« 授業は生活の論理と教科の論理をかみあわせる | トップページ | 教えたいことは教えないのが授業の本質 »

授業はその教師の持っている人間的な総合力がでる

 授業というのは、やはりその人の持っている総合的なものが生み出す現象である。
 人間的に未熟であれば、授業もまた未熟なものになる。短気な教師の授業には、やはり短気さが露呈する。達人の授業に触れ、そのすばらしさを分析的に自覚した後に、力のない授業を見たりすると、その貧弱さが際だって目についてくる。
 実に多くの先生方の授業と出会ってきた。授業はむずかしいものであると今でも考えている。良い授業を見ることも、良くない授業を見ることも、ともに有益である。
 それらを有益としうるかどうかということもまた、所詮はその教師の力いかんにかかっている。せっかくの授業参観なのだから、自らの力になるところは積極的に頂戴してくる心がけが大切になってくると思う。
(野口芳宏:1936年生まれ、元小学校校長、大学名誉教授、千葉県教育委員、授業道場野口塾等主宰)

|

« 授業は生活の論理と教科の論理をかみあわせる | トップページ | 教えたいことは教えないのが授業の本質 »

学習指導・学力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業はその教師の持っている人間的な総合力がでる:

« 授業は生活の論理と教科の論理をかみあわせる | トップページ | 教えたいことは教えないのが授業の本質 »