« 「何かを学んだらすぐに他の活動に活かす」波及学習は驚くほど実力が伸びる | トップページ | からだの感覚を通して学ぶ »

「何かを学んだらすぐに他の活動に活かす」波及学習は「できた」ところがスタート

 波及学習は「できた」と思ったところからスタートします。
 子どもたちがあることを学ぶとしましょう。ある程度までいくと、「できた」と満足してしまいます。かなり低いレベルで「これでよし」と思ってしまうのです。
 子どもたちのいう「できた」は、「できたつもり」になっている場合が多いのです。教師も同様です。
 多くの場合、「できた」は、本当にできたのではなく「できたつもり」になっています。だから、ちょっとやらないと忘れたり、元に戻ったりしてしまうのです。
 波及学習は、「できた」「これでよし」と思ったところからスタートします。
 たとえば、100マス計算で2分切れるようになったら、次のことを意識させます。
(1)
正確にできたか。
(2)
ていねいにできたか。
(3)
迅速にできたか(スピード)。
(4)
工夫したか、コツを発見したか。
 そして、次はどれを意識して練習するかを決めます。そして意識して練習します。
 100マス計算に取り組む過程で、計算力はもちろんのこと、上にあげた正確さ、ていねいさ、素早さ、工夫する力に加え、集中力が身につきます。また、練習方法も知ることができます。
 これらの力を意識して、波及させるのです。100マス計算のたし算ができるようになったら、次はかけ算に取り組みます。上のことを意識して練習すると、3分の1位の時間で同じレベルに到達できます。
(
杉渕鉄良:1959年東京生まれ、東京都の小学校教師。「教育の鉄人」と呼ばれる実践家、子どもを伸ばす為に命をかける熱血教師。ユニット授業研究会代表。その実践スタイルは全国の教師、保護者から支持を受ける。2003年夏、日経スペシャル「ガイアの夜明け」に出演。PHP「VOICE」や、経済誌「プレジデント」での教育シリーズに取り上げられ、各方面からの注目も高い。ユニット授業、10マス計算、表現読み、指名なし発言など、子どもの可能性を引き出すため、さまざまな工夫を凝らした教育実践を行っている)

|

« 「何かを学んだらすぐに他の活動に活かす」波及学習は驚くほど実力が伸びる | トップページ | からだの感覚を通して学ぶ »

授業のさまざまな方法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「何かを学んだらすぐに他の活動に活かす」波及学習は「できた」ところがスタート:

« 「何かを学んだらすぐに他の活動に活かす」波及学習は驚くほど実力が伸びる | トップページ | からだの感覚を通して学ぶ »