« Aについて聞きたければBから聞いてみるとよい   | トップページ | いろいろな表情を使い分け指導に活かすと、子どもから慕われるようになった »

授業で大切な表現力をどのようにして身につければよいか

 表現力は非常に大切です。なぜなら、授業で伝える内容が申し分なくても、表現力が乏しいと、伝わらないからです。必要なことを効果的に印象付ける力が表現力です。授業者である教師の見え方、聞こえ方すべてが表現力を構成する要素です。
 教師が嫌いだから勉強したくないということもあるでしょうし、授業における表現がへただからわからなくなってその教科が嫌いになるということもあります。
 研修ではお辞儀と挨拶を徹底的にスマートに行います。そして発声練習。明るくはっきり、大きな声が基本です。教師の熱意や頑張りを子どもたちに伝えるためのものです。
 教師は、子どもたちの心を揺さぶり、動かしていかなければいけません。そのためのエネルギーを常に発散させなければならないのです。
 表情の練習も加えていきます。教師が一生懸命頑張っているという表情です。そして教師自らが楽しんでいる表情です。苦しそうではダメです。つまななさそうでもダメです。教師が楽しんでいなければ、子どもたちも楽しめません。頑張っていることが楽しいという姿勢です。
 ただし、メリハリは大切ですから、真顔の練習もします。そうした表情のメリハリだけでも、子どもたちが「あ、まずいな」と、コントロールすることができるようになります。
 大事なのは目の動きです。教室では、せかせかせず、いかもまんべんなく見ていくことが重要です。しかも、目だけで追ってはいけません。体ごと、一人ひとりの子どもと正対するようにします。肩から向かなければダメです。かなりゆっくりとしたスピードでないと、伝わりません。子ども役をやってみると、見ているつもりでも、見ていないことが多いということがわかります。それがわかって初めて、自分の行動が改善できるようになるのです。
 早口が悪いのは、聞き取れないほかに、間がないからなのです。間が重要です。子どもが受け取って頭に定着させるための間です。
 教師は、「一生懸命に教えたのだから、伝わったはず」しいう錯覚を起こしやすい。教えたことが伝わっていないとしたら「私の伝え方が悪い」と理解してほしい。
 今の時代は、授業研究や教材研究だけでは準備は整わないのです。その内容をどうやって効果的に子どもたちに伝えるかということのほうが大切なのです。
 人から発せられる情報の伝達力は、話の内容よりも、声の表情、身振りや顔の表情など見え方にあると言われています。
 自分に似合わないテクニックに走ってもうまくいきません。苦手なことを底上げすることも大切ですが、むしろ、得意なことでどう勝負するかが大事だと私は思っています。いいものがあるのであれば、それを売って商売にするのがプロです。
 だから、自分の売りは何なのか、それに磨きをかける必要があるのです。性格も含めて、自分をどう使って表現するかなのです。
 もし、自分が子どもたちに好かれていないと感じたら、表現力を磨き自分をうまく印象付けられるようになれば、関係はプラスになります。
 やぼでも子どもたちが「自分たちのために考えて、やってくれている」と気づいてくれれば、子どもたちも変わるはずです。
(
大矢 純:1966年岐阜県生まれ、数学の授業や教員育成などの経験をもとに、2009年授業学研究所を設立。未来の日本を担う子どもたちのために、授業学の確立と普及を行っている。各地の学校で研修や講演、コンサルティングを行っている)

|

« Aについて聞きたければBから聞いてみるとよい   | トップページ | いろいろな表情を使い分け指導に活かすと、子どもから慕われるようになった »

教師の身体表現力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 授業で大切な表現力をどのようにして身につければよいか:

« Aについて聞きたければBから聞いてみるとよい   | トップページ | いろいろな表情を使い分け指導に活かすと、子どもから慕われるようになった »