« 自由な意見表明で一部のグループの支配をなくす | トップページ | 私の学級には恐怖はない、静かで礼儀正しい安らぎの場所である »

担任はビジョンをしっかり持て

  北星余市高校の教師として初めて担任を受け持ったとき、私は最初、どの生徒も勝手なことばかりしているバラバラな教室を見て、「このクラスはいったいどうなるんだろう」と途方にくれたものだ。しかし、担任の自分が「どうなるんだろう」と他人事のように考えていたのではダメだということに、すぐ気づいた。
 教師が考えるべきなのは、「このクラスをどうするか」ということだ。まずは自分が「どんなクラスにするのか」という目標を掲げ、それに向かって生徒たちを引っ張っていく、つまり「ビジョン」しっかり持つということだ。そのビジョンがなかったら、何年たとうがクラスはどうにもならない。
 そして、ビジョンを明確に持っている教師は、指導を明確に行うことができる。たとえば「みんなで力を合わせて最後までやり遂げるクラス」というビジョンを掲げたなら、非協力的な態度を取ったり途中で諦めたりする生徒がいたときは、躊躇なく叱りとばすことができるだろう。
(
義家弘介:1971年生まれ、高校で退学処分となった不良が、北星学園余市高校の教師となり活躍する。後に横浜市の教育委員、教育再生会議担当室長を経て国会議員となる)

|

« 自由な意見表明で一部のグループの支配をなくす | トップページ | 私の学級には恐怖はない、静かで礼儀正しい安らぎの場所である »

学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 担任はビジョンをしっかり持て:

« 自由な意見表明で一部のグループの支配をなくす | トップページ | 私の学級には恐怖はない、静かで礼儀正しい安らぎの場所である »