです。
(小野領一:1984年奈良県生まれ、奈良県公立小学校教師。「かれ笑いす」代表)

| | コメント (0)

教師は若いときは力量が無いから子どもが動かず反発をされる、しかし教師が勉強し力が上がれば、子どもは喜ぶし保護者は信頼を寄せてくれる

 教員に採用されて赴任先の小学校に行ってみたら、これまで自分が住んでいたところとの違いに驚きました。しかし、実際に住んでみたら、本当によいところだらけの場所でした。
 まず、小さい学校で単学級でしたから、若輩者なのに責任ある仕事を任してもらえます。おかげで学校の仕事のほとんどを覚えられました。
 また、地域や保護者が「先生」ということで、敬ってくれるような土地柄だったことも良かったです。
 そこの地域の教育研究サークルに参加し学びました。
 教員1年目は、センスで生きていました。自分では、授業も学級経営もなんとなくうまくいっていると思っていたんですね。
 けれども先輩の先生から見たら、かなり危なっかしかったのでしょう。
 あるとき先輩の先生から、向山洋一先生の「授業の腕を上げる法則」を貸してもらいました。「これ、読んでみるといいよ」といって。
 読んでみると「ああっ!」という衝撃が走りました。それまでは、読むものと言えば「週刊プロレス」くらいだった私ですが、以後は、向山先生、有田和正先生の本を読むようになりました。
 読み出すと、それらの本が非常に面白いのです。そこである日、アパート隣にいた友人の教師に勧めてみました。いつもいっしょにいましたから。それと、本に感動すると人に勧めたくなりますからね。
 兵庫県は、3年後に異動希望が出せます。出したら幸運にも芦屋市の小学校に帰ってくることができました。
 初任者のときの田舎の小学校とは親の雰囲気が違うということはあったものの、大きな違いはあまり感じません。それよりも、学んだことがどんどん使えるうれしさがありました。
 同じ学校の先生たちと新たに教育研究サークルを作りました。さらに、サークル以外からも学ぶようになりました。
 そうした充実した教師生活を送っているとき、阪神淡路大震災が起こりました。1995年のことです。学校現場は大変なことになりました。
 もちろんサークル活動どころではありません。勉強会が再開できたのは、震災後2~3年後くらいのことだったと思います。
 私は幸いにして、教師を辞めたいと思ったことはありません。しかし壁を感じたことはあります。
 それは40歳前後の頃。私は、全国各地から参観者が来られる朝日ヶ丘小に勤務していました。公開授業には、1000人以上の先生が集まるような学校です。
 このときの私は、子どもたちをぐいぐい引っ張っていくタイプの授業に憧れて、実際かなりできるようになってきていました。
 担任した6年生が中学校に入学してから、小学校に遊びに来て「先生、中学校つまらん。先生の授業がいい」などと言って来ます。
 それを聞いて、私は、正直誇らしい気持ちになっていました。
 けれどもあるとき、隣のごく一般的な先生が受け持った子どもたちの方が、中学に入ってから伸びていることに気づきました。
 これを見て私は、「小学校6年が人生のピーク」みたいな子を育てていたのではないか、という疑問が湧いてきたのです。
 決して子どもたちに無理強いをしていたつもりはありません。しかし、私が受け持ったことの反動を起こさせているのは間違いないようでした。
 これではいかんのやな、と思いはしたものの、どうすればいいかというのは、簡単には思いつきません。
 そこで、それまで以上に授業の楽しさを考えるようになりました。同時に、子どもたち同士をつなげるようなクラス作りを志向するようにもなりました。
 教職ネットマガジンを購読しているような先生は、きっと熱心に勉強される方でしょう。
 けれども、そうした「勉強」をしていると、同じ学校の先生が頼りなく見えることがあるはずです。
 しかしそれは間違いです。あなたが気づいていないだけで、すごい実践をしている人は学校に必ずいます。
 何しろ同じ学校の先生なら、見ている子どもは同じだし、地域も同じです。
 だから同僚教師の意見は、非常に参考になるはず。自分の実践を見てもらえるメリットもあります。つまり、自分の学校ほど優れた勉強の環境はないのです。
 そしてお勧めの勉強法は、まず自分の授業のイメージを作ること。
 例えば「指名無し討論の授業がしたい」と思ったら、その授業を実際に見てイメージするのです。
 例えば、縄跳びの指導でも、上手に跳んでいる子どもの様子を実際に、あるいは映像を見せたらできるようになるでしょう。
 それと同じです。私と同じ学年を組んだ若い先生も、私のクラスを実際に見て、指名無し討論の授業をやっていました。
 公開授業の見学も同じです。同じ学校の若い先生と、立命館小学校岩下修先生の授業を見学しにいったとき、私が横で若い先生に、すべて解説してあげたことがあります。
 これは非常に効果的でした。その先生の音読指導が大きく変わり、自分の学校で公開授業をしたとき、音読は参加者から絶賛されていました。
 同じ学校の先生とすぐれた授業を実際に見ることと、それを解説してもらうことが大事。同じ土俵で語れるのですから。繰り返しますが、最良の勉強法は、同じ学校の先生と学ぶことです。
 先生という仕事は力を付ければ付けるほど楽しくなる仕事です。私自身、年々楽しくなっていますから。
 若いときは力量が無いから子どもが動かないし、反発を食らったりします。
 しかし力が上がれば、子どもはみんな喜ぶし、保護者は信頼を寄せてくれるようになります。
 さらに、学校で最もしんどいクラスを受け持てば、学校内でも無敵の状態になることでしょう。
 自由裁量の幅が広がり、自分のやりたことができる状況になるはずです。
 勉強を頑張りましょう。いま悩んでいたとしても、勉強を頑張ったらきっと楽しくなります。
 あと少し頑張れるかどうかは、あなたにしか分かりません。ただ、確実に言えることは、頑張れば必ず報われるということです。
(俵原正仁:1963年生まれ、兵庫県公立小学校校長)

 

 

| | コメント (0)

学校にとってイチャモンと感じられる苦情であっても、親としての「思い」や「願い」が背後に透けて見えることも多くある

 幼稚園の園長をしておられる方から「私の園では、こんなことがありましてね」と具体的な事例を次のように話し始められました。
 その幼稚園では広い芝生で有名な公園に遠足を予定していたそうですが、予定日の二日前から雨が降り続いていたため、当日は晴れることがわかっていましたが、遠足を順延する決定をしました。
 ところが、遠足予定日の夕方、ある保護者から
「なぜ、遠足を中止にしたんですか? 子どもがせっかく楽しみにしていたのに」
と、中止決定を非難する電話が幼稚園にかかってきたそうです。
 保護者の方は相当な剣幕だったそうです。
 園長さんは
「二日も前から雨が降っていたために、芝生も水分を含んでいて、とても弁当を広げて食べたり、遊びまわることもできないでしょう」
「大きなビニールシートを持ち込んでも無理なんです。ご理解ください」
と、懇切丁寧に説明を繰り返しました。
 しかし、保護者は納得せず、園側の姿勢を批判し続け、結局は「なんちゅう園長だ」「困った親だ」という電話の切り方になったとのことでした。
 私は話を聞きながら、
「どうして遠足予定日の夕方に園に電話をしてきたのでしょうか?」
「ひょっとしたら、子どもが母親のそばですねて泣いていたのかもしれませんよね」
「夕方の食事準備の忙しさの中で、子どもが遠足中止でダダをこねている。それをなだめすかすことができない母親」
「『そうだ、私がこんなにわが子をなだめたりしても、ちっとも効果がないのは幼稚園が遠足を中止にしたからだ』と思って、その感情をぶつけるかたちで電話をしてきたとしたら、どうでしょうか」
と水を向けました。すると園長は、
「そうですね。そう考えると、親の反応がちがってきたかもしれません」
 こういった場合には、一通り相手の話を聞いたうえで、子どもの状態を聞くこと。
 そして、幼稚園教師の経験をもとに、具体的なかたちで母親に、子どものなだめすかし方についてアドバイスをすることが肝要だろうと伝えました。
 場合によっては、電話口に子どもを出してもらって、直接に話しかける方法もあるかもしれません。
 そうすると、イチャモンで始まった会話が、問題が解決したようなかたちで電話を切ることができるように思います。
 私が、多くの事例を集めて冷静に見直してみると、イチャモンのような形態をとりながらも、じつは別のところに親の願い(真意)が隠れていることがある。
 むしろ、そのツボをおさえて対応すると、かなり異なった反応となっていくことが多いように思えます。
 問題は、そういった冷静さを持ちえるだけの「ゆとり」と「体力」、そして粘り強い「気力」が学校側にあるかどうかです。
 一人で判断せずに、近くにいる関係者たちで「距離を置いて見る」ことが必要でしょう。
 一見すれば、学校側にとってイチャモンに近い内容と感じられる苦情であっても、じつは親としての「思い」や「願い」が背後に透けて見えることも多くあります。
 学校側が当然と思っていることでも、保護者からすれば、わからないことはたくさんあります。
(小野田正利:1955年生まれ、大阪大学教授。専門は教育制度学、学校経営学。「学校現場に元気と活力を!」をスローガンとして、現場に密着した研究活動を展開。学校現場で深刻な問題を取り上げ、多くの共感を呼んでいる)

| | コメント (0)

教師は何か抜きん出る能力がないと、子どもたちや他の教師にあなどられる、得意分野を持ったほうが絶対よい

 教師は専門職ですから、小学校の教師といえども、得意または自信のある教科や領域を持ったほうが絶対いいです。
 エキスパートとして何か抜きん出ている能力がないと、教師や子どもたちにあなどられます。
 「算数はこの先生に聞けばいい」「学級経営はこの先生がすばらしい」「あの先生は子どもの掌握の仕方がうまい」等、同僚から一目おかれる教師になることが必要です。
 そのためには、自分自身の力量を高めるために、公開研究会に参加したり、本やインターネットなどで情報を探したりして、教えてくれるよき師を見つけることが大切です。
 よき師が見つかったら、納得するまで教えていただくことが肝心です。
 小学校では全教科を教えますが、一つの教科が得意になると、ほかの教科もコツがつかめて、向上していきます。
「好きこそ物の上手なれ」と言われているように、自分の好きなもの、興味のあるものから研究していくことが、得意教科や領域になる早道です。
 学ぼうとさえすれば、二・三カ月たつと、どの先生から何を教えてもらえるかが、わかってきます。
 みんなその道のプロで、自分のスキルに自信があるから、丁寧にやさしく教えてくれます。生き方まですてきな教師がたくさんいます。学んでいきましょう。
 ただし、みんな忙しいので細切れの時間に教わることになります。
 そして、あなたも得意分野を見つけて、学び続け、自信がつけば人間性も磨かれていきます。
 私は小学校高学年を担任したとき、男の教師から、体育の指導を学びました。
 その教師が体育を教えると、子どもたちの技能が目に見えて向上していくのです。
 その教師が体育の授業をしているとき、校庭からちらちら覗いてみていたこともあります。また、授業を参観させてもらったこともあります。
 どのように教えたらよいか、わからないときは、5分でも時間があれば聞きました。それがどんなに役立ったかわかりません。
 私より年配の男性教師は、実にさまざまな遊び方を知っていて、子どもたちを楽しませていました。
 お互いに忙しかったので、詳しく聞く機会はすくなかったのですが、有益な情報をいくつももらいました。
 そして何よりもよかったのは、その教師の人間味あふれる言動にふれたことでした。どの教師からも慕われ尊敬されていました。
 図工専科の画家である女性教師とは懇意にしてもらいました。絵の指導がすばらしいの一言につきました。
 その教師が描かせる絵は、色が明るくきれいで、伸び伸びし、構図も大きく大胆でちまちましていないのです。描いた絵の存在感に圧倒される思いがしました。
 どのように絵を描かせたらよいか、わからないので聞きにいくと、さらさらと鉛筆でポイントをわかりやすく描いて示してくれました。
 すぐわからなくなるので、そのつど聞きにいくのですが、色の使い方や子どもにどう教えたらよいかを短時間に教えてくれるのです。
(卯月啓子:1949年東京都生まれ、元公立小学校教師。NHK教育テレビ「わくわく授業 卯月啓子さんの国語」(2002年)で好評を得る。「卯月啓子の楽しい国語の会」代表。現職教員のための国語教育研究会の常任講師を務め、後進の指導にあたっている)

| | コメント (0)

