« 国語:ユーモア詩の授業で人と人のつながりの楽しさを味わう | トップページ | 「非常識な親」を責めても仕方ない、どう接すればよいか »

保護者がわが子の非を認めず、一方的に学校を責めるときどうすればよいか

 親との人間関係づくりを第一にする。
 このような親は、自身が社会性の乏しさや子育ての不安等の課題を抱えています。
 激しい抗議口調や挑戦的な物言いに「乗る」ことなく、こうした態度をとるのは「親として当然」くらいの気持ちの余裕をもつことが何よりも大切です。
 学校の玄関で出迎える、来校してくれたことに対するお礼を述べる。お茶をいれる等、「協働のパートナー」として最大限のおもてなしをすることも忘れてはなりません。人間関係を培うことが最優先課題です。
 親と行うのは「議論」ではなく「協議」です。話し合いは努めて冷静に。親の話に耳を傾け、気持ちを受け止める。子どもの「いい点」にも触れながら、実行可能で具体的な対応策を共に考えることが求められます。
(
嶋﨑政男:1951年生まれ、東京都公立中学校教師、指導主事、校長を経て神田外語大学教授、日本学校教育相談学会会長)

|

« 国語:ユーモア詩の授業で人と人のつながりの楽しさを味わう | トップページ | 「非常識な親」を責めても仕方ない、どう接すればよいか »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/56043137

この記事へのトラックバック一覧です: 保護者がわが子の非を認めず、一方的に学校を責めるときどうすればよいか:

« 国語:ユーモア詩の授業で人と人のつながりの楽しさを味わう | トップページ | 「非常識な親」を責めても仕方ない、どう接すればよいか »