« 子どもを変えようとするのではなく教師が変わることで教室は変わる | トップページ | 一人で悩まず、がんばりすぎないで、手を取り合って生きていこう »

学級崩壊の末期は全教員が連携する

 この時期は、まさに全教員の連携が必要となります。教室に複数の教師が入り、それこそマンツーマンに近い形で指導したり、活動を援助するのです。
 例えば、立ち歩いている子どもに対してある教師が注意をしたとき、「みんなもそうだろう」と逆にくってかかる場合があります。
 そのようなときには「みんなとは誰と誰かな」と問い、名前が出たらそれぞれの子どもに教師がついて指導するという具合です。
 「みんな」という子どもたちが作り出した学級集団像を崩すことが大事なのです。
 必ず、誰がという行動の主体となっている子どもを確認し、行動の責任を明確にしてあげることが大事です。
 学級崩壊末期は、学年の合同授業や活動はしないほうがよいでしょう。合同することで他の学級の子どもたちが傷つくことが多くなり、合同することを嫌がってしまいます。
 なによりも問題なのは、他の学級の子どもたちが、その学級の子どもたちを特別視してしまう結果、その学級の子どもたちが新たな非建設的な行動にでてしまう可能性があるからです。
(河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育学部教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

|

« 子どもを変えようとするのではなく教師が変わることで教室は変わる | トップページ | 一人で悩まず、がんばりすぎないで、手を取り合って生きていこう »

学級崩壊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級崩壊の末期は全教員が連携する:

« 子どもを変えようとするのではなく教師が変わることで教室は変わる | トップページ | 一人で悩まず、がんばりすぎないで、手を取り合って生きていこう »