« 「こわさ」を知らないと滅びの道へと進んでしまう、「こわさ」を知ることで正しい道を的確に判断しやすくなり、謙虚な態度で努力するから人間としての実力も養われる | トップページ | 不登校の子どもを約1カ月で教室に戻すことができる »

迷ったときは、ほかの人に意見を求め、素直な心で耳を傾ける

 迷ったときには、人に意見を求めてみる。自分をしっかりつかみ、素直な心で耳を傾けていく。そこから確かな人生の歩みが始まる。
 私たちは、日々の生活の中で、さまざまな迷いによく直面します。一生を左右するほどの決断から、日々のこまごまとした選択まで、常に「いかにすべきか」という迷いが生じるのが人生だと思います。
 そこで、その迷いを解決するときには、一つにはやはり、ほかの人に意見を求めてみることだと思います。自分をよく知ってくれている人に尋ねてみる。そうすると、そこに具体的な方向がしだいに明らかになってくる場合が多いと思うのです。
 私もこれまで、自分でわからないことがあると、できるかぎり他人の意見を求めるよう努めてきました。そうすると「それは松下くん、ムリやで」とか「きみの今の力ならやれる。大いにやるべきだ」とかいろいろ言ってくれます。
 そのとき、自分がすぐ納得できたら、そのとおりに実行します。しかし、どうもピンとこないときは、また他の人に求めて聞いてみると、また違った立場からの意見を言ってくれます。そうした意見を参考にして自分なりによく考え、結論を出すようにしてきたのです。
 ただ、その場合に忘れてはならないのは、あくまで自分というものをしっかりつかみ、そのうえで、素直な心で聞くということでしょう。自分をつかんでいないと、相手の言うことがみな正しく思えて、聞くたびに右往左往することになりかねません。
 また、私心にとらわれ、素直でない心で聞けば、自分の利害や体面などが気になって、自分に都合のいい意見ばかりを求めてしまうことにもなるでしょう。それでは、聞く意味がなくなってしまいます。
 こうしたことは、人に意見を聞く場合のみではなく、本を読んだりする場合でも、同様です。
 他の人の意見を取り入れて、その通り自分でやってみても、人それぞれに天分、個性が違うのですから、同じようにはいきません。だから、やはりまず自分の考え、性質を正しくつかんで、そのうえで他人を参考としていかなければならないと思うのです。
 人間一人の知恵才覚というものは頼りないもので、だからこそ、迷ったときは何ごとにも積極的に他の人の知恵を借りることが必要です。
 しかし、人の意見を聞いてそれに流されてしまってもいけない。聞くべき聞き、聞くべかざるは聞かない。そのへんがなかなかむずかしいところですが、それができれば、お互いの人生の歩みは、より確かなものになっていくのではないでしょうか。
(松下幸之助:18941989年、パナソニック(旧名:松下電器産業)創業者。経営の神様と呼ばれた日本を代表する経営者)

|

« 「こわさ」を知らないと滅びの道へと進んでしまう、「こわさ」を知ることで正しい道を的確に判断しやすくなり、謙虚な態度で努力するから人間としての実力も養われる | トップページ | 不登校の子どもを約1カ月で教室に戻すことができる »

人間の生きかた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 迷ったときは、ほかの人に意見を求め、素直な心で耳を傾ける:

« 「こわさ」を知らないと滅びの道へと進んでしまう、「こわさ」を知ることで正しい道を的確に判断しやすくなり、謙虚な態度で努力するから人間としての実力も養われる | トップページ | 不登校の子どもを約1カ月で教室に戻すことができる »