教師になって最もつらかったことは何ですか

1 教師A
 私は初任者のときの担任が最もつらかったですね。
 小学校なので、ずっと担任が授業をするので、子どもとの関係がうまくつくれなくて、すごく落ち着きのないクラスになってしまったことです。
 一生懸命に授業をしても、あまり聞いてくれなかったり、トラブルがいっぱい起きたりした。担任に対する不満もどんどん増えて、悪循環になりました。
 専科の教師の授業では、子どもたちはよい顔をするのですが、私の授業は全然聞いてくれない。そのギャップがすごくつらかった。
 私だけでは、どうにもクラスを変えられなくて、他の教師がフォローに入ってくださってなんとか乗り越えたのですが、結局、良い方向にはならなかった。
 子どもたちは反抗的で学校に行くのが本当につらかったです。
 子どもたちにも、良い思いは残らず、すごく申しわけないことをした感じですね。
 原因は、指導が後手後手に回ったことです。
 例えば、トラブルの解決するとき、指示が明快でないので、子どもたちにストレスが溜まっていった。
 今となってみれば、もっといろいろなやり方があったなと思えます。
 自分にはつらい経験で、すごくつらかったが、得たものも大きい。
 やはり、自分が強い心を持たないとダメだな、負けちゃダメだなと思った。ちょっと迷いがあるとダメだなって本当に思いましたね。
2 教師B
 私が一番つらかったのは、教師になって2年目です。職員室で教師間の関係がものすごく悪かったことです。
 一人の教師が、初任者で立場の弱い私に強いことを言うのです。
 同じ部活動の顧問だったんですが、何か問題があると全部、私のせいにする。
 生徒指導で何かうまくいかないことがあると、私のせいだと言われる。
 その教師に盾ついて自分がターゲットにされると困るから、まわりの教師は、見て見ぬふりをして、私はかなりつらかったです。
 子どもたちのことで、どんなに大変でも、教師同士が助け合える環境だと、まだやっていけると思う。
 教師同士で足の引っ張り合いになると、子どもの前に自信を持って立てなくなる。
 子どもの前で怒鳴られると「あの先生怒られているよ、先生なのに」と、子どもたちから見られ、私から子どもたちは離れていく。
「あの教師に文句を言われないように」と生徒指導もできなくなったりするから、そこはつらかった。
 いい意味で教師って真面目な人が多いから「この先生との関係をなんとかしなきゃ」となってしまうけど、自分がちゃんとできているところに目を向けることは必要だね。
 同じ経験があったとき、次はうまくやれますよね。
 若いうちは、いっぱい教えてもらって助けてもらうことで回っているんだな、ってすごく思いますね。
(先生始めました編集委員会)

 

| | コメント (0)

学ぶことが嫌いな子どもが多い、勉強の喜びを得るにはどうすればよいか

 世の中で最も「学ぶ」ことが嫌いなのは、中学生や高校生ではないでしょうか。「学ぶ」ことにネガディブなイメージを持っています。
 それは「学ぶ」ということが、テストや受験のために直結していて、やらされているとしか感じないためです。
 学ぶことそのものがつまらない、おもしろくないと感じてしまっています。
 ところが、自分が社会の一員として仕事をするようになってから、私は受験勉強にも意味があるということに強く気づきました。
 受験勉強を通じて行ったトレーニングが、仕事をする能力の基礎になっている。いまこうして活動する私自身を形作っているのです。
 勉強すること、勉強そのものが、人の能力を磨く、ひいては社会で活躍できる人材を作るということです。
 また、知的なことに上手に触れると、すごくわくわくしてくる。
 この知的興奮というものは、何事にも置き換えることができない充実感と幸福感をもたらしてくれます。
「学ぶ」ということに背を向けずに、真っすぐな気持ちで取り組むことができれば、誰もがその充実感と幸福を手に入れられるのです。
「勉強の喜び」とは、知的興奮との出会いです。知的な興奮って、かなりいいものなんですよ。
 興奮と聞いて想像するのは性的なことや、アクション映画を見たり、音楽で気分が盛り上がる感じでしょう。
 でも、知的な興奮を巻き起こされたときの感触というものは、人生でも華ですね。ソワソワするほどです。
 しかし「まったく知的興奮の経験がない」という人が多い。
 知的興奮を経験すると、いままで知らない快楽を知ったなあと感じます。
 勉強という行為でも、ドーパミンを出すことは可能なんですね。性的興奮と同じメカニズムで起きるのです。
 だから、極端なことを言えば異性にモテなかったとしても、勉強でドーパミンを出せば、似たような興奮や快楽が得られて、人生寂しくなくなるという大きなメリットもあるわけです。
「学ぶ」ということで得られる興奮や喜び。それは「感動」です。
 知らないことを知ったとき、疑問に思ったことが解決したときの「そうだったのか!」という感じのことです。例えば次のような話があります。
 古代ギリシャのアルキメデスは王様から「王冠が純金製か調べよ」と命ぜられました。王冠をつくるとき、金を減らし、銀を混ぜたという噂があったからです。
 解き明かそうと、悩みに悩んでいたアルキメデスは、気分転換に公衆浴場に出かけます。
 浴場の湯船に入ったところ、満たされたお湯がザーッと流れ出ました。
 その瞬間、アルキメデスは「わかった!」と叫んで裸のまま、飛んで家に帰り、王冠が純金でないことを突き止めました。
 発見した方法は、満水の容器に王冠と同じ重さの金を沈めて、あふれた水の体積を測る。同様に銀でも測る。
 すると、金のほうがあふれる水が少ないことがわかった。金の方が重く比重は19.3、銀は10.5でした。
 最後に王冠を水に沈めると、金よりあふれた水が多かった。そこで、銀が混ぜられていたことがわかったのです。
 アルキメデスは、発見したとき、興奮と感動で裸で走り出したのでしょう。
 歴史に名を残す人は、みんな裸で走り回りたくなるほどの発見に、興奮し感動を味わっています。
 誰も知らなかったことを知る。これは知的な興奮の結晶です。
 実は、その結晶が集まっているのが教科書なのです。歴史学者の知的興奮があつまって歴史の教科書になる。化学者の発見が化学の教科書に満ちている。
 人類の偉人や天才たちが発見したその驚きがつまっているのが教科書なのです。
 でも、そういうふうに教えてもらっていないから、感動すべきことなのかどうかがわからない。
 知的感動にはポイントがあり、それを教えてくれる導き手が必要なのです。
 教科書の中に冷凍保存されているものをちゃんと解凍して味わえば、学者が発見したときの興奮を、私たちも再体験することができる。
 そういう知的興奮をどれだけ自分に巻き起こせるかが、勉強する上でのカギです。
 いかに学んで感動するか。学ぶ感動を日々得ることができたら、学校での勉強はもちろんのこと、人生そのものがものすごく楽しくなります。
(齋藤 孝:1960年静岡県生まれ、明治大学教授。「身体感覚を取り戻す」で新潮学芸賞を受賞。専門は教育学、身体論)

| | コメント (0)

注意されると、すねて口をきかなくなる子どもがいます、どう指導すればよいのでしょうか

 教師が些細なことで注意すると、ぷいとすねて、不機嫌になる子どもがいます。
 一度すねると、なかなか立ち直らず、長い間、教師と口をきかなくなります。特に小学校高学年の女子に多く見られます。どう指導すればよいのでしょうか。
 教師が注意して、子どもにすねられても、その態度を追及してはいけません。
 その子のそばを離れたり、別の子と会話したりして、気づかないふりをしてあげるのが良い対処法です。その指導のポイントは、
(1)あっさりと、ひと言で指摘する
 このような子どもは、叱られることを恥だと思っています。
 ですから、周りから見て、明らかに「あの子、叱られている」と思われてしまうような叱り方をしてはいけません。
 あっさりと、ひと言「直しなさい」と伝えて、その場を離れるくらいで十分です。
 反省して直すことができるのが、女の子の良いところです。
 しつこく責め続けると、逆に意固地になり、指導を受け入れなくなってしまいます。
(2)女の子は、目に止まりにくいからこそ注意を払う必要がある
 女の子は、どちらかというと、幼い頃から叱られる経験が少なく、聞き分けがあります。
 目につく行動はあまりしませんが、友だちに嫌なことをしたり、こっそりきまりを破ったりするのは男の子と同じです。
 女の子の表面上のふるまいに安心して指導を怠ると、どんどん自分勝手でわがままに育ってしまうおそれがあります。
 だからこそ、男の子以上に注意を払い、その時その時に的確に指導しなくてはなりません。
(3)叱られることが、ありがたいことと分からせる
 家庭で叱られないで育っている子どもが多くいます。日頃から、
「なぜ叱られるのか?」
「叱らなければ、どうなるのか?」 
と、いったことを子どもたちに考えさせることが必要です。
 大人が子どもを叱るのは、その子が好きで、良い人に成長してほしいと願うからです。
 叱る側の大人の気持ちが分かれば、叱られることを極端に避けることもなくなっていきます。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる) 

| | コメント (0)

注意されると、すねて口をきかなくなる子どもがいます、どう指導すればよいのでしょうか

 教師が些細なことで注意すると、ぷいとすねて、不機嫌になる子どもがいます。
 一度すねると、なかなか立ち直らず、長い間、教師と口をきかなくなります。特に小学校高学年の女子に多く見られます。どう指導すればよいのでしょうか。
 教師が注意して、子どもにすねられても、その態度を追及してはいけません。
 その子のそばを離れたり、別の子と会話したりして、気づかないふりをしてあげるのが良い対処法です。その指導のポイントは、
(1)あっさりと、ひと言で指摘する
 このような子どもは、叱られることを恥だと思っています。
 ですから、周りから見て、明らかに「あの子、叱られている」と思われてしまうような叱り方をしてはいけません。                                                
 あっさりと、ひと言「直しなさい」と伝えて、その場を離れるくらいで十分です。
 反省して直すことができるのが、女の子の良いところです。
 しつこく責め続けると、逆に意固地になり、指導を受け入れなくなってしまいます。
(2)女の子は、目に止まりにくいからこそ注意を払う必要がある
 女の子は、どちらかというと、幼い頃から叱られる経験が少なく、聞き分けがあります。
 目につく行動はあまりしませんが、友だちに嫌なことをしたり、こっそりきまりを破ったりするのは男の子と同じです。
 女の子の表面上のふるまいに安心して指導を怠ると、どんどん自分勝手でわがままに育ってしまうおそれがあります。
 だからこそ、男の子以上に注意を払い、その時その時に的確に指導しなくてはなりません。
(3)叱られることが、ありがたいことと分からせる
 家庭で叱られないで育っている子どもが多くいます。日頃から、
「なぜ叱られるのか?」
「叱らなければ、どうなるのか?」 
と、いったことを子どもたちに考えさせることが必要です。
 大人が子どもを叱るのは、その子が好きで、良い人に成長してほしいと願うからです。
 叱る側の大人の気持ちが分かれば、叱られることを極端に避けることもなくなっていきます。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる) 

| | コメント (0)

子どもの意欲や行動を引き出すためには、どのように説明すればよいか

 ある事柄について、聞き手である子どもたちに、教師がわかりやすく話すことを説明と言います。
 わかりやすく説明するためには、
(1)結論を先に
(2)全体から細部へ
(3)具体的に
(4)キーワードを使う
 ことが重要です。
 教室での説明は、子どもたちが知らないことを知ったり、経験する場面で行われます。
 子どもたちが知らないことであるため、目的やなぜ必要なのか理解できず、それに取り組む意欲も湧いてきません。
 教師が教室における説明の意義と目的を十分に理解した上で、説明することが重要です。
 何かを知ろうとすると、そのための情報が与えられていることが重要です。
 そのため、教室における説明では、わかりやすく伝える以外に、次のような要素がより重要だと考えます。
(1)目的:何のために
(2)必然性:なぜ
(3)規準:どれくらい
(4)意欲喚起:子どもたちがやりたくなるように
 教室でこれらをきっちりと伝える説明をすることによって、子どもたちは学習の見通しと納得、安心感、「よし、やってみよう」という意欲を持つことができます。
 教室で説明するとき、指針を与え、意欲を喚起させ、行動を引き出すことがとても重要だと私は考えます。
「説明がうまくいく」→「子どもが行動を変える」→「子どもにとっても、教師にとっても説明の効果が見える」→「説明の素晴らしさを見直す」というサイクルの実現をめざします。
 そのための行動を引き出す説明のルールは
(1) 自己選択から自発性を引き出す
 指示されて行動する子どもが、指示されなくても、「よし、やってみよう」と行動する子へと子どもが変容するためには、自発性が育たなければなりません。
 そのためには、例えば「AかBか」自ら選択して行うことや、選択して行ったことが順調に進むという経験を積み上げることです。
(2) 実感から納得を引き出す
 子どもが、自ら行動を起こす動機として重要なのは納得です。
 人間は理由や理屈がわかっている方が行動しやすいものです。
(3) 安心感から意欲を引き出す
 人間が意欲的になるには、安心が必要です。
 子どもの意欲を引き出し、望ましい行動を引き出すためには、安心を与える教師からの説明、教室全体の温かい雰囲気にする教師の説明が必要です。
 教師からの、後押し、推奨、失敗の容認、行動への承認が約束されていれば、子どもは意気揚々と行動を起こすに違いありません。 
(4)興味関心から積極性を引き出す
「先生の話を聞いていたら意欲が湧いてきた」という言葉が引き出せたら、説明の効果大と言えるでしょう。
 話を聞ける子どもを育てるためには、やはり興味関心の持てる話から始めていくほかないでしょう。
 すぐれた教師は、楽しい話や話し方によって、子どものよい話の聞き方を引き出しながら、最終的に、いろいろな話が聞けるように育てていくものです。
(山田洋一:1969年北海道札幌生まれ、私立幼稚園に勤務後、北海道公立小学校教師。「北の教育文化フェスティバル」代表、「お笑い教師同盟」副代表、「実感道徳研究会」副代表)

| | コメント (0)

