« 子どもはマンネリがきらい、変化をつけ新鮮にすると子どもはいきいきとしていく | トップページ | ストレスにみちた学級を心の安定が得られる学級にするには »

現在の子どもたちの特徴とは

 現在の子どもたちの特徴は、
・あきっぽく、がまんができない
・傷つくこと、失敗することを恐れ、新しいことに取り組もうとしない
・おもしろくないことはしない
・家庭でしつけられていない、集団生活のマナーを理解していない
・うぬぼれが強く、自己主張的である
・対人関係を築いていこうとする意欲と技術が低い
・他人の気持ちを察することができない
・周りに流されやすい。ことの善悪よりも多数派につく
・しゃべる内容は大人だが、心はとても幼い
・知識と生活面での具体的な行動が一致していない
といったことが視うけられます。
 だから、現在の子どもたちは、教師が責任感から指示や指導をしても、子どもたちは受け入れようとしなくなったのです。
 教師と子どもたち一人ひとりとの関係ができていない中では、子どもたちは抵抗感をもってしまうのです。
 子どもたちへの対応が難しく、授業や学級経営がうまくいかないため、悩む教師が増えています。

|

« 子どもはマンネリがきらい、変化をつけ新鮮にすると子どもはいきいきとしていく | トップページ | ストレスにみちた学級を心の安定が得られる学級にするには »

子どもの実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現在の子どもたちの特徴とは:

« 子どもはマンネリがきらい、変化をつけ新鮮にすると子どもはいきいきとしていく | トップページ | ストレスにみちた学級を心の安定が得られる学級にするには »