« 野口芳宏(のぐちよしひろ)(小学校)2 生き方の基本を教え鍛える | トップページ | 金森俊朗(かなもり としろう)(小学校)   仲間と共に学ぶ原点 »

向山洋一(むこうやま よういち) (小学校)一時間で全員とび箱をとばせます       

1943Photo_2生まれ。東京学芸大学社会科卒業。東京都大田区立小学校の教師をしながら、NHK「クイズ面白ゼミナール」教科書問題作成委員、千葉大学非常勤講師、上海師範大学客員教授なども務めてきた。現在教師を退職、TOSSの運営に力を注いでいる。著作多数。教育界で最も著作を出している。
 私が新任教師の頃、新任研修会で知り合った教師一年生ばかりが、週一回集まる小さな研究会に参加していた。
 その研究会で、女の先生が提案した「とび箱が全員とべるまで」の報告が注目を集めた。とび箱をとべない子に向き合って取り組んだ実践の熱気に、みんなは引き込まれた。うちのクラスの子どもにもとべない子がいる。ぼくは全員をとばせることを決意した。そして、必死でやったためか、三日もすると全員がとべるようになっていた。
 それからしばらくして、斉藤善博氏の著書に「私は、一時間で全員とばせます」と書いてあるのを見た。そう言い切れる自信に心を打たれた。子どもの可能性を信じ、一時間一時間の授業に、真剣に立ち向かい、その結果として、そう言い切れる境地に立ってみたかった。
 「ぼくはとび箱をとべない子だけを集めて、それが三十人までなら一時間でとばせてみせます」このことばを人前で言えるようになるまでに、それから五年の歳月が流れていた。
 教育の本を読むようになったのは教師になってからであった。明治以後の教育の歴史の中で、斉藤善博氏の仕事が心に残り、氏の仕事を追い、そして受けついでいくことを、秘かに自分一人の胸に課した。ぼくは心ある教師たちの仕事を受けついでいきたいと思う。
 ぼくの代でおこなわれた仕事は、やがて次の代の教師達が引きついでいってくれることであろう。

|

« 野口芳宏(のぐちよしひろ)(小学校)2 生き方の基本を教え鍛える | トップページ | 金森俊朗(かなもり としろう)(小学校)   仲間と共に学ぶ原点 »

優れた先生に学ぶ」カテゴリの記事

教育の技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向山洋一(むこうやま よういち) (小学校)一時間で全員とび箱をとばせます       :

« 野口芳宏(のぐちよしひろ)(小学校)2 生き方の基本を教え鍛える | トップページ | 金森俊朗(かなもり としろう)(小学校)   仲間と共に学ぶ原点 »