子どもが学校のきまりを守らないことを保護者が容認しているとき、どうすればよいのでしょうか

 アクセサリーを身につけて登校したり、髪の毛を染めたりと、学校のきまりを守らない子どもがいます。
 それを保護者が注意するどころか、容認し、学校が間違っていると批判する保護者がいます。どうすればよいのでしょうか。
 学校のきまりを守らないことを容認している保護者には
「強制はしませんが、お子さんへの指導は続けさせてもらいます」
「きまりを守るのも、大切な勉強ですから」
 と申し伝え、本人への指導は続けることを宣言しておきます。
 ほとんどの保護者は「規律ある学校で、わが子を学ばせたい」という思いを持っています。
 そういう多くの保護者の気持ちを大切にすることを忘れてはいけません。
 学校の方針を理解してもらえなかったとしても、学校の主張は曲げることなく伝え続けることが重要です。
 しかし、教師が何を言っても、持論を譲らない保護者がいます。
 このような保護者に、無理に学校の方針に従ってもらうことは難しいと言わざるをえません。
 だからといって、その保護者の子どもだけに特例を認めることは絶対にしてはなりません。
 怖いのは、一人の例外を許すと、それが伝染して、風紀がどんどん乱れていくことです。
 そうならないように、多くの保護者に、規律を守るための協力を得る取り組みを継続して行いましょう。
 保護者が容認しているからといって、教師が子どもの指導をやめてはいけません。
 他の子どもたちが見ている前で、「直そうね」という穏やかな一言を時折でも、かけるようにします。
 その子が直すか否かではなく、周りの子どもたちへの感化を防ぐためです。
 何も指導しなければ「あの子だけ、なぜ許さているの?」と、子どもや保護者から不満が出ます。
 必ず、機会あるごとに、その子を指導する場面を見せて、規律を乱す行為は許されないことを伝える必要があります。
 強制はしないが、学校の方針を貫くことで、学校の規律を守らせることが大切です。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方研究会」を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0)

教師として手を抜かないのは、子どもたちへの思いの強さがあるから

 私立高校の教師をしている岩崎元気先生は、とてもハキハキとした真面目で実直な人です。
 塾講師にあこがれていた岩崎先生は、大学2年生のときに学習塾のアルバイトを紹介されました。その塾でアシスタントとして働くようになりました。
 岩崎先生は、その塾でたくさん学び、経験をしました。
 最初の1か月は授業のための研修を受けました。
 午後から模擬授業を行い、それをプロの講師に見てもらうのです。できることを徹底してやろうとしました。徹底してやっていくことで人として磨かれていきます。
 この学習塾で、岩崎先生は「子どもたちが勉強しやすいベストな環境を作る」という想いが込められていました。例えば、
 休み時間に黒板を綺麗にし、チョークの粉がついてない状態を作り続けました。トイレ掃除も行いました。
 プリント作成時にコピーした時に出る不要な線を消すなど細かい気配りまで徹底しました。スピートを上げて作業する研究もしたといいます。
 岩崎先生は、授業を行う際の「声」の大きさ、「文字」の丁寧さ、「話す」時の子どもへの目線など、基本的なことを徹底的に教えられました。
 さらに、周到な「授業準備」も教え込まれた。
 教師のノートは見ないで、例題も含めて、すべてを頭に叩き込んでから授業に臨みました。
 このことを徹底することで、子どもたちとの対話が増え、子どもたちの表情を見ながら授業がおこなえるようになりました。
 授業準備のためのノートには、教科書や問題集の内容、いくつもの例題、図表やその単元に関係する資料、余談などを、何パターンもびっしり書き込みます。
 それを頭に叩き込んで、自分の言葉で授業を行う。
 研修中、これを毎回、完璧にこなさなくてはならなかったそうです。
 この準備には、大変な時間がかかったことが想像できます。
 子どもたちのために、完璧におこなう気持ちで取り組んでいたのです。
 どんなことでも、ある期間は夢中になって取り組むと、それが大きな力になっていきます。私は多くの教師をみてきたのでわかります。
 集中して取り組んだその経験が将来、大きな力となっていくのです。
 岩崎先生は、その後、高校の教師になりました。そして、今でも、塾同様に、授業準備を続けているそうです。
 また、子どもたちの人間性を磨くために、新聞のコラムや世の中の出来事、本や講演会で学んだことなどを、メルマガやブログ、学級通信に書き、子どもたちや保護者へメッセージとして送り続けています。
 教師として大切なことは、子どもたちの心を揺さぶり、自ら動いてもらうように指導することだと思います。
 そのためには、まず教師自身がその背中を見せる必要があります。
 高校では、卒業したらすぐに社会人となり、働く生徒がいます。
 だから、自分の力で人生を幸せにする力を卒業までに身につけてほしいのです。そして、自分の周りの人も幸せにできる人になってほしいと岩崎先生は想っています。
(岩崎元気:1988年神奈川県生まれ、神奈川県の私立高校教師。「あしがら教師塾」事務局)
(文章:中野敏治:神奈川県公立中学校校長。「やまびこ会」代表、「あしがら学び塾」主宰)

| | コメント (0)

子どもの心を育てるために大切なことは何か

 子どもが小さい頃に心を育てておくと、あとは子ども自身の心が自らを育むようになりますから、思春期の子育てを心配する必要はなくなるんですね。
 そこで、子どもの心を育てるために大切なことは、
1 子どもを好きになること
 周りの大人が子どもを好きになると、子どもは健やかに成長します。
 ただし、子どもを好きになることと、かわいがることは違います。
 子どもを本当の意味で好きになって、子どもの役に立つ親になること、これが一番です。
2 子どもの生活体験を豊かにすること
 子どもの体験が豊富であればあるほど心は育ちます。
 子どもが自主的にやろうとすることはやらせて、やったことは認めてあげる。
 子どもは子ども同士の遊びの中で体験を重ねて心を育てていきます。
 いろんな体験の中でも、特に自然体験が重要です。動物・植物と日々接することです。
 我々は、動物・植物と同じ生き物です。自然と離れては、人間は人間としてあり得ません。ですから、自然体験をいかに豊かにするかが大事です。
 自然体験を通じて、素晴らしさや命の弱さ・はかなさを感じられると思います。
3 言葉の体験・経験を豊かにすること
 子どもの言葉の力を育てるためには、子どもの話を親が一生懸命に聞くことです。
 話を聞いてもらえば、子どもは話をするようになります。
 大人が子どもの話を聞くことで、子どもは表現力が豊かになり、心も豊かに育っていくようになります。
 子どもはいろんな言葉で心の葛藤や思いを表現します。
(伊藤一彦:1943年宮崎市生まれ、歌人。斎藤茂吉短歌文学賞等、多数受賞)

| | コメント (0)

質の高い教材をつくるには、どのようにすればよいでしょうか

 私はセミナー「有田実践の継承と発展」(2015年)に参加した。
 その講座で、有田和正氏の仕事部屋の様子をDVDで見せてくださったのだ。非常に興味深かった。
 たくさんの本棚にはビッチリと本が詰められていた。それだけではない。無造作に本や資料が山積みされていた。驚くほどの本や資料の量である。仕事机の上の天井には地図まで貼ってある。
 新聞の切り抜きを毎日集めている映像もあった。
 なんの教材になるか、その時は分からない。気になった物は、あまり考えずに何でも集める。なんとなく面白いなあという「カン」が頼りだ。有田氏が嬉しそうに笑顔で語るので私も嬉しくなった。
 新聞などの切り抜きを集めたネタ帳の現物も初めて見た。一冊の厚さは10cm近く。しかも、使えるのは、その中で2つか3つだと言う。
 私も多くのネタ本を出版してきた。しかし、このDVDを見て、名人と凡人の差を嫌というほど思い知らされた。
 では、名人・有田氏と凡人・中村の差は何か? 圧倒的な情報「量」の差だ。
 私も一時期、ネタ帳を作ってネタを集めていたことがある。しかし、あれほどの「量」の本は読んでいない。新聞の切り抜きもしていない。
 あれだけ多くの情報から生み出されたネタだから、有田氏のネタは「質」が高いのだ。
「量」を求めることで「質」が上がるのだ。
 私が10から1つのネタを生み出しているとすれば、有田氏は100、いや1000から1つのネタを生み出している。10分の1のネタと1000分の1のネタでは「質」が違うのは当然だ。
 有田氏は、圧倒的な「量」を集めることで「質」の高いネタを開発していたのだ、と改めて思い知らされた。
 それにしても、昔の教育書は面白いなあ。私のような凡人が「普通の」学級づくりや授業づくりについて書く本とは明らかにレベルが違う。
 若手教師の修行も「質」を求めてもうまくいかない。
 例えば、1冊の教育書を精選して読むよりは、10冊の本を乱読した方が良い。
 若手教師は、そもそも、どの教育書が自分の役に立つかなんてわからない。10冊読めば、それらの本のどこかがヒットするだろう。
 そうやって、たくさんの「量」を読んでいけば、自分に必要な本が分かるはずだ。そうなってから「質」を求めればよい。
 とにかく「たくさん」の本を読み、「たくさん」のセミナーにでかける、「たくさん」の研究授業をする、「たくさん」の優れた授業を追試する、「たくさん」の学級通信を書く、「たくさん」の実践記録を書く。
 とにかく「たくさん」と「量」にこだわって修業をすることが大切だ。
「たくさん」していく中で、必ずポイントが見えるはずだ。そうすれば「質」も上がる。
 要領よく、なんて思わずに、要領悪く学ぶことが大切だ。無駄だったかな、なんてことが、結局後でものすごく役に立つことも多い。
(中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ講演も行っている)

| | コメント (0)

授業に必要な物をよく忘れる子どもは、どのように指導すれば忘れ物がなくなるか

 授業で使用する「コンパスを忘れました」と報告に来る子どもは、
「先生が何とか解決してくれるだろう」
と、先生に助けを求めて来ます。
 教師が、忘れ物をした子どもに、
「なぜ忘れたのか?」
「あれだけ忘れるなと言ったのに」
などと、厳しく注意しても、その後に、教師が忘れ物をした子どもに、
「先生の物を使いなさい」
「隣のクラスの子に借りなさい」
などと、教師が解決してしまっては、忘れ物をした子どもは、同じことを繰り返すことになります。
 忘れ物を繰り返す子どもは、持ち物の確認を家庭で行う習慣が身についていません。
 ですから、保護者の協力を欠かすことができません。
 家庭に連絡を入れて、次の日の準備の確認を保護者と一緒に行うように協力を求めなくてはなりません。
 また、特別な持ち物が必要になる場合には、あらかじめ家庭に連絡を入れて、準備をしておくようにお願いするようにしましょう。
 忘れ物をすると教師に「叱られるのが怖い」のではなく、
 忘れ物をした子どもに
「授業で自分自身が困るのだ」
ということを分からせなくてはなりません。
 そのために、忘れ物をした子どもには
「何か解決策を考えているのか?」
と、問うようにしましょう。
 教師は解決してくれないこと、忘れ物をした子どもが、自分で考えなくてはダメなことを教えるためです。
 忘れ物をした子どもが、忘れ物をすれば、困るのが自分だと身をもって経験することで、真剣に考え、忘れ物をなくすようになっていきます。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0)

