« 子どもたちは夢が持てないと言う、どうやって夢を持てばいいのだろう | トップページ | わがままで我慢できない子のその先は逃避か破壊しかない »

子どもには二つの顔があることを知った    

 子どもには、学校用と学校の外用とふたつの顔のあることを知った。子どもには、別の顔があるということだった。
 ○○という女の子がいた。ともかく陰気で暗く、ひがみっぽく、だらしなく、そのくせ、あちこちと噂をふりまいて事件をおこしていた。家庭訪問のあと、公園を横切って帰ろうとすると、砂場から楽しげなはずむ声が響いてきた。
 みると、○○が幼い妹と子犬を連れて、砂場であそんでいるのである。「だめよ。ほら、汚れるでしょ」と、まるで母親のような口ぶりで妹を世話しながら、いっしょに砂遊びしている。○○とは犬の話をすれば、素顔を引きだすことができた。
 素顔だと思っている顔はじつは仮面ではないのか。どうしたら学校のなかで素顔を引きだすことができるのだろうか。
 よく見ていると、それは遊びのなかだった。遊んでいるとき、子どもたちは我を忘れて、ほんとうの自分の顔に戻る。これだと思った。その発見から、遊びを奨励し、暇をつくっては子どもといっしょに遊ぶことにした。
 遊びのなかで、子どもたちはほんとうの自分を表現し、教室ではわからない、子どもの新しい積極面を発見することができた。
(
家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

|

« 子どもたちは夢が持てないと言う、どうやって夢を持てばいいのだろう | トップページ | わがままで我慢できない子のその先は逃避か破壊しかない »

子どもの実態」カテゴリの記事

子どもの見かた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもには二つの顔があることを知った    :

« 子どもたちは夢が持てないと言う、どうやって夢を持てばいいのだろう | トップページ | わがままで我慢できない子のその先は逃避か破壊しかない »