« 教師と子どもとのかかわりはどのようにすればよいか | トップページ | カウンセリングマインドがなぜ求められるようになったのか »

問題に向き合うようにさせることが生徒指導である

 生徒指導は問題をかかえた子ども対象にすることが多いが、その問題を教師が解決してやるとか、指導する教師が取り除いてやるということではなく、子ども自身に本当にかかえている問題は何なのかを自覚させ、その問題に正面から向き合うことができるようにすることである。

|

« 教師と子どもとのかかわりはどのようにすればよいか | トップページ | カウンセリングマインドがなぜ求められるようになったのか »

子どもの指導の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題に向き合うようにさせることが生徒指導である:

« 教師と子どもとのかかわりはどのようにすればよいか | トップページ | カウンセリングマインドがなぜ求められるようになったのか »