« 目の前にあることを夢中にひたむきにやることから道と運が開ける | トップページ | 人と仲よくなれないとき、どうすればよいか »

とらわれをなくし自分の欲求や感情を優先すれば喜びに満たされるだろう

 マザー・テレサが設立した孤児院の壁につぎのようなことが書かれていたという。
「人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい」
「あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。気にすることなく、善を行いなさい」
「目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。気にすることなく、やり遂げなさい」
「善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。気にすることなく、善を行いつづけなさい」
「あなたの正直さと誠実さが、あなたを傷つけるでしょう。気にすることなく、誠実でありつづけなさい」
「あなたが時間をかけて築き上げたものが、ひと晩で壊されるでしょう。気にすることなく、つくりつづけなさい」
「助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく、助けつづけなさい」
「あなたの中の最良のものを世の中に与えつづけなさい。蹴り返されるかもしれません。気にすることなく、最良のものを与えつづけなさい」
 この詩を愛したマザー・テレサの志の一端がうかがいしれる。あなたは、自分を信じるだけでいい。あなたは”いま”自分の「小さな願い」を叶えてあげるだけでいい。
 どんなネガティブな人でも、1パーセントの望みをあきらめないで時間さえかければ、必ず形になっていく。私の長年のカウンセリングの経験からはっきりといえる。
 1パーセントの望みを実行しているときは、100パーセントに近い満足感を覚えているだろう。この満足感が無意識の無限の力を引っ張りだす。
 深い充実感があれば、やがてそれに注ぐエネルギーも増えていくだろう。ある時点から、望みが叶う確率は倍々のスピードで増加していくだろう。確かな実感を覚えれば、あなたはもっとそれに専念したくなるに違いない。
 あなたは、試しもしないで「自分には能力がない」と思い込んできたかもしれない。人生は「自分の実感通り」に展開する。自分の無意識は、自分の望む通りの人生を創っている。
 経験的にそれを知っている人たちは、自分のやりたいことを楽しみながら、経済的豊かさも大切な人たちの愛も得ている。あなたがそれを教えてもらえなかっただけである。
 まずは、人の基準や社会の規範に自分を当てはめようとするのではなく、自分の感情や欲求に気づき願いを叶えてあげることから始めよう。そうすれば、あなたの人生は”すでに”輝かしいものとなっている。
(
石原加受子:心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱、「自分中心心理学 オールイズワン」代表。厚生労働省認定の「健康いきがいづくり」アドバイザー)

|

« 目の前にあることを夢中にひたむきにやることから道と運が開ける | トップページ | 人と仲よくなれないとき、どうすればよいか »

人間の生きかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とらわれをなくし自分の欲求や感情を優先すれば喜びに満たされるだろう:

« 目の前にあることを夢中にひたむきにやることから道と運が開ける | トップページ | 人と仲よくなれないとき、どうすればよいか »