« 教師に求められている教師力 | トップページ | あいさつのしかた、大切さを知らない教師 »

教師のもっともいい姿は新鮮で謙虚なこと

 教師のもっともいい姿は、新鮮だということと謙虚だということですよ。
 中学生なんていうのは生意気でね、まだ小さいのに、なんとも言えない誇りをもっているのよ。だからちょっとでも未熟というふうに見られるのは、大人が想像できないほど嫌いですよ。
 大村が同じ教材を使わなかったのは、教室へ出る自分の姿をよい状態で保つためでした。
 新しいものを持って教室に出るというときの気持ちは、うまくいくかしらと心配で、謙虚になっている。その少し心配している気持ちがとても子どもに合うのよ。
 新鮮で謙虚ということを間違いなくやろうと思ったら、新しい教材に限るんです。苦労することなく、自然に、よい状態を保つことができる。
 手慣れてくるとあぶない。
(
大村 はま:19062005 長野県で高等女学校、戦後は東京都公立中学校で73歳まで教え、新聞・雑誌の記事を元にした授業や生徒の実力と課題に応じた「単元学習法」を確立した。ペスタロッチー賞、日本教育連合会賞を受賞。退職後も「大村はま国語教室の会」を結成し、日本の国語科教育の向上に勤めた)

|

« 教師に求められている教師力 | トップページ | あいさつのしかた、大切さを知らない教師 »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師のもっともいい姿は新鮮で謙虚なこと:

« 教師に求められている教師力 | トップページ | あいさつのしかた、大切さを知らない教師 »