« 語りかけ心の内に何ごとかを起こすことが教育    竹内俊晴 | トップページ | 授業技術に気をとられ、心から授業を楽しんでいない教師に教わっても、生徒は楽しくない »

子どもを知ることが教育で最大の仕事

 教師から問いを出して子どもから真実を聞き出すなんて無理なこと。子どもを知るというのはとにかく大変なことですよ。
 子どもを知ることは、教育の仕事で最大のものではないかしら。その力を持たずにいろんなことをやっても、うまくいかないというくらい。
 私は、子どもに問うて真実の答えは返ってこないと決めていました。そうではなくて、私がいろんな話をしていて子どもも面白く聞いているうちに、思わず子どもが自分から自然に出てくる話、そのなかにビンビンと感じるものがある、それを感じとるのが教師の力じゃないの。
大村はま:1906-2005年、長野県で高等女学校、戦後は東京都公立中学校で73歳まで教え、新聞・雑誌の記事を元にした授業や生徒の実力と課題に応じた「単元学習法」を確立した。ペスタロッチー賞、日本教育連合会賞を受賞。退職後も「大村はま国語教室の会」を結成し、日本の国語科教育の向上に勤めた)


|

« 語りかけ心の内に何ごとかを起こすことが教育    竹内俊晴 | トップページ | 授業技術に気をとられ、心から授業を楽しんでいない教師に教わっても、生徒は楽しくない »

教育の理念や思い」カテゴリの記事

子どもから学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもを知ることが教育で最大の仕事:

« 語りかけ心の内に何ごとかを起こすことが教育    竹内俊晴 | トップページ | 授業技術に気をとられ、心から授業を楽しんでいない教師に教わっても、生徒は楽しくない »