« 学級崩壊に向かう学級は枠組みが弱い | トップページ | 学級に安心感を創りだす生活ルールとは »

子どもが受け入れる叱り方

 問題の多いクラスでは、叱る場面がどうしても多くなります。子どもとぶつからない叱り方を工夫していきましょう。
 「何であなたはいつもそうなの」と叱る時の主語は「あなた」です。これだと先生の価値観を押しつけていることになります。教師が「いつも」と言えば「いつもではありません」と子どもは屁理屈を言います。
 教師は感情的になり、子どもの自尊心を傷つける言葉を言って、子どもはますますふてくされていきます。
 こんなときは、「先生ならこうするな」と先生を主語にして叱ります。こうすると客観的に物事を見て、興奮することなく冷静に叱れます。
 これで、子どもは「先生はそう思うんだ」と相手の立場になって物事を考えようとします。
 また、子どもが「でも・・・」と反論しても、「なるほどきみはそう思うんだ」と子どもの言い分を認める余裕が生じます。
 子どもが不満気な顔をしても「どうすれば良かったのかな?」と問いかけます。その問いが、子ども自身で問題解決をするためのきっかけになります。
(
城ケ﨑滋雄:1957年鹿児島県生まれ、千葉県公立小学校教師、教育委員会、不登校対策教員として不登校児童と関わる。荒れた学級の立て直し、小学校教師として教育情報雑誌「OF」等で情報発信している)

|

« 学級崩壊に向かう学級は枠組みが弱い | トップページ | 学級に安心感を創りだす生活ルールとは »

叱る・ほめる・しつける」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもが受け入れる叱り方:

« 学級崩壊に向かう学級は枠組みが弱い | トップページ | 学級に安心感を創りだす生活ルールとは »