« 授業を変えると荒れていた学校も変わった | トップページ | 子どものトラブルが生じたときはどうすればよいか »

教師は子どもとトラブルになるのがいや?

 私は2005年に日教組の組織率が8割を越えている横浜市の教育委員として赴任した。横浜市はこれまでの「しがらみ」から脱却した教育を、新たに立ち上げていく、教育正常化、教育再生の渦中にあった。
 肩書きだけの教育委員など、最初からやるつもりはなかった。どんどん現場を視察して訪れた学校は、優に50校を越え、特別授業も持たせてもらった。
 学校の現場を訪れると、信じられない光景に遭遇した。授業中だというのに、廊下に座っていたり、フラフラしている生徒があちこちにいた。しかし、そういう生徒を、先生が厳しく指導することはない。「お前ら、いい加減にしろよ」などと言いながら、ニコニコ顔で接している始末だ。
 生徒たちが好き勝手やっていようが関係ないようだ。ならぬものはならぬ、と言えない学校とは、いったい何を目的とした場所なのだろう。私は、見て見ぬフリはできなかった。「早く教室に入れ」そう一喝すると、生徒たちは散り散りに自分の教室に入っていった。
 当たり前の注意さえ、先生たちはしようとしないのだ。これが「子どもの個性尊重」なのか「児童中心主義」なのか。ただ単に、生徒とトラブルになるのが嫌なだけではないのかとがく然とした。
 校内の喫煙が常態化している学校もあった。私は臨時全校集会を開いてもらい「自分の母校を燃やしてどうするんだ!」と激怒したことがある。タバコのすいがらが日常的に転がっているトイレに入るのを、なぜ先生が避けているのか。生徒指導が厄介だからだろうか。もしそうならバカげた話だ。
 彼らは反抗期真っ盛りだから、厳しく指導すれば反抗もしてくる。恨みを買って報復されることもあるかもしれない。だが、思春期、反抗期の彼らと厳しく向き合うことこそが、教師の仕事だ。報復や反発を恐れていたら、教師の仕事などおよそ務まらない。
 そんな教育現場で育てられた子どもたちが、どう育っていくのか。火を見るより明らかだ。「ならぬことはならぬ」と叱ってもらえず、笑顔で「いいよいいよ」と好き勝ってを認めてもらえるような生徒が、社会に出てから通用しないのは当然だろう。
 喫煙を見て見ぬフリをする先生を前に「彼らは子どものことなど何も考えていない。きっと自分のことしか考えていないのだ」とがくぜんとした。
 子どもたちは、忙しいと親から放置され、学校からもまともな教育を受けられない。インターネットを通じ、ヤミ情報がどんどん流れてくる。教育を根本的に立て直さない限り、何も始まらないのである。
(義家弘介:1971年生まれ、中学生で不良と呼ばれ高校中退し家から絶縁される。里親の元で大学を卒業し、塾講師、北星学園余市高校の教師になりドラマ化され評判となる。横浜市教育委員、教育再生会議担当室長を経て国会議員)



|

« 授業を変えると荒れていた学校も変わった | トップページ | 子どものトラブルが生じたときはどうすればよいか »

先生の実態」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教師は子どもとトラブルになるのがいや?:

« 授業を変えると荒れていた学校も変わった | トップページ | 子どものトラブルが生じたときはどうすればよいか »