« 知識注入型授業から全身的で共同的な学びへ | トップページ | 疑問をそのまま学習問題にしてしまうと、子どもの思考をさまたげ意欲を衰退させる »

我慢できなくなった子どもたちに対して、指導方法を多様にして学習ばなれを防いでいる

 子どもたちの学習ばなれ、学力低下はさまざまな調査で指摘されてきている。
 ただ、子どもたちの変化は学力だけではない。取材に行くと、学校の教師が口をそろえて出てくる言葉がある。「子どもが我慢できなくなった」と言う。
 学校現場で取っているその対策は、たとえば、
 子ども一人ひとりの理解状況に応じて指導形態を変える方法です。習熟度別にいくつかクラスを設けて、子どもの能力に合わせた、ていねいな指導を行っています。
 以前は反発がありましたが、今では小学校で7割、中学校では6割以上の学校で実施しています。これだけ多くの学校が実施し、増えているということは、授業が理解しやすく、保護者も納得しているからでしょう。
 このほかに、グループ学習などを取り入れたり、子ども同士でペアを組んで学習に取り組むなど、小規模の学習集団をつくって授業が展開されることが増えてきた。
 教師から一方的に知識を伝え、教え込ませるという授業スタイルから、少人数の中で、子ども同士が学び合い、教え合いができる仕掛けを授業の中で工夫されてきています。その結果、子どもたちの学習に対する意欲が高まっています。
 また、総合的な学習の時間では、自然体験や職場体験を行い、自然や社会とのつながりのなかで、学習の意欲を高めていこうと取り組んでいる学校も増えています。
 それと、習熟度別の授業で、どのクラスを選ぶのかを子どもの判断にゆだねたり、総合的な学習の時間や中学校での選択授業でも、テーマや教科を自分自身で選んでいくなど、複数の選択肢を用意して、自己決定させる機会を増やしています。これは、自ら考える力を育てるために役立つと思います。
(
小泉和義:ベネッセ教育総合研究所・情報編集室長。全国の小・中・高校の現場を取材し、子どもたちの実態や学校での指導課題を踏まえ、教育に必要なことは何かを発信している)


|

« 知識注入型授業から全身的で共同的な学びへ | トップページ | 疑問をそのまま学習問題にしてしまうと、子どもの思考をさまたげ意欲を衰退させる »

授業のさまざまな方法」カテゴリの記事

学習指導・学力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我慢できなくなった子どもたちに対して、指導方法を多様にして学習ばなれを防いでいる:

« 知識注入型授業から全身的で共同的な学びへ | トップページ | 疑問をそのまま学習問題にしてしまうと、子どもの思考をさまたげ意欲を衰退させる »