「うまい授業」よりも、子どもに合わせる授業を心がけるとよい、授業の動画撮影で反省を

 一般に「うまい授業」は、テンポ良く、鮮やかに授業を進め、見ていても、聞いていても小気味の良がよい。板書も上手で、授業の流れが美しくまとめられています。
 しかし、それが子どもたちにとって学びやすい授業であるかと言えば、それ別。子どもにとっては、自分たちが悩むところで立ち止まって欲しいと思っています。
 子どもたちができるようになったときは、教師も一緒になって喜んでほしいのです。
 スムーズで、まるでショーのように華麗に教える授業が子どもにとって良い授業とはいえないのです。
 教師が一方的に進める授業よりも、子どもに合わせて対話しながら、子どもの論理で授業を進める授業を心がけましょう。
 例えば、小学校の算数の授業で
教師「こうして今日やる問題(3.6÷3)を書いたんだけど、知っている割り算とどこが違うかな?」
子ども「割られる数が小数だ」
教師「そうだねえ、今までは整数÷整数だったよね。どんな感じがする?」
子ども「え、やり方が違うの?」「同じやり方でできそうなのかな?」
 こうして、問題への受け止め方や解決への見通しを確認しながら進めると、子どもは安心して授業に取り組むことができます。
 教師は自分の授業を自分で見ることができないので、自分のアラには気づきにくいものです。
 もしも、自分の目で、自分の授業を見ることができれば、たくさんのことに気づけるはずです。
 学校にあるビデオカメラでもよいですし、スマートフォンを使えばすぐに録画することができます。(データの取り扱いをしっかりとします)
 撮影した授業の動画を見て、教師が反省します。そのポイントは
1 教師の動きを見る
(1)子どもたち全体に指示をしているときは、黒板中央に立っているか。
(2)表情は豊かか。
(3)必要以上に体を動かしていないか。
(4)机間巡視の経路はどうか
(5)子どもたち全体に視線を配っているか。
2 子どもたちの様子を見る
 教師と関わりの少ない子どもは、どのように学んでいるのか注意します。
 教師に気づかれずに、努力を積み重ねているのか注意します。そうした子どもたちに注目して、次の日に声をかけてあげましょう。
3 子どもたちの活動が遅かった場面を確認する
 子どもたちが、活動に取りかかりが遅かった場面がなかったかを確認しましょう。
 教師の発問、指示、説明のクセに起因している可能性があり、伝わりにくいのかもしれません。
 また、子どもたちの思考のクセが起因している場合もあります。
 こうした点に気をつけ、授業の反省をすると、自分で目からウロコを落とすことができます。
(山田洋一:1969年北海道札幌生まれ、私立幼稚園に勤務後、北海道公立小学校教師。「北の教育文化フェスティバル」代表、「お笑い教師同盟」副代表、「実感道徳研究会」副代表)

| | コメント (0)

危機は不意に起こる、危機に強い学校とは、どのような学校か

 危機は不意に起こる。パニックにならないためには、想定しておくことだろう。
 先を読み、事前の予防や回避策が重要なのである。
 危機に強い学校とは、危機を想定した対応のシステム化を常に意識していることである。
 危機が発生したとき、何をどういう視点で、どこまで行うのかを瞬時に判断できるよう事前にマニュアルを作成し、事が起こった時はシステムとして対応できる学校である。
 また、システムの更新の工夫も検討し、保護者との信頼関係を構築することも重要である。
 学校で問題が発生した場合は、パニック状態になり、有効な手だてがとれないと思っていい。そこで、次のポイントを常に意識している学校が、危機に強い学校といえる。
1 早く慎重に最初の一手を打っておく(早く、慎重に)
 危機が発生すれば、混乱状態が予想される。
 即座に最初の一手を打っておくことだ。たとえそれが最善の一手でなくても、時間が稼げることで、冷静に対応することが可能となる。この一手が職員の判断力・決断力なのである。
2 何をどこまで知らせるか範囲を即座に決める
 内容によっては、学校内だけでは留めておけないこともある。逆に、人権的配慮から、あえて公表の必要がないものもある。隠匿が後で大きな問題に発展しかねない。
 どこまで公表するかは管理職の裁量権である。ただ、昨今は公開が原則になっている。マスコミ対応もここにある。監督権者との意思疎通が欠かせない。
3 社会的な視点から問題を考える(誰が見ても、おかしいことぱおかしい)
 発生した危機を教職員以外の者が聞くとどう思うかという視点で考えて欲しい。
 マスコミ報道で学校の対応が叩かれるのは、実はこの視点なのである。そのため、教職員の声はもちろん、PTA等など他の意見を聞くことも一案であろう。
4 教職員が一体となって取り組む
 危機対応においては、教職員の共通理解と行動が重要である。
(1)事前にしておくこと
 何が問題になるのかを教職員に知らせることから始めたい。
 他で発生した危機情報を収集し、自校にあてはめて検討しておく。その結果を知らせ、危機状態にならないための工夫を施しておく。
(2)起きてしまった時の対応
 最初の一手を即座に打つ。特に連絡系統の確保が欠かせない。
 また、子どもたちに対する説明責任が伴う。保身に走らないほうが傷は少ないと考えるべきである。
(3)日常的な配慮も重要
 日常の教職員の人間関係はどうか、互いに信頼し合えるかどうかも重要な視点である。危機状況で動ける学校の基本はここにある。
5 メディア対応
 危機対応ではマスコミ対応の視点が必要である。
 学校では、子ども、保護者、地域に対する影響が懸念される。したがって、迅速な対応が基本である。早期の対応がその後を決める。
(1)マスコミ報道は排除できない
(2)事実は隠蔽できない
 先手を打っておく。例えば、教育委員会への事故報告(速報)であり、PTAへの説明である。
 事故の経緯、原因や動機、対処、今後の方針を明らかにしておきたい。
(3)学校は社会的な認識をもって対応しないといけない
 気になることは、日頃から保護者を交え、十分話し合っておきたい。保護者との信頼関係があれば、風評にもならない。
「こんな報道をするほうが問題だ」と受け入れない意識が、問題を繰り返す元凶となる。
(4)記者と誠意をもって対応する
 記者は不足する情報を周囲から補強する。その情報は大体批判的なものと考えたほうがいい。こうした情報を含む報道が世間を騒がせているのである。
 誠実な対応とは、記者にとって必要な5W1Hを提供し、出せない個人情報などはきちんと説明することである。
 記者は、まわりくどい専門的な説明を嫌う。教職員は概してそういった説明をしがちである。
(阪根健二:1954年神戸市生まれ、香川県坂出市立中学校教師、香川県教育委員会主任指導主事、坂出市立中学校教頭、香川大学助教授を経て鳴門教育大学教授。専門は学校教育学(危機管理、教職論、生徒指導)

| | コメント (0)

教師を辞めようと思ったことがありますか、どうやって乗り越えましたか?

1 教師Aの場合
 私は初任者のときに、次のようなことですごく辞めたいと思いました。
(1)保護者との関係がうまくできなかったとき。
(2)クラスでいじめ問題が発生したとき。
(3)指導教官に「学級崩壊だ」と宣告されたとき。
 乗り越えられたのは、夜、友人に電話して相談いるとき、友人が
「何か積極的にやりたい仕事が見つかったら辞めてもいいけど、教師やりたくないから辞めるのだったら反対だ」
と言われた。私は
「そうか、じゃ私はそういうものがまだ見つかっていないから、教師の仕事を続ける」
と友人に言いました。
 別の仕事を考えてみても、子どもと関わらない自分っていうのは想像できない。子どもからは離れられない。子どもを見ていると楽しくなってしまうんですよ。
2 教師Bの場合
 私は、初任者の1年目に、職場内でかなりのパワハラを受けて2年間休職をしました。
 そのときは本当に毎日「続けようか、辞めようか」と思っていました。
 パワハラによって、教師に対する不信感をすごく感じたのです。
 子どもたちは可愛かったんだけれど、教師って子どものいじめと一緒だと思って。
「教師って社会性がないし、世界が狭いし」みたいなことばかり考えてしまって。 
 でも、ある勉強会に行って「立派な教師たちがいるのを見て、こういう人もいるんだ」ということがわかったことが、辞めずにとどまってこられた理由だと思う。
 休職2年目になって、次のようなことに気づいた。
「教師の仕事って、10年後、20年後になって初めて結果が出る。未来の世界を形づくる人材をつくる仕事だ」
と考えたら、自分が教師であることの誇りを持てたような気がした。
 それと、何人かの子どもたちから「先生、今どうしてる?」というメールがときどき来るんです。そういうのがすごい支えになった。
 先生を辞めようかなって思っている人って、なんらかの形で自信がなくなってるんですよね。
 教師として認めてもらえるような環境って、とどまる上では大事なような気がします。
 私も勉強会に行ったり、いろんな人に慕ってもらえることで、教師としての自尊心みたいなところを救われたし、力をつけてもらったと思っています。
 すばらしい人を見つけて、それに近づこうとして勉強することが、教師としてスキルアップし続けていくうえでの、力になるのかなっていう気もします。
(先生始めました編集委員会)

| | コメント (0)

学級崩壊にならないような説教の仕方とは

 小学校高学年を中心に、いろいろな学校でしんどい状況が残念ですが生まれています。
 いろんな批判があるとは思いますが学級崩壊を防ぐための説教の仕方について私の考え方や方法を次に述べてみたいと思います。
1 押しつ付けてはいけない、きつい押し付けは教師不信のもと
 例えば
「勉強したら将来必ず役にたちます」
「つまらない話でもきちんと聞けるのがいい子です」
「そんなことをしていたらダメな人間になります」
ということを何度も話す教師がいます。
 小学校低学年に対する説教としは効果があるでしょうが、社会の矛盾に気づきはじめている高学年の子どもには通用しないのです。
 子どもも人間として、理想的なことであっても、きつく押し付けられると嫌になります。続けていくと学級崩壊につながっていきます。
2 価値ある話は聞いてもらえる
 本当に「ああ、先生に教えてもらったことが、役に立った」と思ってもらえるような教材を用意したり「聞いてみたら、興味深い話だった」という話をする必要があります。
 特に「これは子どもたちに伝えておきたい」という気持ちが教師にあり、その中身が「子どもたちに共感できるもの」であれば、子どもたちはその価値を分かってくれ、静かに聞いてくれます。
 騒がしくて、本当に腹が立ったときには怒鳴っても良いと思います。
 その後で聞こえてきた話が「価値ある」ものであれば、次のときからは静かに聞いてくれます。
3 I「アイ」メッセージ
 例えば、落ち着きのない6年生を叱る場合
「あんな行動をしたら高学年らしくないと思われるでしょう」
と善悪の判断を他人にまかせるような言い方で言うよりも
「もう少し落ち着いた行動をとった方がよかったと、私は思います」
と「私は」という言葉を入れて、自分の気持ちを話す方が伝わりやすい。
 他の例をあげると
「早く準備をしなさい!」と言うよりも、
「手際よく準備をしてくれると先生は助かるなあ」
と、自分の思いを正直に言ったりする。
 これはアドラー心理学で「アイ、セッセージ」と言います。
 今はこのような言い方ができなくても、気をつけて使うようにしていると、だんだんと自然に身についてきます。
4 YOU「ユー」メッセージ
 相手の立場に立ったメッセージを言ってあげたほうが、子どもたちは「私の気持ちを分かってくれている」と感じてくれて、話を聞いてくれます。
 例えば、 
「雨が降ってプールに入れないなんて嫌だ!」と駄々をこねる子どもに対して
「天候の問題なのだから仕方ないでしょう」と言うよりも、
「そんなにプールを楽しみにしていたのか。今日は残念だね」
「今日に限って雨が降るのかなあ」
「あきらめないと、しかたがないのかなあ」
「でも、予備日っていうのもあるよ」
と言う方が、子どもの気持ちにそった言い方になるでしょう。
 そんな先生のクラスの子どもたちは、元気なままでいることが多いので、がちゃがちゃしているように見えるのですが、先生と楽しく元気に学校生活を送っているに違いありません。
(東垣 淳:兵庫県公立小学校教師。兵庫仮説実験授業研究会)

 

| | コメント (0)

