« 子どもは笑わせるにかぎる | トップページ | 国語科:授業で文学を味わう »

さまざまな問題に対処するには、教師は人間関係のプロでなくてはならない

 問題山積みの教育現場で、さまざまな問題に有効に対処するには、教師は「人間関係のプロ」でなくてはならない。
 教師は自前で人間関係のスキルを磨くほかないのである。その人間関係には定石があり、それを具現化したものが、カウンセリング・テクニックなのである。
 教師にありがちなのが、自分の言っていることが「正しいか正しくないか」にだけしか注意が向かないことである。「正しいこと」を言うことよりも、それをどう伝えるかのほうが重要なのです。
 大切なのは「正しいこと」を言うことではない。どんなふうに伝えれば、自分の言いたいことを、相手を傷つけることなく、伝えることができるか。そちらのほうが、より重要である。たとえば、
(1)
相手に伝えたいことがあるときは、まず、相手の話を聴いたうえで、相手の自尊心を損なわない仕方で、自分の言うべきことをわかりやすく伝えること。
(2)
自分の考えを言うとき、それを言うことが、相手にどんな影響を与えるか考えよ。
(3)
相手が興奮しているとき、さらに追い詰める一言を放ってはならない。火に油を注ぐだけである。しばらく「間」を置き、クールダウンすること。
(4)
相手を落ちつかせたかったら、まず自分が落ちつくこと。ゆったりとしたペースでやわらかい口調で語りかけること。
(5)
相手の話を理解したら、理解していることを言葉や態度、表情で伝えよ。
(6)
自分がカーッとなったとき、それをそのまま言動に移さず、一呼吸置くべし。
(7)
同じ内容でも、どんな言葉、どんな言い方であれば相手が抵抗なく聴くことができるか、相手によく伝わるか、考えてから言葉にせよ。
 ざっと思い浮かべただけでも、これだけある。
 こうした人間関係の定石を、具現化したものが、カウンセリング・テクニックなのである。
(
諸富祥彦:1963年生まれ、明治大学教授,臨床心理学、カウンセリング心理学、現場教師の作戦参謀としてアドバイスを教師に与えている)

|

« 子どもは笑わせるにかぎる | トップページ | 国語科:授業で文学を味わう »

教師と子どもの関係づくり」カテゴリの記事

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さまざまな問題に対処するには、教師は人間関係のプロでなくてはならない:

« 子どもは笑わせるにかぎる | トップページ | 国語科:授業で文学を味わう »