« 教師の仕事は自分の人間性を生徒にぶつけること | トップページ | 常に何が正しいかということに立脚してものを見て考えていると心が強くなる »

「うちの子ばかり目の敵にする」と親がいってとり合ってくれないとき、どうすればよいか

 授業態度が悪い子どもがいて、その様子を家庭に知らせたところ、「うちの子ばかり目の敵にする」と親がとり合ってくれないとき、どう対処すればよいか。
 子どもの悪い面ばかりを知らせようとする気持ちが、先に立ってはいないだろうか。一方的に悪い面だけを伝えられては、だれだってカチンときたり、他の子だってという気持ちがわいてきたりするものだ。
 そこで、授業態度が悪いことを伝える前に、よい面をたくさん探してみる。授業前に筆記用具を出していることなど、あたりまえでも、その子にとってはキラリと光る行動である。どんなつまらないことでも、よい面だと思ってあげられそうな事実をたくさんメモしておく。
 わが子のことをほめられて嬉しくない親はいない。ささいなほめ言葉と思われるような内容でも、教師がよくわが子を見てくれているという姿勢は親に伝わる。だから、できるだけ直接、親に話すことが大事です。
 たくさんよい面があるので、さらに授業中の態度がよくなればもっと伸びる子だと伝える。少しでも授業態度を改善するように子どもに話し、保護者と一緒に、よくしていこうと話し合う。自信をもたせるよう「ほめる」姿勢をお願し、教師自身も努力することを約束する。
 教師が子どもをどのように見ているかは、保護者の教師を見る目に反映する。教師が子どもの美点を見ようとすれば、保護者の教師を見る目も変わるであろう。
(
家本芳郎:19302006年、東京都生まれ。神奈川の小・中学校で約30年、教師生活を送る。退職後、研究、評論、著述、講演活動に入る。長年、全国生活指導研究協議会、日本生活指導研究所の活動に参加。全国教育文化研究所、日本群読教育の会を主宰した)

|

« 教師の仕事は自分の人間性を生徒にぶつけること | トップページ | 常に何が正しいかということに立脚してものを見て考えていると心が強くなる »

保護者にどう対応するか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173207/61329722

この記事へのトラックバック一覧です: 「うちの子ばかり目の敵にする」と親がいってとり合ってくれないとき、どうすればよいか:

« 教師の仕事は自分の人間性を生徒にぶつけること | トップページ | 常に何が正しいかということに立脚してものを見て考えていると心が強くなる »