私たちは常に何らかのストレスを受けて生きている、具体的なストレス解消法にはどのようなものがあるか

 私たちは生活環境から常に刺激を受け、それに反応しながら生きている。
 生きている限り、私たちは常に何らかのストレスを受けていて、それから完全に逃れられることはない。
 ストレスとどう仲よくつきあっていくかを考えることが現実的な解消法につながる。
 仕事の中で生じたストレスは仕事を通じて、人間関係の中で生じたストレスは人間関係を通して解決していくのが理想である。
 ストレス解消は、心身の疲労が解消されるときに感じる、気持ちのよさ、すっきり感、心が清められるような感じ、安心感や安定感がでてくることが目標となる。
 具体的なストレス解消法は
1 一人でできるもの
 身近なものでは、酒、買い物、スポーツなどが多いと言われている。
 しかし、このようなものは一時しのぎでしかないのでそれがエスカレートしていくと依存症や嗜好になってしまう危険性がある。
 一人でできる趣味には、心を楽しくさせ、満足させ、心を元気に作用がある。
 しかし、趣味はあくまで気ばらし、気分転換と考えるべきで、趣味をすることでストレスの原因が解決されてストレスが解消されるものではない。
2 相手が必要なもの
 気の合う人とおしゃべりして話を聞いてもらう。動物を飼うことなどである。 
 フィーリングの合う、価値観が同じで、気をつかわないですむ人に自分のもやもやした思いを聞いてもらうことは、とっても心が楽になる。
 言葉を使わず自分の好きな動物と一緒にいることも心をなごませる。
3 最大のストレス解消法
 最も効果のあるストレス解消法は睡眠である。眠ることにつきる。
 ストレスの苦しみは起きているときの意識上の問題であるから意識レベルを変えることがまず第一である。
4 原因別のストレス解消法
(1)人間関係が原因の場合
 人間には生理的に好き嫌いがはっきりしているところがあるので、生理的に合わない人との人間関係は割り切るしかない。
 マナーや社会常識などを重視しつつ、それを利用してその人との距離をとる、言葉づかいなどに気をつけるしかない。
 人間は感情がからんでくると自己制御が難しくなる。だからこそ、常日ごろの人間関係が重要となる。
 自分と価値観が合って、気をつかわずに何でも話ができる人を大切にすべきである。その人とは性格傾向も似ているため、自分と同じような挫折体験をした確率が高い。
 とすれば、自分に合った適切なアドバイスを得ることができるかもしれない。
(2)過労からくるもの
 目的追求型の日常生活から生じた結果なので、まずノルマをもたない自分が主体的に使える時間をつくることが効果あるといえる。
 例えば、旅の好きな人ならば目的をつくらない旅をしてみることなどである。
(3)自分を縛っている固定の規則や習慣がストレスの原因となっている場合
 十分に時間をとって内省し、他人が決めたことに従わされていることからくる不自由な生活、疲れ果てている感覚、心の窮屈感、本当は心の底から求めている解放感に気づくことである。
 人間の本能は自由、わがままに生きることにあるのだから。
4 感性を鍛え磨く、大切にする
(1)身体の健康を大切にする
 心を守ってくれるのは身体なので、身体の健康が大切である。
 十分な睡眠と楽しく、おいしく食べることができる生活が必要条件である。
 健康な感情を持っていれば、今しんどいのか、まだ底力がのこっているのか、もう精一杯なのかなどがわかる。
 心と身体のバランスが崩れてしまうとこの感覚が機能しなくなる。
(2)自然と向き合う
 大自然に触れることによって、絶対的な考え方と、自分の考えを基準にした相対的な物の考え方の両方を体験してみる。
 自分のそれまでの想像を超えた全体的視野、自然がもたらす絶対的感触を経た上で相対的に物事を考えることで、物事の本質、限界、可能性、希望が見えてくる。
(3)本物に出会う
 世の中には決してお金で置き換えることのできないものが存在することに気づき、心が関係しているということに気づくことができるかどうかが、人間としての分岐点である。
 そのためには、一流といわれるもの、本物だといわれるものを創作した人、一流のスポーツ選手、芸術家の生き様に何を感じるかにかかっている。 
(岡田 謙:医師(精神保健医)。教師と児童の精神疾患治療で有名な関東中央病院の部長を務め、東京都医師会学校精神保健検討委員会委員。平成18年から「くじらホスピタル」の初代院長に就任)

| | コメント (0)

保護者からのクレームがあった時、あわてないための対応の基本とは

 保護者からのクレームが実際あったとき、あわてないためにはどうすればよいのでしょうか。
 望ましいクレームの基本対応の流れを次に示します。
1 クレームがあったとき、正確に聞き取り、関係者に伝える
 クレームの内容と要求を正確に聞き取り、しっかりとメモすることが重要です。
 保護者は不安や不満があるからクレームを言ってきたわけですから、感情的になったり、厳しい口調になりかちです。
 また、わが子から話を聞いてクレームになっていることが多く、事実と異なることも少なくありません。
 だからといって、教師が反論し、口論となっては、保護者に不満が残ります。反論などは一切行わないようにしましょう。
 聞き取ったことを正確に関係者に伝達しなければなりません。
2 回答してよいかチェックをする
 要求内容によっては教師が判断できないこともあります。安易な回答をしないように注意をしましょう。回答ととらえられてしまうような発言は行わないよう心がけましょう。
 回答ができない場合は、検討の期間を考えて、次の対応をいつするか約束することになります。
 クレーム対応はスピードが勝負といわれることがあります。
 しかし、スピードを意識しすぎて、不十分な調査・検討のまま対応すると、かえって満足されない回答となり、問題の解決を遅らせる場合もあります。
3 事実関係の調査
 保護者からのクレームは、わが子から聞き取った内容がもとになることがほとんどです。
 誇張された表現で伝わってくることもよくあるため、保護者のクレームには、思い込みによる主張や事実と異なると思われる主張も少なからず含まれます。
 保護者の要求の根拠となる事実が、教師の認識と異なる場合、事実関係の調査をした上で対応することが必要です。
 例えば、目撃した教師や子どもに聞き取り調査し、内容を検討することになります。
 必要な調査をせずに対応してしまうと、お互いの主張が平行線のまま感情的な対立に終始してしまい、好ましい解決になりません。
 保護者の要求が不当な要求かどうかについては、どのような事実があったのかどうかにより判断が異なります。
4 クレームの内容が正当かどうかを検討する
 調査により判明した事実関係をもとに、保護者の要求に応じるべきかどうかの検討に入ります。
 法的な責任が生じるかという法的な評価と、教育上の観点からどのような対応ができるかという評価を行うことになります。
 学校現場のクレーム対応は、その後も継続的に子どもが学校に通い、教師が指導するという関係にあるので、法的な判断による責任だけでなく、教育的な観点からの対応の検討が必要となります。
 法的な責任を負わない場合も、子どもが通いやすい環境をつくるなどの教育的配慮を検討することも必要でしょう。
5 クレームの回答
 事実関係がつかめず正しい判断ができない場合、期限を優先して安易な回答を行うのではなく、必要な手続きを示して回答の期限を延ばしてもらい、十分な検討を行った後に回答するほうがいいでしょう。
(1)クレームが正当な場合は、要求を一部または全部受け入れる
 責任の範囲と望ましい対応を決定する。
 ポイントは、学校側にミスや配慮が足りない面があったことと、保護者の要求すべて応じなければならないかどうかは別の問題であることを意識する必要があります。
 必要な範囲で謝罪し、保護者の身上面に応えつつ、学校が考える対応の根拠を説明して、協議を重ねながら、改善を含め今後の学校の対応について理解をもらえるように心がけるべきでしょう。
(2)クレーム内容が不当な場合は、要求を拒絶する。ただし教育的配慮をする 
 事実関係が認められない場合、事実関係が認められるが法的に認められず、教育的な観点からも妥当でない場合は、要求を拒絶する回答をおこなうことになります。
 調査の内容、拒絶する根拠を示して、明確な回答を心がける。
 ただし、子どもが継続して学校に通うという点からの教育的配慮も必要です。配慮は行うと説明して、適切な教育関係の継続に向けての努力は必要となるでしょう。
 保護者が納得せず要求を継続しても、安易に対応を変えるべきではないでしょう。
 調査内容の再検討が必要となった場合は、検討することも適切な対応といえます。
 この場合も「法的に必要な措置はどれか」「教育的な観点から妥当な措置は何か」を学校の視点から検討することが重要です。
 要求をのませるための暴言、暴力などに対しては毅然とした対応で臨むべきです。
 限度を超える電話や深夜に及ぶ対応の要求については「学校が回答した通りである」と、それ以上は応じない工夫も必要でしょう。
 法的な観点での見解の相違であれば、弁護士に委任して対応することが望ましいでしょう。
 SNS上での中傷などは、教育的な観点から望ましくないので、保護者会を早く設け、保護者全体に事態と対応の正確な認識を共有してもらうように努力すべきでしょう。
(丸岡慎弥:1983年神奈川県生まれ、大阪市公立小学校教師。教育サークル「REDS大阪」・銅像教育研究会代表、事前学習法研究会会長)
(大西隆司:1976年奈良県生まれ、弁護士)

| | コメント (0)

教師は熱心なだけではダメ、考え方が見当違いであれば危険ですらある

 稲森和夫氏は「人生の結果=考え方×熱意×能力」であると述べています。
 さらに、考え方、熱意、能力のうち、最も重要なのが「考え方」であると答えています。
 いくら能力があり、熱心でも考え方(方向性)が間違っていれば、危険でもすらあります。
 善意の人で、能力もある。熱意もものすごくある。しかし、考え方が方向音痴である。こういう人が教師に少なからずいる。
 別の言葉で言えば、仕事に優先順序がつかない。子どものために一生懸命やるのだが、やっていることがピントはずれである。
 例えば、挨拶の練習ばかりさせるが、授業は下手くそで話にならないとか。
 言い訳に「一生懸命やったのだから」と仲間同士の教師で慰め合うが、熱意や情熱があれば良いというのでは、プロとは言えないでしょう。
 学校の教師は忙しすぎると言われるが、これは管理責任者の校長に大きな責任があります。
 と同時に、当事者である教師自身が、仕事の優先順序をつける必要があります。
 教師にとっていちばん大事なことは、子どもと向き合う時間をとること。そして教師が勉強すること。これ以外は精選する。
 例えば、会議は週1回以上やらないと決めるとか。小さな工夫・大きな改善はいくらでもあるのではないでしょうか。
 つまり、考え方が見当違いであり、方向音痴であれば、熱心であればあるほどマイナスも大きくなる。
 教える教師が善意であり、よかれと思っても、教育される子どもにとっては、教師のひとりよがりで、迷惑でありマイナスということはいくらでもあります。
 つまり「ありがた迷惑」とか「小さな親切、大きなお世話」ということが教育の名のもとに横行するのが学校なのです。
 教師は、小中学校時代の自分の先生から受けた影響をよく思い出してもらえばいいとお思うんです。
 イヤだっと思うことは子どもたちにはしない。良かったところは自分も取り入れていく。
 日頃からよく保護者の声に耳を傾けて、コミュニケーションを取っていれば、その教師に対して親が攻撃的に出てくることはまずないと思います。
 ところが中には、親の期待や信頼を裏切るような教師が少数だけどいるわけです。だから、問題が生じるのです。   
「クレームをつけてくる親が悪い」「言うことをきかない子どもが悪い」と言う教師がいます。
 言うことを聞かないのはなぜだろう、それには理由があるはずだ。そこを解きほぐす必要がある。
 基本的な心構えとしてはそれが必要です。
 日本の教師は熱心で「子どものために」と善意であるだけに、このような熱心さと善意の方向性を定めることが必要なのです。
(戸田忠雄:1937年生まれ、長野県の私立、公立学校の教師、公立高校長、信学会長野予備学校長などを歴任し、政策研究大学院大学政策研究科客員教授。XYサタデースクールネットワーク代表。専門は教育政策・学校論など。政府の審議会専門委員も務めた)

| | コメント (0)

子どもが暴力行為を起こしたとき、子どもの指導や保護者に理解と協力を得るポイントとは

 暴力事件が発生した直後は、加害者の子どもの興奮を鎮めて落ち着かせることが大切です。
 そのためには、その場から離れた場所へと移動させ、クールダウンさせることが必要です。
 それと同時に、暴力を受けた子どもの安全を確保し、身体と心のケアを迅速に行うことが求められます。
 その後、加害者と被害者の子どもから事実関係を聴き取ります。
 聴き取るときに注意したいのは、子どもが語る内容には、客観的事実と心理的事実の二つの事実がふくまれているということです。
 例えば、心理的事実とは
「相手がにらんだと思ったから、胸ぐらをつかんだ」
「私を無視するのは、自分のことが嫌いだから」
など、あくまで本人が感じて受けとめた主観的な事実である。
 それゆえに、思い込みや誤解であることも少なくありませんが、本人は自分なりに事実と受けとめて信じています。
 客観的事実は、まさに事実そのものである。
 指導に当たっては、二つの事実を見極めて、整理しながら聴き取りを進めていく必要があります。
 さらに、暴力事件の直後の対応で気をつけたいことは、暴力は「伝染することがある」ということです。
 周囲にいた人たちが暴力の影響を受けて冷静さを欠き、興奮して暴言を吐いたり、物に当たり散らしたりするようなことは、絶対さけなければなりません。
 教師が事情を聴き取るときに、
(1)教師が自らの感情を爆発させないために、複数の教師で対応する。
(2)子どもと一定の物理的距離を置く。
ことがもとめられます。
 暴力行為が発生したときには、子どもの指導と並行して、保護者に連絡し理解と協力を求めることが不可欠です。
 保護者から家庭の様子や困りごとがないかを聞きながら、日頃の親子関係を確認していくとともに、解決に向けて保護者と一緒に取り組んでいく姿勢を伝えることが大切です。
 子どもの指導と保護者と面談を重ねていくと、暴力行為など問題行動のある子どもの中には、日ごろから親からの叱責が多かったりすることがある。
 その積み重ねで意欲や自信が失われたために反抗的になっている、などが問題行動の背景にあると感じることがあります。
 また、親の立場からすると
「何でこんなことをするのだろう?」
「いくら注意しても親のいうことをきかない」
「どうすれば親の気持ちが通じるか」
「どれくらい厳しくすれば親の言うことを聞いてくれるのか」
なと、対応に苦慮している様子を語られることがあります。
 子どもへの指導を通じて
「この人は、わが子のことを心配してくれている」
「子どものことを本気で考えている人だ」
という明確なメッセージを保護者に伝えることができるか否かが、解決に大きく影響します。
 このメッセージが伝わることが、保護者との信頼関係の形成につながる第一歩であり、根幹にかかわる重要なポイントといえます。
(石橋昭良:文教大学教授、元警視庁少年育成課副参事(心理職)、臨床心理士)

| | コメント (0)

