« 効果倍増の学びの技法 | トップページ | 授業の本質は「まちがえかたを教える」こと »

やらせてしまうことができなければ教師の怠慢になる

 やらせてしまうことができなければ教師の怠慢になる。
 作文で書くタネがないとき、「さあ書いてごらん」と子どもに言っても、無理だと思います。修学旅行にいって、先生が作文のネタを拾えないのでしたら、生徒はなお拾えないでしょう。私が拾っておいた題材を書き出し文のかたちで示しました。
たとえば、比叡山に行ったとき、
「雨に煙る比叡山」
「すくっと立つ杉の大木の濃淡」
・・・・・・・・・・・
 これらをヒントにして思いついたことを書いてもよいでしょう。「教える」ということは、このようにすることなのです。
 また、読書指導で、くわしく読ませる必要があれば、その場で詳しく読む力をその子の身につけてしまわなければ、ただ「もっとよく読んでごらん」では、教師の仕事があまりにも安易すぎると思います。
 学習の内容を示すだけで、実際には何もしないで、好きなようにというのでは、先生は楽すぎます。
 やらせてしまわないとすれば、先生の方が怠慢、先生がいた甲斐がなかったことになります。
 「やってごらん」「できましたか」「もっとよく読んでみなさい」これはもう禁句だと思います。
(
大村 はま:19062005年 長野県で高等女学校、戦後は東京都公立中学校で73歳まで教え、新聞・雑誌の記事を元にした授業や生徒の実力と課題に応じた「単元学習法」を確立した。ペスタロッチー賞、日本教育連合会賞を受賞。退職後も「大村はま国語教室の会」を結成し、日本の国語科教育の向上に勤めた)

|

« 効果倍増の学びの技法 | トップページ | 授業の本質は「まちがえかたを教える」こと »

授業づくり」カテゴリの記事

学習指導・学力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やらせてしまうことができなければ教師の怠慢になる:

« 効果倍増の学びの技法 | トップページ | 授業の本質は「まちがえかたを教える」こと »