« クラスを立て直すにはどのようにすればよいか | トップページ | 元気で仲の良いクラスにする簡単で効果抜群の「宝物ファイル」 »

学級のルールを守らせるにはどのようにすればよいか

 担任も子どもたちも学級をよくしたいという気持ちは同じです。しかし、願いと実際の姿とのあいだにずれがあります。学級をよくするために学級の実態に合ったルールが必要になります。
 担任は学級のルールを何にしてよいか、決められたルールを守らせるにはどのようにすればよいか悩みます。
 学級で決めるルールには
(1)
担任の願いが伝わりやすくする(例:話を聞くルール、活動の始め方・やめ方のルール)
(2)
子ども同士の関係を密にする(例:聞き方・話し方のルール、グループの取り組みのルール)
(3)
自分ですべきこと(例:物の扱いや時間の使い方のルール)
など様々です。
 ルールを守るべきだということは、誰もが知っています。しかし、わかっていてもできないのが子どもです。
 教師は、ルールを守れない子どもを責めることになります。その結果、できない子どもを敵に回してしまうことがあります。
 教師は自分の力で何とかルールを守らせようと努力しますが、すぐにうまくなるわけではありません。教師はルールを徹底させるための指導を繰り返し経験するなかで、何が必要かつぎのようなことを徐々に学んでいきます。
(1)
ルールを守ることの大切さがわかっても、できない子どもが多い。
(2)
仲間に支えられながら、しだいにできるようになる子どもがいる。
(3)
ルールを守ることで意識が変わることが実感できる。
 ルールが守れるように頑張ろうとする子どもの立場になりながら、子ども同士でルールを守るための取り組みかたを工夫するようにします。
 例えば、決められたルールが多すぎると、徹底させることが難しくなります。
 一つのルールを守ることを徹底することができれば、これが子どもたちにとって成功体験になり、その体験を生かして、子どもたちに別のルールを守らせる指導に役立てることができます。
(
須田敏男:1954年岐阜県生まれ、岐阜大学卒、岐阜県公立小学校教頭。全国教頭会副会長)

|

« クラスを立て直すにはどのようにすればよいか | トップページ | 元気で仲の良いクラスにする簡単で効果抜群の「宝物ファイル」 »

学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級のルールを守らせるにはどのようにすればよいか:

« クラスを立て直すにはどのようにすればよいか | トップページ | 元気で仲の良いクラスにする簡単で効果抜群の「宝物ファイル」 »