« 社会的自立のための教育が後退していく | トップページ | 学校は絶えず追究し創造し新しいものを子どもたちにつくり出すところ »

いい学校とはきちんとした説明がたくさんある学校

 私はNHK教育テレビで毎週日曜午後6時から放送していた「わくわく授業—わたしの教え方—」()の制作に携わっていました。全国のとびっきりの授業をまるごと44分間伝える番組です。
 「いい学校とはどんな学校か?」一言で答えるなら、「きちんとした説明がたくさんある学校」です。これが、全国の学校や授業を取材した感想です。
 「きちんと説明する」。これは、「わくわく授業」で紹介した先生方の授業に共通したキーワードです。
 子どもたちに目標を明らかにしたうえで、わからない状態が起きないように説明を加え、何ができて、何ができていないのかを説明する。
 それを繰り返していくと、やがて、子どもたちは、一つのことができると自分で次の課題を見つけるようになります。
 そして、自分の考えと違う友達の意見を聞くようにもなっていきます。
「きちんとした説明がたくさんある学校」は、学ぶことが楽しくなる授業がある学校でもあると思います。
(
)わくわく授業 わたしの教え方:NHK教育テレビで放送していた教養番組(2003年~2008)。「楽しくなければ授業じゃない!」をコンセプトに、学校現場でユニークな教育手法を取り入れている先生方とともに、その授業の様子を取材し紹介した。また、その先生の教育方針などについてのインタビューなども織り込んでいた。
(
桑山裕明:NHK制作局 第一制作センターチーフ・プロデューサー)



|

« 社会的自立のための教育が後退していく | トップページ | 学校は絶えず追究し創造し新しいものを子どもたちにつくり出すところ »

学校の実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いい学校とはきちんとした説明がたくさんある学校:

« 社会的自立のための教育が後退していく | トップページ | 学校は絶えず追究し創造し新しいものを子どもたちにつくり出すところ »