« 「なぜ?」を生じさせる教材と発問は優れた授業にかかせない | トップページ | 社会崩壊の防波堤として教職員のみなさん踏ん張ってくれませんか »

保護者の心をほぐす電話の方法とは

 子どもの問題行動でトラブルが起きると、保護者へ連絡しなければなりません。保護者に電話すると、保護者は先生に「文句を言われた」と反感を持ち、教師不信になりがちです。
 そこで、学校からの電話が楽しみにしてもらえるよう、子どもが成長したことを伝えるように心がけます。例えば「ちゃんと謝ったのですよ。成長しましたね」と、トラブルを通して子どもが成長したことを強調します。
 その際、教師がどんな指導をしたのかを話します。「子どもだから、つい手がでるんですよね」というように、子どもの気持ちに理解を示すと「それはダメです。どんなことがあっても暴力はダメです」と、保護者のほうからわが子へ厳しい意見を言うようになります。
 教師が子どもを擁護するほど、保護者はわが子へ厳しい指導を望むようになります。
 子どもの良さを伝え続けることで、保護者は教師に親近感と信頼感を持ちます。子どもからクラスの荒れを聞いても「あの先生なら大丈夫」と教師を批判せず、前向きな言葉で子どもの背中をし、教師を応援してくれるようになります。
(
城ケ﨑滋雄:1957年鹿児島県生まれ、千葉県公立小学校教師、教育委員会、不登校対策教員として不登校児童と関わる。荒れた学級を立て直す。小学校教師として教育情報雑誌「OF」等で情報発信している)

|

« 「なぜ?」を生じさせる教材と発問は優れた授業にかかせない | トップページ | 社会崩壊の防波堤として教職員のみなさん踏ん張ってくれませんか »

保護者との協力関係をつくる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保護者の心をほぐす電話の方法とは:

« 「なぜ?」を生じさせる教材と発問は優れた授業にかかせない | トップページ | 社会崩壊の防波堤として教職員のみなさん踏ん張ってくれませんか »