« 教師がお互いに支え合うチームワークが崩れてきている | トップページ | 二学期終わりから三学期初めに学級担任がこころがけるポイントは何か »

ルールの達成を目に見える形にする

 野口信行先生から学んだことで、一番心に残っていることは、「ルールの達成を目に見える形にする」ということです。
 私のクラスでは、朝に「めあて」を決めます。「めあて」はつくってからが大切です。
 その「めあて」を帰りの会で確認し、三分の二以上であれば、☆を黒板に書きます。そして、☆がたまったら、お楽しみ会をすることになっています。
 こうした活動をすると、子どもたちは「めあて」を意識します。どのような「めあて」が達成できたかよく分かります。
 このようにルールやゴールは達成したことを視覚化、つまり目に見える形にすることがとても大切です。
(
長瀬拓也:1981年岐阜県生まれ、横浜市立・岐阜県公立小学校教師、岐阜県公立中学校教師。2004年に「第40回わたしの教育記録」で新採・新人賞を受賞。NPO法人授業づくりネットワーク理事、教育サークル「未来の扉」代表代行、『教師になるには』編集代表、クラス・マネジメント研究会代表)

|

« 教師がお互いに支え合うチームワークが崩れてきている | トップページ | 二学期終わりから三学期初めに学級担任がこころがけるポイントは何か »

学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルールの達成を目に見える形にする:

« 教師がお互いに支え合うチームワークが崩れてきている | トップページ | 二学期終わりから三学期初めに学級担任がこころがけるポイントは何か »