« 国語科:学習グループによる話し合い | トップページ | 算数科:子どもの言葉を生かし、子どもと共に算数の授業を創る »

社会科:面白くない授業とは?

 平成13年度は、510学級の授業を参観させていただいた。
 私が見せていただく授業は、いわゆる「研究授業」が圧倒的に多い。だから、授業参観後、指導講評なるものをしなければならない。これが待ちどおしい学校があるかと思うと、苦痛でたまらない学校がある。そのちがいは「授業のよしあし」である。
 私の役目は、授業の腕が上がるようにサジェストすることである。先生方にやる気を出させ、授業を楽しむようになってもらうことである。
 ところが、面白くない、内容のない、遊びのような授業を見ると、つい本音が出てしまう。そして「どうしてこんなに面白くない授業をするのか」と考え込んでしまう。
 面白くない授業の特徴は「教材内容がないか、教材内容があってもすごくうすい」ということである。
 これには、教科書にも原因がある。びっくりするほど内容のない教科書がある。これでは、学力低下は目に見えている。
 面白くない授業を見ると、どうして子どもの学習意欲を高め、深みのある教材内容を提示できないのかと思ってしまう。金子みすゞが詩で表現しているように「見えぬけれどもあるんだよ、見えぬけれどもあるんだよ」ということに気づかせるのが社会科である。
(
有田和正:1935年生まれ、筑波大学付属小学校,愛知教育大学教授を経て,東北福祉大学教授。教材・授業開発研究所代表。教材づくりを中心とした授業づくりを研究し、授業の名人といわれている)

|

« 国語科:学習グループによる話し合い | トップページ | 算数科:子どもの言葉を生かし、子どもと共に算数の授業を創る »

社会科の授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会科:面白くない授業とは?:

« 国語科:学習グループによる話し合い | トップページ | 算数科:子どもの言葉を生かし、子どもと共に算数の授業を創る »