« 有田 和正(ありた かずまさ)(小学校)    「授業力アップ」 | トップページ | 大村はまが求めていたもの  上野健爾 »

瀧山 敏郎(たきやま としろう)(教師塾)  「教師が勉強せよ」  

8e867a11e336a4521 ヘタな授業は、先生に元気がない、覇気がない、聞き取りにくい、単調すぎる、変化がない、メリハリがない、説得力がない、わかりにくい、おもろない。学力がつかないのをすべて生徒のせいにして、生徒にやる気を起こさせる勉強方法も、スキルも先生があまりもちあわせていない。学力低下を言う前に先生達の授業力低下を問題視したほうがよいのではないか。教えることを生業にしている人は、授業がわかりやすく、これぞわたしの究極の授業方法だというものを持っていることが要求される。人間的にも先生としても尊敬されない先生に限って人の話をあまり聞かない。要するに学ぶ姿勢がないのである。学ぶ姿勢、社会性がないのである。生徒が悪い悪いという前に、先生が自ら努力して自己を変えるべきである。生徒に学べという前に、先生が自ら学ぶべきである。先生が変わる努力と工夫が必要である。人の話を真剣に聞いて、そして真似よ。読書、音楽、映画、スポーツなど、仕事以外のすべてに関心を持て。赤ちゃんを見よ、わが子を見よ、若者を見よ、母を見よ、父を見よ、じいちゃん、ばあちゃんを見よ。一般社会でいろいろな分野でそれこそ汗水流して頑張っている人たちを見よ。親の悩み、子どもの悩みをもっと直視せよ。多くの人たちから学びなさい。必ず感性をくすぐる心がある、話がある。私は、水泳、マラソン、カート、四国の88ヶ所巡り、熊野古道登山から学んだことは枚挙にいとまがないと言える。そして、生徒から学んだのである。だから人気があると自信を持って言える。

|

« 有田 和正(ありた かずまさ)(小学校)    「授業力アップ」 | トップページ | 大村はまが求めていたもの  上野健爾 »

優れた先生に学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀧山 敏郎(たきやま としろう)(教師塾)  「教師が勉強せよ」  :

« 有田 和正(ありた かずまさ)(小学校)    「授業力アップ」 | トップページ | 大村はまが求めていたもの  上野健爾 »