« いじめられていることを話さない子どもにどう対応すればよいか | トップページ | 保護者を味方にするにはどうすればよいか »

グループ化したいじめの指導はどのようにすればよいか

 グループによるいじめは被害者をぎりぎりのところまで追いつめることもあります。グループ化したいじめの指導について原口和博はつぎのように述べています。
1 いじめ被害者の訴えを受けとめる
 被害者の子どもから、教師はいじめを受けた日時や場所、関わった子どもの名前、いじめの内容などの記録をとりながら聴いていきます。
 教師に何を求めているか(わかってほしいだけか、ストップさせてほしいか)、保護者への連絡をどのように考えているか尋ねます。心のサポートが急務な場合はスクールカウンセラーの支援を求めます。
2 いじめ情報を集める
 クラスの他の子どもから情報を集めます。教科や部活動の教師からも情報を得るようにします。
3 いじめの構造を把握する
 いじめの中心者、観衆、傍観者などを特定します。
 どんな場面でいじめが起きやすいか、いじめを受けたとき、被害者はどのように振る舞っているかも把握します。
4 いじめを抑止する
 被害者の子どもが安心して過ごせる生活環境を作ります。他の教師にも協力をもとめ、授業中、休み時間、給食、掃除、部活動、登下校など、あらゆる場面で安全を保つため、教師による巡回を行います。
5 いじめ加害者に指導
 いじめをやめるよう個々の子どもに働きかけます。いじめの事実を尋ね、注意を行うだけでなく、その子ども周辺的な情報(学校や家庭で抱いている問題、部活動の人間関係)も把握するようにします。
6 保護者への働きかけ
 被害者の子どもが保護者への連絡を望んでいる場合、面談を速やかに行う必要があります。家庭での子どもの姿、保護者のいじめのとらえかたを聴き、担任や学校のいじめ抑止の姿勢と具体的な働きかけの方法について伝え、保護者の気持ちを安心させ、また家庭での子どもの支えについての協力を要請します。
 必要に応じて加害者の保護者とも面談を持ちます。
(
原口和博:神奈川県公立中学校教師)

|

« いじめられていることを話さない子どもにどう対応すればよいか | トップページ | 保護者を味方にするにはどうすればよいか »

いじめの指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グループ化したいじめの指導はどのようにすればよいか:

« いじめられていることを話さない子どもにどう対応すればよいか | トップページ | 保護者を味方にするにはどうすればよいか »