モンスターペアレントとは正確にはどのような意味で、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか

 モンスターペアレントとは、学校や教職員に対して、理不尽で自己中心的な要求を行う保護者のことをいいます。
 親の資質だけでなく、核家族化が進み、親自身も孤立している中で、学校等に対する不信感を募らせているという事情が背景にあるとの指摘もあります。
 正当な権利行使の範囲を超えて、常軌を逸したクレームをする親のことをモンスターペアレントと呼ばれています。
 このようなクレームに対応する教職員が過度のストレスを抱かえてうつ病を患ったりするなど、学校関係者の頭を悩ます重大な問題の一つとなっています。
 モンスターペアレントの具体例としては、次のような要求などが挙げられます。
1 自分の子どもを学園祭の主役にしてほしい。
2 仲が悪い生徒がいるため、クラスを替えてほしい。
3 子どもの成績が一向に上がらないため、担任の先生を替えてほしい。
4 子どもが朝起きられないため、モーニングコールをして起こすか、迎えに来てほしい。
5 志望校に合格しなかったのは学校の責任であるため、支払った授業料を返してほしい。
6 早朝、夜間など時間を問わず毎日のように学校や担任の先生に電話をかける。
7 プライバシーの侵害であるからと、自宅訪問に応じない。
8 面談中に激高し、担任に暴力を振るう。
9 事実無根の内容をインターネット上で公開したりするなどして、学校や担任の先生を誹謗中傷する。
(弁護士法人 飛翔法律事務所著:大阪市)

| | コメント (0)

新任2年目で小学校1年生担任に配置されダウンした教師の事例

 事例:Dさん(20歳代の小学校女性教師:適応障害)
1 状況
 新任2年目に「この学年だけは勘弁してほしい」と伝えていた学年に、学年主任を支える役割の1年担任として配置された。
 学年の担任構成は、新任1年目、新任2年目、講師、学年主任の4名です。
「2年目だから、あなたはできるわよね」という雰囲気を感じすぎてしまい、自分は一人でできなければいけないと、自分を追い込んでいった。
 前年にお世話になった初任者担当教師が転勤して、相談できなくなり、何をどうすればよいか、わからなくなっていた。
 担任したクラスの子ども同士のトラブルが絶えない状態になった。
 ただただ、大声でクラスの子どもたちに注意をするが、空回りするばかりであった。
 保護者のクレームが嵐のようにふりそそいできた。
 不眠、頭痛、吐き気とともに、朝、起きられなくなり、4月に教職員の専門病院を受診し、病気療養することになった。
2 よかったこと
 受診してからは、管理職が本人の負担を認め、本人をねぎらった。
 病気療養のうえ、職場復帰トレーニングに参加。仲間を得て「やってみよう」という気持ちになった。
 半年間という長めのプレ出勤(慣らし出勤)をしながら、教師として必要な多くのことを自然と身につけていった。教育センターの退職校長が、よく面倒をみてくれた。
 新年度から担任外での復職となり、3カ月伴走してくれるサポート教師も得た。
3 解説
 新任2年目は、まだまだ不安な時期であり、相談できる同僚教師がいなくなっただけでパニクック状態になる若い教師も珍しくないです。
 学年団によっては「それぞれ自分でやりましょう」という方針をとっていたりします。
 この学年のように、人員不足により学年主任が新任と講師のフォローをしている間に新任2年目が取り残され、混乱していたり、といったこともありえます。
 Dさんの場合、不安だから、そこだけは外してほしいとお願いした1年生だったことも、保護者の不安や期待に応えなくてはといった極度のプレッシャーを抱えた一因でした。
 子どもに、まず椅子にじっと座るところから教えるなど、思ってもいなかったことでした。
 新学期に大量にあるプリント類の配布も、落としたり、もらっていない子どもがいて混乱しました。 
 翌日から、保護者のクレームの嵐だったと言うことです。
 Dさんは、職場復帰のトレーニング初期には「なんで私がこんな目に」といった被害者意識を感じていました。
 模擬授業をすると、力量のある素敵な授業でした。
 その頃から、表情がゆるみ始めて、年配教師の参加者ともよい距離感で交流するようになりました。
 その後、校長の理解のもと、半年のプレ出勤を経て、復帰1年目は担任外、翌年度に担任をもつという配慮もあって、今も元気に勤務しています。
(井上麻紀: 臨床心理士。公立学校共済組合近畿中央病院メンタルヘルスケア・センター副センター長。10年以上にわたり、学校教職員の専門病院で、教員に特化したメンタルヘルスケアや職場復帰支援をおこなってきた)

| | コメント (0)

教師に一番大切なのは説得力である、どうすれば身につくか

 教師に一番大切なのは説得力である。説得力がなければ、どんな言葉も相手を動かさない。
 やる気を出させるにも、励ますにも、叱るにも説得力がなければ効果はない。
 自分でどんなにうまく話せたと思えても、内容が相手に伝わっていなければ、目的を果たしていない。話の効果を決めるのは聞く側なのだ。
 うまくいかなかったら、何がいけないのかを反省し、改善していく。プロは、自分のどこに問題があるのか考えるべきなのである。
 対人関係の真理は「人を見て法を説け」である。
 人には、活動的な人、おとなしい人、勝ち気な人、気弱な人、目立ちたい人、目立ちたくない人、傲慢な人、謙虚な人、人にはいろいろな性分がある。
 相手の性分に合わせなければ説得はできない。
 人を見る目の二つ目は「相手の状況」である。
 私は、莫大な数の家庭と接してきた。世の中にはほんとうにいろいろな家庭環境があり、想像もできない状況もあるものだということを実感してきた。
 相手の状況を見ることは説得力に絶対必要だ。
 説得力には話し手の魅力という問題が付きまとうことも知っておかなければならない。
 魅力ある人が語れば、その言葉に惹き付けられ、説得力を感じるというのは事実だ。
 人を育てる教師は、言葉に説得力を増そうとする以前に、自分に魅力を付けなければならない。
 そのためには「与える」精神を根底に養っておかなければならない。そのために、全人格的な工夫をするのだ。
 説得力は、話の技術だけの問題でなく、教師の生き方、人間性の問題であるということだ。
 まず「受けとめる」器の大きさが必要なのだ。
 受け止められない子どもがいたら、自分の器を大きくするチャンスである。自分が成長すれば、受け止められない子どもは減る。
 受け止めることが、相手を理解する第一歩だからだ。
 受け止め、その子の思考を探ってみる。すると、その心の奥にある不安感やそれを引き起こさせている状況や過去の歴史が見えてきたりする。
 そうして少しでも理解できれば、望ましい方向への対策も立てられる。
 説得力で大切なのは「相手に好かれること」である。
 人は好きな人の言うことならきく。相手が嫌いであれば、いくらいいことを言ってもきかない。
 まどろっこしい話し方は嫌われる。ささっさと結論から入るべきだ。
 話は「相手の頭の中に絵を描くことだ」と言われる。イメージを抱かせながら話すことだ。そのために有効なのが、例話や比喩だ。
 論だけの話は流れに乗りにくい。相手の心に応じ、論にぴったりした経験談や比喩などを挿入していくことが重要になる。
(平 光雄:1957年愛知県生まれ、愛知県で小学校教諭となり、学級担任は30年以上となる。問題を抱えた生徒たちを数多く立ち直らせるなど、プロ教師としての手腕が高く評価されている。話力総合研究所(東京本郷)に通い、永崎一則氏のもとで話力学を学ぶ)

| | コメント (0)

問題を抱かえる子どもの保護者との話し合いのとき、怒りを買わずに協力を得る方法とは

 小学校3年生を担任したとき、要チェックのAさんという男の子どもがいました。
 対人関係が苦手で好き勝手なことをしたり、わざと意地悪をする。学習の集中力も知的面でもかなり低い。
 それに、Aさんをダシにして、自分もふざけたいという子どもがいます。
「A、何やってんだよ。だめだろ」と、追いかけっこが始まり、Aさんが泣かされて終わりになります。
 担任して早々に保護者から苦情電話が来そうです。
 私は今までに何度も保護者に「困った問題」を面談等で伝えました。例えば、
「最近、こういうトラブルがあります」と話し出すと、たいがいその後に
「でも先生、うちにも言い分があります」
「うちの子も嫌な思いをさせられているんです」
という話になります。
 教師がマイナスの情報を保護者に伝えると、保護者からもマイナスの訴えが返ってくることが多い。
 実は私の子どもに重い障害があります。自分の子どもが特別支援学校に通う子になって、思うことがいろいろありました。
 特別支援学校の多くの教師は保護者に
「お母さんの方が、お子さんのことを分かっていると思うのですが、学校での取り組みの中で、ちょっと相談したいことがあるのです」
というような感じで、提案をしてくれます。
 これは、耳に優しく、素直になれます。なかなかいいテクニックではないかと思います。
 問題を抱かえる子どもを育てた親なら、泣きたくなるような経験は一度や二度ではないでしょう。
 誰にも分かってもらえない、劇的に改善することもないと思える暗いトンネルのような毎日の中で「仕方ない。我慢するしかない」と、自分を慰めながら、必死でわが子と暮らしている人も多いと思うのです。
 以前、育児放棄をしているような保護者と、子どもの問題行動について面談したことがありました。
 そのときに、特別支援学校の先生の話し方を思い出し、相手の大変さをくみ取りながら話したら、いい方向に進むことができました。
 Aさんのお母さんに「Aさんのことでご相談があります」と伝え、学校に来ていただきました。そして、次のように話を切り出しました。
「最近、Aさんを注意してしまうことが続き、これが本当にAさんのためになっているのかと迷っているのです」
「そこで、Aさんに注意することのポイントをしぼり、今よりずっと減らしていきたいのです」
「お母さんが一番Aさんのことをわかっていらっしゃると思うので、どこにポイントをしぼればいいのかを相談させてほしいのです」
「できれば、Aさんにわかりやすく、すぐ効果が出やすい、まわりの子からもAさんの頑張りが見えやすいことにポイントを絞りたいのですが、どんな点がいいでしょうね」
 私がこう話すと、お母さんの表情も和らいできました。
 具体的に、どんなことをするのかを、二人で話し合っていきました。そこで決まったことは、
1 授業中の派手な妨害やフザケだけを特に注意する。
2 クラス子どもたちにもAさんに対する取り組みを伝え、頑張りを認めてくれるように話すこと。
3 授業以外にAさんのトラブルがあったら、担任に報告して担任が処理する。
(Aさんを利用するトラブルから守るため)
 さっそく、次の日、クラスのみんなに、Aさんのことを話しました。
「今、うまくできていないこと」
「支援するために、今、取り組みたいこと」
「クラスみんなの協力が必要なこと」
をクラスの子に話すと、少しずつ子どもたちのAさんに対する目が優しくなりました。
「Aさんは、仕方がない。あまりひどいときは先生が対処してくれる」
という共通理解が得られてきました。
 Aさんはみんなから、強く怒られることが減って、泣くことも減ってきました。
 お母さんは「家で学校での様子が聞けるので、以前より心配が減りました」と言ってくれました。
(日高きく代:東京都小学校教師)

| | コメント (0)

