« 「学びの共同体」づくりの教育改革は多くの子どもたちに支持されている | トップページ | 構成的グループエンカウンターによる「子どもたちの自己の確立」(1) »

「けんか」することで、「けんか」から学ぶことがたくさんある

 対等な関係のけんかは、重大な事故やケガにつながらない限り、放っておけばいいのです。
 人間同士のぶつかりあいを避けていては、自己の成長も得られませんし、相手への本当の理解や敬意も生まれません。
 人とのかかわりは、自分を成熟させてくれる大きな要因ですが、いまは社会全体を通じ、人とのかかわりを避ける風潮が広がりつつあるといわれています。
 けんかを通じて子どもたちが学ぶこともたくさんあります。
(1)
世の中には自分と違う考え方をする人間がいる。
(2)
自分の何気ない一言が相手を傷つけることもある。
(3)
卑怯な行為は責められる。自分にも悔いをのこす。
(4)
自分がいつも正しいとはかぎらない。
(5)
本気でぶつかった結果、嫌いだった相手が大好きになることもある。
(6)
逃げずに正面から相対すれば、分かり合えることが多い。
 多様な人間や価値観と出会い、そこから何かを学びとる機会を大人が奪ってはなりません。それは、いくら理屈で説明されようと、体験を通じて学ばなければ身にしみこんでいかないことがらです。
 ときに痛い思いをしながら経験を積むからこそ、たくましさが育ちます。
 自らトラブルに正対しなければ、トラブルを解決する力はつかないのです。
(野口芳宏:1936年生まれ、元小学校校長、大学名誉教授、千葉県教育委員、授業道場野口塾等主宰)

|

« 「学びの共同体」づくりの教育改革は多くの子どもたちに支持されている | トップページ | 構成的グループエンカウンターによる「子どもたちの自己の確立」(1) »

問題行動の指導」カテゴリの記事

子どもたちの関係づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「けんか」することで、「けんか」から学ぶことがたくさんある:

« 「学びの共同体」づくりの教育改革は多くの子どもたちに支持されている | トップページ | 構成的グループエンカウンターによる「子どもたちの自己の確立」(1) »