« どのようにすれば教師は子どもに信頼感を与えることができるか | トップページ | 子どもが考えるよい先生とは »

指導力のある優秀な先生とはどのような人なのでしょうか

見方や考えかた、立場によって異なりますが列挙してみます。
(1)
教育技術も人間性も優れている。
(2)
向上心があり教師として学び続けている。
(3)
父性原理と母性原理のバランスがとれている。
(4)
ほめる・叱ることに一定の基準と方向性がある。
(5)
優しさのなかに、毅然としたものがある。
(6)
学級集団を統率する力がある。
(7)
わかりやすく教え、悪いことはきちっと注意する。
(8)
授業がうまく子どもを引き付けることができる。
(9)
授業にメリハリがある。集中して楽しませる技がある。
(10)
言葉に切れがある。元気で活気がある。わかる話し方や朗読の力がある。
(11)
オリジナルな教材を多く持っている。
(12)
説諭・説得する力がある。けんかやトラブルを納得のいくように解決する力がある。
(13)
おもしろくて、ユーモアがある。
(14)
だれにでも公平。
(15)
一人ひとりのよさを認める。
(16)
子どもの言い分をよく聞いてくれる。
(17)
子どもと一緒に楽しめる柔軟さがある。
(18)
寛容で許容の幅が広い。
(19)
服装に清潔感がある。
(20)
好奇心を持ち子どもとよくしゃべり、一緒に考えることがてきる。
(21)
子どもの心をとらえ、しみこんでいく話ができる。
(22)
先生自身のことを語ることができる。
(23)
正義を通す。
(24)
面倒見がよい。

|

« どのようにすれば教師は子どもに信頼感を与えることができるか | トップページ | 子どもが考えるよい先生とは »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指導力のある優秀な先生とはどのような人なのでしょうか:

« どのようにすれば教師は子どもに信頼感を与えることができるか | トップページ | 子どもが考えるよい先生とは »