« よい話し方や授業は明快である | トップページ | 子どもに好かれ信頼される教師は「ありがとう」と言っている »

ヘタな先生の言葉使い

 ヘタな授業をしている先生には必ず、言葉癖、ムダ語が多い。
 これが「聞き取りにくい」、「眠たい」の要因になり、聞き手に嫌悪感を与える。
 重要なポイントを教える最中にクセ、ムダ語が出てくると生徒の集中力がぐっと落ちるのである。
 典型的なムダ語、言葉グセに「あの~」「え~と」「まあ」「その~」「ねね」のようなものがある。
 また、ぼかし言葉、逃げ腰言葉、弱腰言葉もできるだけさけるべきだ。例として「多分」、「できるだけ」、「とりあえず」、「かもしれない」、「だと思います」がある。
 このような言葉が出るのは自信のない証拠である。要するに自分の教科に関して、徹底した予習をしていない、データー、分析がないからである。
(
瀧山敏郎:小学校、中学校、高等学校(教頭)、大学講師、代々木ゼミナール、東進など有名予備校講師(英語)、全国英語研究団体連合会理事を経て、教師アカデミー主宰)

|

« よい話し方や授業は明快である | トップページ | 子どもに好かれ信頼される教師は「ありがとう」と言っている »

教師の話しかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘタな先生の言葉使い:

« よい話し方や授業は明快である | トップページ | 子どもに好かれ信頼される教師は「ありがとう」と言っている »