対応するのが困難な保護者の特徴と、話の聞き方のポイントとは

 教師が疲れきってダウンしてしまう原因のひとつに、保護者対応があります。
 保護者の要求の内容は、事実に即したものもありますが、すべてを担任や学校の責任にして、自分の子どもの実態から目をそらすケースが見られます。
 対応するのが困難な保護者が、学校に攻撃的になるのは、教師のせいというよりは、何かの理由によって、その保護者が非常に不安であったり、情緒不安定であったりすることが多いのです。
 真面目な教師ほど、文句を言われると「自分はダメだ」「できていないから、言われるのだ」と自分を責める傾向にあります。
 対応困難な保護者に苦情を言われたときには、この保護者は不安なのかもしれない「不安だから、話を聞いて」と言えずに攻撃するのかもしれないと教師が思うことで、多少冷静になれるかもしれません。
 こういう保護者には、教師が一人で対応してはいけません。信頼している教師と、複数で対応してください。
 特に対応困難な保護者の特徴として、次のようなものがあります。
1 人のせいにする
「周囲の人が悪いから」といった、人のせいにする物言いになる。
 例えば「先生が怒ったから、私は腹が立ったのだ」と、人のせいにする。
 自分がネガティブな感情を持っていると認めることに耐えられないのだ。
2 自分の都合の悪いことは、なかったことにする
 例えば、保護者が怒鳴ったので、教師が、少々声を強くして「とにかく座ってください」と言った。
 そうすると、保護者が「突然、先生が恫喝した」というふうに、自分の都合の悪いことはなかったことにする。
3 ものの見方が極端であり、人に対して、全部良いか、全部悪い人か、といった捉え方をする
 保護者の話を受け入れて、教師が聞いてくれている間は、教師は神様扱いだが、1つ思うように聞いてもらえないと極悪人扱いになり、いっさい話が通じなくなる。
 教師は「話を聞くこと」のプロではありません。学校現場に出てから保護者の対応を迫られるので気の毒だと思います。
 話してもわからない対応困難な保護者の話の聞き方のポイントは、
(1)歓迎する
 気持ちはすぐ相手に見抜かれます。歓迎するつもりで接してください。できれば「またおお会いしましたねぇ」と迎えるほうが、うまくいきます。どうしても歓迎が難しいときは、お腹のなかで「嫌やなぁ」と覚悟して迎えてください。
(2)苦情の種類によって対応を変える
「まともな要求」は誠実に対応する。「ある程度対応すべき苦情」は、ここまではできるけど、ここからはできかねることを伝えます。
 納得しない場合は管理職と相談する。「理不尽な苦情」は一人で対応せず管理職と相談して複数の教師が関わりましょう。
(3)初期対応が大切
 最初は迎え入れる気持ちで接する。否定的な「でも」といった言葉を用いず、ていねいに聴くと、その後がうまくいくことが多い。引きぎわを待っていることもあるので、時間は一時間をめどに「〇○のお話が聞けました」と区切りをつける。
(4)本音は何かをさぐりながら聴く
 話を真摯に聴きながら、「この人は、こんなにも強い調子で話しているが、この人の悲しみの中心は何だろう?」と、本音をいろいろ空想し、質問して尋ねたりしながら聴きます。
(5)心の中は自由に何を感じてもよい
 真面目な教師ほど、「相手を悪く思ってはいけない」と自分の心を拘束しがちです。顔に出さないようにして、心の中では何を感じてもいいのです。
(6)気持ちを短く伝える
 相手の言葉があまりにきついとき、自分の気持ちを短く伝えるとよい。短くがミソです。「そこまで言われると、キツイなぁ」「わからなくなってきました。よくわかる先生を呼びますね」と、いったん席を外し、ひと呼吸できる間をとるといい。
(7)目的を共有しながら聴く
 対応困難な人の話は、話がそれることが多いので「今日は〇○についてお話に来られたのでしたね」と確認をはさみます。やりすぎると怒られることがあるので注意する。
 わかりにくい話の場合、わかったふりをして終えると、後で理解がずれたとき「聞いていなかったのか!」と怒ることがあります。
 わかりにくい話のときは、首をひねってもいいと思います。「今日は〇○についてお聞きできました」「熱心に考えてくださっているのがわかりました」と、わかったことのみを最後に伝えて帰ってもらうとよい。
(8)話の限界を設定する
 筋のおかしい話を全部飲むわけにはいきません。「ここまではできるが、ここからはできない」という限界を伝えていいと思います。
 遅い時間の家庭訪問や電話を要求されるケースもあります。緊急でないかぎり「○時までは対応できるけれど、○時以降は対応できかねます」と言っていいと思います。
(井上麻紀: 臨床心理士。公立学校共済組合近畿中央病院メンタルヘルスケア・センター副センター長。10年以上にわたり、学校教職員の専門病院で、教員に特化したメンタルヘルスケアや職場復帰支援をおこなってきた)

| | コメント (0)

子どもが学校でケガをし、痛みもないとき、どう対応すればよいか

 休み時間に「先生、階段で転んでしまいました」と、報告を受けました。特に痛みもなさそうなので「気をつけてね」とだけ返事をしましたが、対応はどうすればよいのでしょうか。
 緊急措置の必要性を判断して対応し、保護者へ連絡をしましょう。
 対応のポイントは
1 「まぁ、いいか」は厳禁
 子どもたちから「転んでしまいました」「運動場で転んで頭を打ちました」というような報告はよく受けます。
 子どもたちがケロッとしていると、つい教師も「まぁ、いいか」と安心して過ごしがちですが、これは絶対にしてはならない対応です。
 すぐに、担任自身でケガの状態をチェックし、保健室へ連れて行くなどの適切な措置を講じなければなりません。
2 「念のため」という気持ちが大切
 子どもは自分自身がケガをしていても、見逃してしまうことがあります。
 学校内における子どもたちのことは、教師が保護者の代わりに責任をもって見てあげなくてはいけません。
 学校で起きたことの責任は教師にあります。常に「念のため」という用心深い気持ちが大切です。
3 弁護士からのアドバイス
 ケガについては、事前の防止の点において、学校側に落ち度がない場合でも、教師には事故後に適切な措置をとり、損害を最小限に抑える責務があります。
 例えば、授業中にボールが目に当たったとき、外観上の異常が見られず、子どもも「大丈夫」と答えたが、後の健康診断で網膜剥離が判明し、保護者への通知義務が問題となった裁判例もあります。(この事案では責任否定)
 まずは、子どもから詳しく事故の状況を聞き、緊急の手当てや保護者への通知の必要性の有無など、慎重に判断しましょう。
 教師には、事故後、適切な措置を講ずることで被害を最小限にとどめる義務があります。
 事故の内容、状況、子どもの年齢・判断能力などの事情によって保護者への報告義務も問題とされる場合があります。
(丸岡慎弥:1983年神奈川県生まれ、大阪市公立小学校教師。教育サークル「REDS大阪」・銅像教育研究会代表、事前学習法研究会会長)
(大西隆司:1976年奈良県生まれ、弁護士)

| | コメント (0)

よい教師は、気持ちをさっと切り替えるスイッチをもっている、教師が変わるとクラスも変わる

 クラスの空気は、教師の雰囲気で大きく変わります。
 教師が明るく元気でいれば、クラスは明るく元気になります。まずは、教師が積極的に元気を出すことです。
 教師が大きな声であいさつする。休み時間に元気に外に遊びに行く。楽しそうに子どもの前で笑う。
 そんな教師の様子を見て、子どもたちも元気になっていきます。
 何事も、教師が率先垂範、教師が見本になって、元気を子どもに与えていきましょう。
 逆に、教師が落ち込んでいたり、イライラしていると、悪い雰囲気が教室に充満していきます。
 教師が失敗をひきずって自信や元気を失っていては、元も子もありません。
 不安な思いがあっても、落ち込んでいても、子どもの前ではさっと元気に振る舞えるワザが必要です。
 よい教師は、気持ちをさっと切り替えるスイッチをもっています。
 そのための心構えを持ったり、疲れを癒すための趣味を持ったりすることは、教師にとって非常に重要なのです。
 子どもの前に立つのが楽しいという雰囲気がでるといいですね。
 いつでも、子どもの前にフレッシュな気持ちで立つことができる。
 そんな教師を子どもたちは好きになります。
 教師の元気が周りの子に広がり、自然と教室中が明るい雰囲気になってきます。
「元気を出して」という声かけよりも、教師の態度でクラスの「空気を変える」のが大切です。
(桔梗友行:1977年宮城県生まれ、兵庫県公立小学校教師。ユニット授業や学び合いに取り組む。「学び合うin神戸」主宰)

| | コメント (0)

子どもたち全員が授業に参加するには、挙手指名を捨てればよい

 手を挙げた一部の子どもたちの発言だけで進んでいく授業をする教師はシロウトだと思う。
 言うまでもなく、授業はクラス全員に力をつけるために行われる。
 そのためには、クラス全員、一人残らず確実に授業に参加させなければならない。
 プロ教師は、子どもたち全員を授業に参加させる策略をもたねばならない。
 私も教師になって1年目は、手を挙げさせて発言させていた。しかし、野口芳宏氏の本に出合って、私の授業は大きくかわった。
「発問をしたら、まずノートに書かせる。そして、列指名で発言させる」
 という方法を知ったからだ。本には次のように書かれていた。
「たとえば、ある子どもの発言があったとする。その発言に対して、ノートに
『なるほどなあ、と思ったら〇を書け』
『少しおかしいぞ、と思ったら×を書け』
というように指示するのである。
 こうすることによって、全員がひとり残らず、〇か×かのいずれかをノート書かなければならなくなる。傍観者ではいられなくなるのである」
 若い頃は、たくさんの教育書や教育雑誌を読もう。セミナーにも参加しよう。
 たとえば「教科書〇ページを開いたら、立ちなさい」という指示は、全員参加させるための指示である。
 たとえば「子どもを見る目の必要性を強く訴える」のも、全員参加を保障するためである。

 勉強しない教師が怖いのは、自分の受けた教育だけを頼りに実践をしてしまうことだ。
 子どもたちは、どんどん変わってきている。自分が受けた10年前、20年前の教育がそのまま通用するわけがない。
 私は野口氏に出会って、本当にラッキーだった。私の授業を180度変えてしまうほどの財産を手渡してくださったのだ。野口氏に感謝である。
(中村健一:1970年山口県生まれ、山口県岩国市立小学校教師。授業づくりネットワーク、お笑い教師同盟などに所属。笑いとフォローをいかした教育実践は各方面で高い評価を受けている。 また、若手教師を育てることに力を入れ講演も行っている)

| | コメント (0)

子どもが納得する叱り方は、どのようにすればよいのでしょうか

 お説教では納得しない。
 教師の考えを押し付けたり、一方的なお説教をしたりする指導を続けていても、子どもは過ちを素直に受け入れ、納得して反省することはありません。
 お説教は、常に子どもを「受け身」にすることですから、「また先生の長い話が始まった。早く終わらないかな」と、教師が叱ることを軽んじる危険さえあります。
 叱られることに子どもが納得するためには
「なぜ叱られるのか?」
「どこが悪いのか?」
「なぜダメなのか?」
「どうするべきだったのか?」
「どのように改善すべきなのか?」
といったことを、子ども自身が真剣に考えることで、はじめて可能になります。
 子どもに考えさせることが納得につながります。
 子どもの頭と心をフル回転させるためには、例えば、過ちや不足を「子ども自身にしっかり口に出して言わせる」などの方法を工夫して、子どもがしっかり考えざるを得ない状況に置くような叱り方を心がけるようにしなくてはなりません。
 集団の力を活用する。
 互いに注意し合い、正しい行いを認め合える集団の中でこそ、個々の子どもの成長が保障されます。
 正しい行いを認め、不足を注意し合うことのできるクラスにするために、ある子を叱る時に、クラス全体を意識して、他の子どもの考えを聞いたり、善悪を全員で確認したりできるような叱り方を心がけるようにします。
 集団の力を取り入れることで、子ども一人ひとりが納得して指導を受け入れる素地をつくっていかなくてはなりません。
 いくら厳しくしかっても、子どもが納得していなければ、効果が期待できないどころか、教師を信頼しなくなるおそれがあります。
 納得させることで、素直に指導を受け入れられる子どもに成長します。
(中嶋郁雄:1965年鳥取県生まれ、奈良県公立小学校校長。子どもを伸ばすためには、叱り方が大切と「叱り方&学校法律」研究会を立ち上げる。教育関係者主宰の講演会や専門誌での発表が主な活動だったが、最近では、一般向けのセミナーでの講演や、新聞や経済誌にも意見を求められるようになる)

| | コメント (0)

教材研究は三度の下ごしらえをすると、深みのある授業ができる

 教師にとって授業は生命線です。
 その授業の教材研究が楽しくなれば、授業に挑む気持ちも変わりますし、教師としての生活がとっても楽しいものになります。
 日々の授業は正直、しんどいこともたくさんあるし、上手くいかないほうが多いのですが、悲壮感を抱くのではなく、楽しんでしまえということです。
 何でも「やり過ぎる」と「面白さ」が見えてきます。一つの教材をとことん分析してみます。
 例えば、国語の教材研究です。「大造じいさんとガン」の教材研究をします。
 まず、教材文を三つ用意します。
 コピーするときは、周りに余白ができるようにコピーします。
 教科書は見開きB4なので、コピー機のA3モードで取れば余白ができます。
 三つの教材文は次のように使います。
(1)自分の思ったことをどんどん書き込んでいく
(2)指導事項に関わる部分に線を引きながら書き込んでいく
(3)子どもたちが初めて物語と出会ったときの感想文の中から、これというものを書き込んでいく
 勝負をする単元は、このように下ごしらえを三回します。
 そして、授業にかけるものを絞り込んでいく。
 教材によって絞り込む三つは変わります。
 このように観点を変えて教材にアプローチをしておくから、授業に深みが出るのです。
 教師の授業をする際のオーラも変わってきます。
 たくさん切り込んでおいて、どんどん捨てるからこそ、深みのある授業ができるのです。
(森川正樹:兵庫県生まれ、兵庫県私立小学校教師。研究教科は国語科。教師塾「あまから」代表、教師の笑顔向上委員会代表、基幹学力研究会幹事、読書会「月の道」主宰)

| | コメント (0)

