« 子どもたちを指導するときの私の魔法の言葉「わかるけどあかん」 | トップページ | 子どもは自分が認めてもらえると、初めて教師という人間を認めるのです »

子どもをコントロールできなくなった

 時代とともに子どもは変わってきた。
 1970年代まで、子どもの多くは操作可能な存在に近かった。教室に入ってきた教師の表情を見ただけで、自分の席にすわり前を向いて静かにしていなければならない、と察することができた。
 しかし、1980年代になると、教師にとって高校生はしだいに操作しにくくなり、1990年代になると、小学生・中学生までもが、操作可能な存在ではなくなりはじめた。いわゆる「学級崩壊」の始まりである。
 子どもたちは、教師が大声をだしても、気に入らないと思えば、教師の指示を無視するようになった。
 現代の子どもの多くが、教師にも親にも、権威を見いださず、他人からさしずされることを嫌悪するようになった。
 このような子どもたちを教育技術や教育方法でコントロールすることが難しいと教師たちは実感するようになった。つまり、教育方法では解決できない根本的な教育問題が立ち現れてきた。
 今、問われているのは子どもの「教師の注意をきく」という態度が失われていることである。すなわち、こうした「子どもの教育受容という態度」(=教育装置)の喪失である。
 これまでは、教育方法を問題にしていればよかった。しかし、この教育装置の喪失が問題であるとするならば、いくら教育方法を考えても、現代の教育問題を解決することはできないだろう。
(田中智志: 1958年生れ,山梨学院大学教授を経て東京大学教授。専攻は教育社会学、教育思想史)

|

« 子どもたちを指導するときの私の魔法の言葉「わかるけどあかん」 | トップページ | 子どもは自分が認めてもらえると、初めて教師という人間を認めるのです »

教育史(教育の歴史と変化)」カテゴリの記事

学級崩壊」カテゴリの記事

子どもの指導の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもをコントロールできなくなった:

« 子どもたちを指導するときの私の魔法の言葉「わかるけどあかん」 | トップページ | 子どもは自分が認めてもらえると、初めて教師という人間を認めるのです »