« 被害者意識の強い保護者にどう対応すればよいか | トップページ | 子どもに嫌われたり、指導力が不足する先生の特徴とは »

人格障害が疑われる保護者が無理な要求をするとき、どうすればよいか

 人格障害が疑われる保護者が無理な要求をするときは、もちろん素人では判断できないので、きちんと記録をとり、主だったエピソードをまとめて専門家に相談します。対応策の助言を得ることが目的です。
 同時に、子どもに対する親の影響が懸念されますので、子どもを支援する体制を組む必要があります。
 また、今後ますます教育委員会をはじめ、様々な機関を「巻き込む」ことが予想されますので、関係者が一堂に会して、情報交換や対応方法を協議しておきます。
人格障害が疑われる親と対応するときの基本姿勢は、
(1)
「ダメなこと」は「ダメ」とはっきり言う。
(2)
話に耳を傾けながらも、身の上話に同情しない。
(3)
突拍子もない言動に直面しても決してあわてない。
(4)
不安定な心を受け止め、努力を認め、励ます。
(
嶋﨑政男:1951年生まれ、東京都公立中学校教師、指導主事、校長を経て神田外語大学教授、日本学校教育相談学会会長)


|

« 被害者意識の強い保護者にどう対応すればよいか | トップページ | 子どもに嫌われたり、指導力が不足する先生の特徴とは »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/56131497

この記事へのトラックバック一覧です: 人格障害が疑われる保護者が無理な要求をするとき、どうすればよいか:

« 被害者意識の強い保護者にどう対応すればよいか | トップページ | 子どもに嫌われたり、指導力が不足する先生の特徴とは »