« 社会崩壊の防波堤として教職員のみなさん踏ん張ってくれませんか | トップページ | なぜサークルに参加するのか »

教える教育の限界を破るものは教師がほんものになること

 わたしははじめ、教育ということは、子どもたちに、ああしろ、こうしろ、そんなことをしてはいけない。それはこうするんだ。・・・・・と、子どもを指図し、叱り、教えることだと、と思っていた。
 「先生」と呼ばれるようになって25年、それはほんとうの教育ではなかったんだと、気づかせられはじめた。
 それなら「教える教育」の限界をつき破るものは何か。それは「ほんもの」になることだけだ。人を「ほんもの」にしようとして「教える」のではない。こちらが「ほんもの」になるのだ。ほんものでないものが、人に「ほんものになれ」と指図したところで、ききめのあるはずがない。
 ほんものでないものが、ほんものでない自分に対して言わなければならないことを、わたしたち教師は、教師顔して、他人に言いつづけてきた。そこに、私たちの長い間の誤謬があったのではないか。 
(東井 義雄:19121991年、兵庫県生れ、小中学校長、ペスタロッチ賞を受賞、地域の生活を取り上げる生活綴り方教育の代表的な実践家)


|

« 社会崩壊の防波堤として教職員のみなさん踏ん張ってくれませんか | トップページ | なぜサークルに参加するのか »

教育の理念や思い」カテゴリの記事

教師の成長・研修」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教える教育の限界を破るものは教師がほんものになること:

« 社会崩壊の防波堤として教職員のみなさん踏ん張ってくれませんか | トップページ | なぜサークルに参加するのか »