問題を起こした子どもの保護者から話を聴くとき、どのようにすれば保護者と連携することができるか

 まず、子育てに対するねぎらいの言葉から始めて、保護者の語る話に全神経を集中して、最後までしっかりと聞き、話を受け入れていくことが大切です。
 不安や不信、親の怒りや困っている感情など全ての思いを聞き取ろうとする心構えが求められます。
 このとき、保護者の言い分を十分に聞かないまま、学校が説明し説得しようとすると、保護者に聴いてもらえなかった不満が残ったり、不信感が生じて、非協力的となり、問題がこじれてしまうこともあります。
 このような状況に陥ると、いくら正しい内容を伝えても、受け入れてもらえないことになります。
 保護者との関係が悪化する背景をみると、保護者の話を傾聴し、受容する姿勢に欠いていることが原因となっている場合が少なくありません。
 保護者と連携するには、初期において、保護者の心情を理解し、子どものことで悩んでいれば、解決に協力し、今後も気にかけていくことを伝えながら、信頼関係をつくっていくことがポイントとなります。
 保護者への問題行動の事実関係の説明はどのようにすればよいのでしょうか。
 今回の件に関連した学校やクラスの状況を説明した後に、その子の問題を説明するという流れが、保護者の正確な理解につながっていきます。
 つまり、全体から個人へという流れで説明するとよい。
 気をつけたいことは、保護者の語る内容を「事実と意見」に分けて話を整理するようにします。
 例えば「AくんがBくんの教科書を破いた」のは周囲の子どもも見ていた事実ですが、それが「いじめによるもの」と保護者が判断していることは意見になります。
 多くの語りは、事実と意見が混在したものであることに注意が必要です。二つを整理しながら聴くことが求められます。
 保護者の発言内容に教師の感情が揺れ動き、中立的な立場をもち続けることが難しくなります。
 どうすれば冷静さを保てるかというと、
(1)感情が揺れ動くのは当たり前という心構えをもつ。
(2)もう一人の自分が感じ取るモニタリングを行う。
ことが手だてとなります。
 保護者が学校に期待している対応を確認することは、保護者の心情の理解に役立ちます。
 しかし、保護者が期待する対応が現実には難しいと判断した場合は、
(1)そうすることが、周囲の子どもたちから特別視される。
(2)反発を招く可能性がある。
ことを保護者に伝えながら、学校が集団生活の場であることに、目を向けてもらう必要があります。
 保護者と話がこじれてきたときには、例えば、その場で即答せずに「この話は、いったんお預かりして、検討した上で連絡します」と、クールダウンすることもスキルの一つです。
 日頃は、教師と子どもとは「教える-教えられる」の関係ですが、教師と保護者とは、子どもの成長を「見守る-指導する」という同じ土俵にいる大人同士の関係にあります。
 保護者と連携するには、教師の教える姿勢はいったん封印し、子どもの問題解決という同じ目標をもっていることを確認しながら、保護者への支援を進めていくことが大切です。 
(石橋昭良:警視庁少年警察部門心理職を経て文教大学教授。臨床心理士)

| | コメント (0)

教師が子どもや保護者の信頼を得るには、自分なりの語りの技を身につけなければならない

 教師は話すことを商売としていると言ってよい職業ですから、もっとも重要なのは話し方の技能ということになるでしょう。
 授業における発問や指示は話し方の技能が前提となります。
 生徒指導において、子どもたちを指導したり説得したりするのも話し方の技能が前提になります。
 学級で連絡したり説明したりするのも話し方の技能が必要です。
 保護者会で学級の様子を報告したり、職員室の先生に相談したりするのも同様です。
 話し方の技能というと、わかりやすい話、明快な話、おもしろい話など、いわゆる話術のことと考えられています。
 しかし、あまりにもなめらかな話は、ときに嫌味に聞こえる場合があります。
 なめらかに話をする営業マンというのは、確かに一定の成果をあげます。
 しかし、トップに立つような営業マンは決して、ただ、なめらかに商品の宣伝ができる人ではなく、実感のこもった世間話のできる人であったり、たどたどしい口調ながらも、消費者に寄り添って自分の迷いや見解を誠実に語る人であったりすることが多いそうです。
 やはり、人間は感情をもっていますから、話のうまさよりも、共通の察し合う関係をいかにつくれるかにかかっているのだといえそうです。
 あまりにもウケをねらった話は誠実さを欠いた印象を与えることもあります。
 教師の話し方の技能にも同じことが言えます。ただ、なめらかで、うまく話すことが子どもたちや保護者に伝わる話し方ではない、ということは意識したほうが良いでしょう。
 少々たどたどしくても、その教師独自の語りこそ聴きたいと思っているのです。
 学級の最初の学級懇談会で保護者が、どんな先生か評価するのは人間性です。
 なめらかに話をする先生は有能な印象を与えるかもしれませんが、どこか冷たい、裏があるのではないかというイメージを与えがちです。
 保護者たちは、その先生がどれだけ誠実に一生懸命やってくれそうな先生かということを見ています。
 それは、教師がしゃべった話の内容より、その先生の表情や仕草、迷いやものの見方や考え方などの総合的な印象、つまりは、その先生の独自の語り方によって判断されているのです。
 例えば、保護者の一つ一つの質問に対して質問者の方を向いて話したとか、目線を合わせながらも、他の保護者への気づかいがあったとか、教師が自分の言いたいことだけ言って保護者の話を聞かない態度とか、といったものを見ているのです。
 保護者会で一人ひとりの保護者と対話を成立させられる教師は、間違いなく子ども相手でも同じことをしてくれるはずです。
 わが子をあずけるにたる、信頼を寄せられる教師か否かは、そうした印象によって判断されるわけです。
 教師はまず何より、子どもや保護者を前に対話を成立させられるような自分独自の語りを身につけなくてはならないのです。
(堀 裕嗣:1966年北海道生まれ、札幌市立中学の国語科教師。92年、国語教育研究サークル「研究集団ことのは」代表、「教師力BRUSH-UPセミナー」代表。文学教育と言語技術教育との融合を旗印に長く国語科授業の研究を続けている)

| | コメント (0)

子どもを叱るとき、教師が心がけるべき大事なポイントとは

 叱るということは、子どもたちの心の安定と安全の保障とならなければならないのです。
 そのため、教師は感情に流されないようにしなければなりません。
「この子は絶対によくなる」という思いを持ち続けていきたいものです。
1 「許す心」で叱る
「絶対に許さないぞ」という思いで叱ると、どうしても感情的になります。そうなってしまうと、子どもの心に響くことはありません。
「この子は必ずよくなる」という思いをもって子どもに接していきたい。
2 自分の指導不足だったことを認める心で叱る
 教師が「ちゃんと教えただろうが!」と語気を荒くして叱るときがあります。
 しかし、子どもの失敗の裏には、教師の「自分の指導不足があったかも」という内省の心が必要ではないでしょうか。
 教師の「ちゃんと指導していました」という言い訳ほど空しいものはない、と以前、先輩に教えてもらったことが、今でも私の心に残っています。
3 叱る場面を決めておく
 教師が自分の感情で叱ったときに、子どもが「なぜ、叱られるのだろう」と納得できないことがあります。 
 そこで、どのようなときに叱るかを子どもたちに宣言をしておくようにします。
(1)心の安定
 優しさを忘れた時(いじめや差別を許さない)
(2)安全の確保
 命を大切にしない時   
(3)前向きの姿勢
 努力をしない時
4 叱るタイミングと場所は細心の配慮を
 叱る時「直ちにその場で」が原則ですが、子どもによっては、その状況によって、場所を変えるなどの配慮をしないといけないことがあります。
5 みんなの前でなく、一対一で叱る
 「恥をかかされた」という、子どもの自尊心をつぶさないようにします。
 そこで、子どもと一対一で誠意をもって話を聞き、必要に応じて叱るくらいのゆとりをもちたいものです。
6 事実を確認し、事実だけを叱る
「おまえというやつはどうしようもないな」などと、子どもの人格を否定することにならないよう、先入観だけで叱らず、きちんと事実を確認し、叱ることが大切です。
7 心に染み入る温かい言葉を考えて叱る
「あなたらしくなかったね」「もうしないと信じていたんだけど」というように、子どもの存在を認める言葉を入れて叱るようにします。
8 叱るべき時に、叱ることをためらわない
 その子どもとの人間関係が壊れることを恐れて叱ることを避けてしまうことがあります。
 しかし「人には温かく、規則には厳しく」をモットーにして、叱る場合には、毅然とした態度で臨むことが大切です。
9 公平な態度で相手の言い分も聞いて叱る
 気難しい子や成績の良い子は叱りにくいと聞いたことがあります。これでは、他の子どもにとっては教師不信につながっていくものです。
 子どもの言い分を、心を静めて聞き、受けとめてあげることが大事です。そして、事実に基づいて反省させるように叱るようにします。
10 過去にこじつけないで、将来のために叱る
「あの時も同じことをしたな」というように、いつまでも過去にこじつけて叱ることのないようにしたいものです。
 これから、どうしたらよいかという将来につながる言葉かけをしていきたいものです。
(椙田崇晴:1959年福岡県生まれ、山口県公立小学校長。特別活動の実践に取り組む)

| | コメント (0)

保護者からの要求に、どのような場合、弁護士に介入を求めるとよいか

 保護者からのクレームも多種多様で、リスクの程度も様々である。しかし、すべてを弁護士に相談するというわけにもいきません。
 要求内容が多すぎたり、暴言や暴行等の不当な手段を用いたりされるなど、学校が毅然とした対応をとることができず、リスクも大きいと判断される場合には、早い段階で、学校法務に精通した弁護士に相談して介入してもらうよう、積極的に考えるべきです。
 弁護士に相談して対応することにより、窓口が弁護士となり、学校側が時間を作る必要がなくなって、その分を本来の業務に充てることができるようになります。
 また、学校側が弁護士を付けることにより、相手の保護者側も弁護士に依頼する可能性が生じます。
 過剰な要求をする保護者は、往々にして感情的になっているものです。
 弁護士が介在することにより、感情論からは離れて、法律等に則した冷静な話し合いが可能となります。
(弁護士法人 飛翔法律事務所著:大阪市)

| | コメント (0)

教育は人間味が大切、子どもたちに教師の個性をアピールして仲よくなろう

 教師が子どもたちに教えるということは、ロボットが行うのではなく、人間対人間のつきあいです。
 教師が、その人ならではの個性を発揮することが大切です。
 すると、子どもたちは「ぼくたちの先生は、こんな人なんだ」と、教師の勉強以外の一面を知ることができ、教師に親しみを持つことができます。
 子どもたちは「私たちの先生はね、〇〇なんだよ」と教師の話をあちこちでします。
 それは、子ども同士でも、それぞれの個性発揮を出しあえる雰囲気づくりの第一歩となります。子どもたち同士の人間関係を深めることもできます。
 私は、次のように、得意なことを積極的に子どもの前で披露したり、好きなことをおおげさにアピールします。
(1)自分ことを話す 
 子どもの頃のこと、家族のこと、失敗したこと、趣味などを話すようにします。
 子どもたちも、どんどん自分のことを話してくれるようになります。
(2)得意なものを披露
 得意なものがある教師は、子どもたちに、これでもかというくらい披露しましょう。
 イラストが得意な教師は、いっぱいイラストを描きましょう。 
 私は、子どもと初めて対面するときに、いきなり体操の前方倒立回転とびをします。そして、最後に、私のギターでみんなと歌を歌います。卒業生に出会うと、よくこの話になります。
(3)おおげさに「好き」をアピールする
 好きなことを、ちょっとおおげさに言うだけで、子どもたちは食いついてきます。
 私は、ネコが好きです。「3度の飯よりネコが好きだ」と、強烈にアピールしていきます。
 ネコが描かれているグッズを子どもたちが持っていた場合は、おおげさに食いつきます。
 逆に、嫌いなものを強烈にアピールするものおもしろいです。
 好き嫌いだけでなく、他のことでもちょっと大げさにすると、子どもたちは食いついてきます。
(4)服装
 服装でも個性を発揮することができます。
 最近は、おもしろいイラストがプリントされているTシャツがよく売られています。
 そういったおもしろい服を着て子どもたちの前に立てば、それだけで、子どもたちは話かけてきます。
 私は、Tシャツの上にチャック付きのジャージを着ています。
「君たちに、いいものを見せてあげよう」と言って、チャックを下ろして、Tシャツを見せます。何も言わずに下ろすなど、やり方次第で、盛り上がります。
 方言が言える、グルメ、雑学を多く知っている、楽しい遊びを多く知っている、など、自分の個性を発揮するものがあれば、どんどん子どもの前でアピールするべきです。
 普通に生活していて「指がやわらかい」など、何の役に立たないことでも、子どもたちと仲よくなることができます。
(飯村友和:1977年千葉県生まれ、千葉県公立小学校教師。教育サークル「明日の学級づくりを語る会」代表)

| | コメント (0)

«授業中、そわそわして落ち着かず、集中力に欠けるクラスは、どう指導すればよいか