« けんかは両成敗にするのがちょうどいい | トップページ | 子どもが反抗的や無気力になるのは »

子どもの問題行動の本質はつながりだ、どう指導すればよいか

 子どもの問題行動は、人とうまくつながれず、行き詰まっているところに行き着く。いじめも、人や家族とうまくつながれないイライラやわだかまりが、他の子に向かうことで起きる。少年院に来る子も同じだった。
 子どもたちの見せるさまざまな問題行動は、人とうまくつながれない葛藤の表れであり、できるだけ早い段階でそこをすくい上げ、丁寧に見てあげることが大事である。いけない行動だけを見た指導で終わらせてはならない。問題行動は人とのつながりを学ぶ大事な経験であり、仕切り直しをするチャンスなのである。
 私が関わった問題の9割以上のケースに改善が認められる一方で、なぜかうまくいかないケースがある。その違いの要因を探っていくと、教師や親の関わり方に同じ共通点があることがわかってきた。
 いい方向に変わっていくケースというのは、教師にしても親にしても、自分自身を柔軟に変えていける場合だ。
 自分自身の視点のズレに気づき、視点を切り替え、新しいスタンスで動いていくことができる。子どもの問題行動の意味を理解し、子ども目線で一緒に考えられるために、子どもとつながるのも早い。そこが安心の居場所となるために、改善がスムーズなのだ。
 一方、なかなか変わらないケースは、自分のこれまでの見方にとらわれて、どうしても切り替えられない場合である。
 いけない行動という視点から抜けられず、問題の意味や背景を踏まえて、理解しようとすることができない。「そんなことしても、どうせ無駄」「変わりっこない」と最初から決めてかかっていて、日々の関わりもこれまでと同じ対応になる。「やっぱり変わらない」と嘆いてしまう。
 頑なに自分の経験則にとらわれ、視点が切り替わらないと、こう着状態が延々と続くことになる。しかし、関わり方のささいな部分を変えただけで、翌週から事態が動き始めたりする。
 かたくなに動こうとしてくれなかった人でも、何かをきっかけにストーンと腑に落ちると、視点が切り替わる。すると、子どもも変わり始める。こんなことで、変わるのだと初めて納得してくれる。
 周囲の大人のつながる力が問われているということだ。結局、問題改善のために何が一番大切かといえば、私たち大人が、子どもの問題を通して子どもと共感的につながり、共に考えていける関係になることなのである。
 それだけで、問題の半分以上が改善するといっても過言ではない。なぜなら、それこそが、子どもが安心して育つ環境になるからである。
 子どもが育つのは、安心と信頼の土壌の上である。自分を理解してくれる周囲の大人に見守られる中で、初めて足元が定まり、自分らしく育っていけるのだ。そんな大人たちの中で、つながり方も学んでいく。
 いじめ、不登校、ひきこもり、虐待、自殺といった問題は、どれも、うまくつながれない子どもの叫びであり、それはそのまま私たち大人が抱える問題の表れなのだ。
 子どもの問題を通して、私たち大人が自分の問題として受け止め、子どもに寄り添う中で、共に成長していけたらと思う。
 周囲の大人がその子を見る視点や意識が変わったとき、子どもが育ち、生まれ変わることができるのである。
(
魚住絹代:1964年生まれ、大阪府教育委員会スクールソーシャルワーカー。1982年法務教官となり、以後、福岡、東京、京都の少年院に12年間勤務。非行少女の立ち直りに携わる。2000年に退官後は京都医療少年院で音楽療法の講師となるかたわら、2002年から、大阪府の公立小・中学校に、スクールサポーター、家庭教育サポーターとして勤務。子ども、家庭、教師の相談支援をしている)

|

« けんかは両成敗にするのがちょうどいい | トップページ | 子どもが反抗的や無気力になるのは »

教師と子どもの関係づくり」カテゴリの記事

問題行動の指導」カテゴリの記事

子どもと向き合う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの問題行動の本質はつながりだ、どう指導すればよいか:

« けんかは両成敗にするのがちょうどいい | トップページ | 子どもが反抗的や無気力になるのは »