« 子どもたちの体に届き染みこませる発声の練習 | トップページ | 話し言葉の語尾が弱く消える人が多い »

発声のトレーニング

 発声の練習(あくび卵発声トレーニング)について平田オリザはつぎのように述べています。
 「大きな声で、ハキハキと」という声をめざす練習ではありません。いい俳優の持つ発声能力とは「場面に応じて、最適な声が出せる」ということです。
 声の出し方ひとつで、いろんな場面で求められる効果に差が出てきます。
 声を出すためには、
(1)
まっすぐに立ちましょう
 
できれば鏡を見ながら「まっすぐ立つ」ことにチャレンジしてみてください。なぜなら、発声は下腹部の筋肉の力で空気を押し上げ、気管から声帯を通して口から出すという「運動」ですので、それらの器管に余計な力が入らないように、縦にまっすぐに並んでいる必要があるからです。
(2)
その場で軽くジャンプしてください
 着地するときに、無意識にヒザが曲がるはずですから、ヒザを曲げたままキープしましょう。
(3)
そのヒザをゆっくり伸ばします
 すると、足の力が適度に抜けて、骨盤の真上に頭蓋骨がくるようなイメージで立つことができます。
 その手を下してきたら、背中の後ろで組んで、深呼吸をしながら引っ張ります。
 座り過ぎの生活をして人が多い。そのため、胸が狭くなっているので、それを広げてやるわけです。
 さあ、これで柔らかく、まっすぐに立てたはずです。
実際に声を出しましょう。
(1)
パントマイムで右手に殻をむいた、ゆでた卵を持ってください
(2)
あくびをします
 奥歯と奥歯の間を広く開けてやると、のどは自然と奥まで広がります。
(3)
口にゆで卵を縦のまま入れ、低い声で「あ~」と出してください
 ゆで卵は、声の塊だと思ってください。
(4)
あくびで開いた喉に、ゆで卵を落としていきます
 食道を抜けて、胃をめざします。声は自然と低くなっていきます。
(5)
おへその下の丹田まで落とします
 ここまでゆで卵が落ちれば、音程はその人がだせる最も低い水準まで下がります。
 お風呂でシャワーを浴びながら、シャワーの音に紛れさせて、という方法をおすすめします。体を温めながら、湯気で喉も保護されますから、発声練習には適しています。毎日たった1分でも続ければ効果は絶大です。
 低音を集中的に鍛えることで、発声に必要な腹筋が自然に鍛えられます。さらに声帯も柔らかくしなやかになるので、高い声もでるようになります。
 マスターし、自らの声のコントロール力が上がれば「大きな声で、ハッキリと、テンポよく」声を出すなど、ぞうさもないことです。
(
平田オリザ:1962年生まれ、劇作家、演出家。劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人、大阪大学教授、日本劇作家協会理事。淡々とした会話とやりとりの「静かな演劇」スタイルを打ち出した)

|

« 子どもたちの体に届き染みこませる発声の練習 | トップページ | 話し言葉の語尾が弱く消える人が多い »

教師の話しかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発声のトレーニング:

« 子どもたちの体に届き染みこませる発声の練習 | トップページ | 話し言葉の語尾が弱く消える人が多い »