« 荒れている子どもをどう指導すればよいか | トップページ | 覚醒剤をやめさせるには »

教師をだますような生徒がいるときの対応

 長野市の私立篠ノ井旭高校(現・長野俊英高)が、1978年に非行などで全国の高校を退学になった生徒を積極的に受け入れた。
 当時、全国に例をみない取り組みだっただけに、先生たちの苦労は、なみたいていではなかった。若林繁太は何度、途中で投げ出そうと思ったかもしれない。それに耐えることが教育なのだと教師たちとともに励まし、いたわり合いながら進めてきた。
 だまされても、だまされても生徒を信じ抜くことは口では容易にいえるが、実践は大へんである。また、だまされることを知りつつ、信ずることも大へんなことである。しかし、これは教育の基本的な部分なのである。
 この大へんな取り組みも、教師仲間の励ましで負担が軽くなるものだ。教師集団の意識統一が大切なのもこのためである。
 この取り組みで得た最も大きな収穫は「駄目な子はいない」ということであった。よほどの生徒であっても、個人的に会うと、淋しがり屋で、心はほんとうに純真であった。そんな生徒が、立ち直れないはずがない。誰かが、どこかで、指導していかねばならないと思う。その誰かは、自分だと思ってほしい。
 日本中の教育者が、そんな気持ちになってくれたら、素晴らしいことだなあ、といつも若林繁太は念じた。どうか、皆で、この教育荒廃を乗り越えよう。理論よりまず実践が大事である。やれば、何とかなるものだ。まず、皆で始めよう。自分の一生に悔いの残らぬよう。
 こんな仕事をやっていることに生きがいを感ずる若林繁太は幸福だと思った。それは、精一杯、生徒と取り組んだ後には、とくに、そう感ずるのである。
(若林繁太 19252007年、私立篠ノ井旭高校(現・長野俊英高)教諭・校長、読売教育賞受賞、「落ちこぼれを出さない教育」をめざし非行歴のある生徒や中退者を積極的に受け入れる。著書『教育は死なず―どこまでも子どもを信じて (1978)』がベストセラーとなり、映画化もされた)

|

« 荒れている子どもをどう指導すればよいか | トップページ | 覚醒剤をやめさせるには »

問題行動の指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師をだますような生徒がいるときの対応:

« 荒れている子どもをどう指導すればよいか | トップページ | 覚醒剤をやめさせるには »