« 保護者から直接、校長へのクレームが多い | トップページ | 子ども指導のバリエーションを考える »

注意で子どもを動かしている教師は学級崩壊に陥る?

 注意や叱責で子どもを動かそうとしている教師は意外と多くいます。
 最初は教師の注意が怖くて、注意されたことに従うことが多いでしょう。しかし、それは新たな行動や考え方を獲得したのではなくて、教師の怒りを収める対応にすぎないので、子どもは同じような行動を繰り返します。
 そして、子どもは教師の注意や叱責にだんだんとなれてきます。したがって、注意で子どもを動かしている教師は、だんだんと自分の指示が通らなくなってくるのです。これは学級崩壊で苦しむ8割近くの教師が陥る盲点です。
 注意のあとの指導の方が大事なのです。注意のあとのフォローは、子どもたちが指導された行動にいたるために有効です。子どもたちの感情の高まりを静め、冷静にどのように行動すべきかを考え、行動に移す意欲を喚起します。
 そう考えると、注意や叱責で子どもを動かそうとするよりも、ほめて子どもを動かすほうが、次の指導に向かわせやすいことがわかるでしょう。
(河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育学部教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

|

« 保護者から直接、校長へのクレームが多い | トップページ | 子ども指導のバリエーションを考える »

学級崩壊」カテゴリの記事

子どもの指導の方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注意で子どもを動かしている教師は学級崩壊に陥る?:

« 保護者から直接、校長へのクレームが多い | トップページ | 子ども指導のバリエーションを考える »