« 学級指導 | トップページ | 現在の子どもたちの特徴とは »

子どもはマンネリがきらい、変化をつけ新鮮にすると子どもはいきいきとしていく

 大人もくどいことや繰り返しはきらいですけれど、子どもは、その度合いがいっそう強くて、子どもほど、マンネリがきらいな人はありません。
 「二度言うとかぜをひく」ということわざもありますが、二度めというのは、どんなことであっても魅力が少ないようです。
 めずらし好みで言うのではありませんが、子どもの心に訴えたいと思ったら、新しい方法に限ります。二度めだったら、どんなに成功したことのある方法でも、多少つや消しになるのはまちがいありません。
 授業中の子どもへの問いかけでも、言い方をどんどん変えていきます。二度は同じ形で聞かないようにして、変化をつけます。
 変化があると、子どもはいきいきしていきます。新鮮というか、眠っていない状態になります。教室というところは毎日活動するところですから、そういう小さなことで少しずつ少しずつ揺すって、雰囲気を更新していくのです。
(
大村はま:19062005年、長野県で高等女学校、戦後は東京都公立中学校で73歳まで教え、新聞・雑誌の記事を元にした授業や生徒の実力と課題に応じた「単元学習法」を確立した。ペスタロッチー賞、日本教育連合会賞を受賞。退職後も「大村はま国語教室の会」を結成し、日本の国語科教育の向上に勤めた)


|

« 学級指導 | トップページ | 現在の子どもたちの特徴とは »

子どもの実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもはマンネリがきらい、変化をつけ新鮮にすると子どもはいきいきとしていく:

« 学級指導 | トップページ | 現在の子どもたちの特徴とは »