« 学びの雰囲気をつくる教室の掲示をどのように工夫するか | トップページ | 教師に必要な資質とは何か、資質を磨くにはどのようにすればよいか »

厳しく叱った後のフォローは大切ですが、どのようにすればよいのでしょうか

 子どもを厳しく叱った後は、何となく後味が悪く気になるものです。
 叱った教師も叱られた子どもも、すっきりと気持ちを入れかえていればいいのですが、そもそも叱るという行為には後味の悪さはつきものです。
 叱られた子どもは、「叱られた私をみんながどう思っているのだろうか」と周囲の子どもの眼が気になるものです。
 こういうとき、友だちが多い子どもは気持ちをすぐに切り替えられますが、友だちの少ない子どもは気晴らしもできず難しいのです。
 ではどうすればよいのでしょうか。
 叱った後は、その日のうちにひと声かけましょう。コツは叱ったことには絶対に触れないことです。全く関係のない会話をあえてすることです。できれば大勢がいるときがいいのです。例えば「そう言えば、まだ○○は続いているの、すごいなあ」など。
 そうすると、叱られた子どもは、気持ちをリセットできるのです。「もう、私のしたことは怒ってないんだ」「叱ったけど、私を認めてくれているんだ。良かった!」と、思うからです。
 わずか1分もかからないひと声ですが、叱られた子どもは次の日から、新たな気持ちで叱った教師と会えます。叱った教師ももやもやした気持ちが少しは晴れるでしょう。
(吉田 順:1950年生まれ 34年間横浜市立小・中学校教師 「生徒指導」ネットワーク主宰)

|

« 学びの雰囲気をつくる教室の掲示をどのように工夫するか | トップページ | 教師に必要な資質とは何か、資質を磨くにはどのようにすればよいか »

叱る・ほめる・しつける」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳しく叱った後のフォローは大切ですが、どのようにすればよいのでしょうか:

« 学びの雰囲気をつくる教室の掲示をどのように工夫するか | トップページ | 教師に必要な資質とは何か、資質を磨くにはどのようにすればよいか »