« 簡単な「授業の流れ」を書き続けよう | トップページ | 子ども同士がトラブルをおこした時の保護者への対応 »

国語科(小学校):斎藤喜博の授業「あとかくしの雪」

 斎藤喜博が子どもたちに読みをさせながら作品の中心に迫る問答が楽しく続く「あとかくしの雪」の授業である。二年生ということもあるが、本当に「やさしく強く」展開しているのがわかる。

斎藤喜博:「ものすごく上手に読めたねえ、たまげたこれは、それから、きいている人が上手だったね、きき方が。ものすごく上手でよーく読んだね。(この朗読をした子は、後ろのほうにいた子だったが、はじめに全員が自由に読んだとき、口の動きなどから目をつけておいたのである)
斎藤喜博:「今度はなかに書いてあることがわかった?」
子ども:「うん」
斎藤喜博:「どんなことが書いてあった」
子ども:「大きな家」
斎藤喜博:「大きな家が出てきたね。それから、あなたは」
子ども:「うん、大根」
子ども:「同じ。大きな家」
斎藤喜博:「同じね」
子ども:「大根をぬすんできた」
斎藤喜博:「どろぼうが出てきた。ぬすみにはいった。どろぼうしちゃったんだね。だれがどろぼうしちゃった?」
子ども:「百姓」(口々にいう)
斎藤喜博:「百姓がなんでしちゃったの」
子ども:「旅人にやるものがないから」
斎藤喜博:「どろぼうなんかすれば、・・・・おまわりさんにしばられてしまうのに、どうしてどろぼうしちゃったの」
子ども:「旅人に何もやるものがないから」
斎藤喜博:「ああー、旅人に何もやるものがないから。どこかのうちからぬすんできちゃったの」
子ども:「えーと、大きな家」
斎藤喜博:「おおきな(ゆっくりと言う)家ね、大きな家からぬすんじっゃたね」
・・・・・途中略・・・・・
斎藤喜博:「そうだ、どろぼうを考えちゃった。ね。悪いやつだね」
(板書していた『しかたがない』のとなりに『どろぼう』と板書)
斎藤喜博:「どろぼうを考えちっゃたね・・・・お百姓さん、うんと悪いやつだから、みんなたたいてやる。どう?」
子ども:「うーん」(否定的に)
子ども:「心のやさしい、いい人」
斎藤喜博:「あれ、心のやさしい・・・・なるほどね。ほかの人はどう」
子ども:「やさしい人」
斎藤喜博:「同じ、そう思う。やさしい人だと思っている人いる?」
-全員「ハーイ」と手をあげる
斎藤喜博:「なるほど、みなさんやさしいんだね、心が。皆さんがやさしいだな、これは」

一問一答のようなかけ合いだが、子どもたちは大変に集中し、よく考えている。
 「あとかくしの雪」の授業を私も何度かしたが、斎藤喜博のようにはいかない。なぜだろうと今更思う。
 「教材」「教材の解釈」「展開の核」「発問、指示、説明」と、その一つひとつが深い奥行きを持っているのだから。
 授業記録が出版されているので、ことあるごとに読み直していかねばならないのだと思う。
(後藤清春:1948年生まれ、元大分県・埼玉県公立小学校教師・大分県公立小学校校長)

|

« 簡単な「授業の流れ」を書き続けよう | トップページ | 子ども同士がトラブルをおこした時の保護者への対応 »

優れた教科授業例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国語科(小学校):斎藤喜博の授業「あとかくしの雪」:

« 簡単な「授業の流れ」を書き続けよう | トップページ | 子ども同士がトラブルをおこした時の保護者への対応 »