« 小学校低学年の学級崩壊の特徴  | トップページ | 私以外はみな私の師、教師が伸びていく上で最もたいせつな条件は素直さ »

若い教師に伝えておきたいこと

 教師は現場でしか学べません。教師同士がこっちの中学校では茶髪の指導がすごく厳しいのにあっちの中学校は「ゆるゆる」で、どうなんだろうかね、と現場の話で規則は相対化されるし、子どもは一面的には見られないなということが学べるのです。
 学年全体が荒れたときに私が言うのは「みんなしんどいけれども、いてよかったと思わなければだめだよ。こんな経験はまずできないんだから」ということ。
 成果主義の導入は、学校がバッシングされないための外部へのアピールにすぎない。
 学年が荒れれば学年なりのチームワークが発揮される。こうした組織力が軽視されすぎていると思います。多種多様な教師たちが組織的に対応することで初めて、子どもの多様性にも対応できるのです。
 荒れた中学校での経験から何がわかったかというと「一人で全部はできない」とか「スーパーマンがいてもだめなんだ」ということ。自分の弱さとか足りなさがわかった人間同士だからこそ、一緒にやっていけるのです。
(
赤田佳亮:1953年生まれ、横浜市立中学校教師 組合執行委員)
(
岡崎 勝:1952年名古屋生まれ、元名古屋市立小学校教師)




|

« 小学校低学年の学級崩壊の特徴  | トップページ | 私以外はみな私の師、教師が伸びていく上で最もたいせつな条件は素直さ »

先生の実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若い教師に伝えておきたいこと:

« 小学校低学年の学級崩壊の特徴  | トップページ | 私以外はみな私の師、教師が伸びていく上で最もたいせつな条件は素直さ »