« ストレスにみちた学級を心の安定が得られる学級にするには | トップページ | 学級崩壊によるストレスに圧倒されないようにするにはどうすればよいか »

今の子どものなかには、親の攻撃にさらされているケースがある

 今の親のなかに、子どものとき親から守られることを経験していないケースがある。
 そのような親は自分の子どもを守ることができないのです。それどころか、自分の苦しさを子どもに向けてしまうので、子どもが苦しさを背負わされているのが現状です。
 また、親に虐待されて育った子どもは「自分が親になったら、子どもには決して虐待をしない」と意識の上では思っていますが、実際に自分が親になると、自分の子どもに虐待をしてしまうのです。
 このような子どもたちに起こっている問題を解決するためには、根本的な原因である親の心を変えねばなりません。
 子どものとき親に守られずに育った親は、親との関係を解決して、無意識の世界が親に守られた世界になれば、今度は目の前にいる自分の子どもを「守る」ことができるようになります。
 そうすれば、自然と子どもの心も癒されて、問題行動が消えていくのです。私が、親との心理面接だけで、その子どもの問題が解決していく理由は、そこにあるのです。
(綱谷由香利:佐倉心理療法研究所所長。臨床心理士、分析心理学博士)

|

« ストレスにみちた学級を心の安定が得られる学級にするには | トップページ | 学級崩壊によるストレスに圧倒されないようにするにはどうすればよいか »

子どもの実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今の子どものなかには、親の攻撃にさらされているケースがある:

« ストレスにみちた学級を心の安定が得られる学級にするには | トップページ | 学級崩壊によるストレスに圧倒されないようにするにはどうすればよいか »