« なぜ学級崩壊が起きるのか、その原因と対策 | トップページ | 授業を進めるうえで最も重要な技術は話し方である »

運はネクラの人には寄りつかないようである

 運命にもいろいろあって人力ではどうしようもないものもあれば、私たちの心でどうにでもできるものもある。
 大別して三つあると思う。生まれたときから、わかっている大運がひとつ。これだけは自然の流れにまかせるしかない。
 つぎに中運で、自分の両親や生まれたところの環境などの影響によるもので、これもおよその運は決められており、やはり自然の流れのままになる。
 そして小運は、自分の意志でどうにでも動かせるもの。私たちが日常ぼやいているものは、もっぱら小運のほうである。就職、結婚、健康、財産、人間関係の問題などに関しては小運により大きく左右される。
 こちらの運は、当人の行動力の優劣で、花が咲いたり、ツボミのままだったりするのである。したがって天をうらんだりするのは筋違いである。
 運を一つにまとめて考えると、自分には自分に与えられた道があり、その道は他の人には歩けない道である。
 医者である私がいうのは少し抵抗があるが、人間には明らかに運と不運がある。その差ははなはだ大きいが、幸い努力を積んでいる人には運がよく訪れるし、ふだんからいいかげんに生きている人には、やはり運の巡り会いは少ないようである。
 人間は、目に見えないみちびきの力によって支配されている。誰も自分から病気になろうとは思っていないだろう。それが突然、苦しみだす。そこから先も、運のよい人、悪い人に分かれる。
 ある若い男性が苦しみながら、私の病院へやってきた。急激な腹痛を訴える。調べてみると結石が尿管につかえて激痛を訴えていたのである。たいていは1センチ以内のものが多く、排尿とともに排出される場合が多い。その患者はその日のうちにトイレで小さな音をたてて落ちた。つまりこの人は運がよかったのである。
 激痛があった場合は、シロウト判断せず、早く医者に診せるのが一番である。患者さんのなかには「運が悪い、悪い」とブツブツいっている人がいる。そう思うから運がよりつかないのである。
 運はネクラの人には寄りつかないようである。ネアカの人を好むようである。どんなときでも明るく、愉快に、楽しく、失望せず、落胆せず、黙々とがんばっている人に、運が飛び込んでくるのである。
 人の運は勝手にやってくるのではない。ああもしたい、こうもしたいとエネルギッシュに動きまわっている人には、それだけ運がよく巡ってくるのだ。自分の運は自分でつくりだすものである。
(
西川 鐃:1904年山梨県生まれ、元西川病院長(現西川クリニック)90歳を越えて病院長を務め、人間愛的視野に立ち心と体に関する講演や執筆をした)

|

« なぜ学級崩壊が起きるのか、その原因と対策 | トップページ | 授業を進めるうえで最も重要な技術は話し方である »

人間の生きかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運はネクラの人には寄りつかないようである:

« なぜ学級崩壊が起きるのか、その原因と対策 | トップページ | 授業を進めるうえで最も重要な技術は話し方である »