« 学級崩壊と関係のある、子どもの精神障害とはなにか | トップページ | 学級は創るものであるという考え方は、学校で定着していない »

学年始めはルールやマナーで学級づくりをする

 学年始めは、子どもたちの間に人間関係がほとんどなく、子どもたちは不安のため、二、三人で固まって行動します。
 このとき、どのように動いていいのかがわからず、周りの様子を伺っているからです。
 教師にたいしても、わざといたずらをしたり、ためし行動がみられます。その教師の値踏みをしようとしているのです。
 こういうときに、集団生活を送るうえでのルールや対人交流をするうえでのマナーを、子どもたちに毅然と教えることが求められます。
 子どもたちはどう動いていいのか戸惑っている状態なので、無理のないルールは、子どもたちにとっても好都合で、心理的に楽なのです。
 そのルールに従って交流する体験を繰り返すことで、学級生活にそのルールが少しずつ定着してきます。
 ルールが定着するとともに、子ども同士の感情交流も、活性化します。慣れた行動や活動のなかで、子どもたちは自分の気持ちを表現する余裕がでてくるからです。
 こういう生活のなかで、子どもたちの人間関係が徐々に良好になってくるのです。
(河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育学部教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)


|

« 学級崩壊と関係のある、子どもの精神障害とはなにか | トップページ | 学級は創るものであるという考え方は、学校で定着していない »

新学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学年始めはルールやマナーで学級づくりをする:

« 学級崩壊と関係のある、子どもの精神障害とはなにか | トップページ | 学級は創るものであるという考え方は、学校で定着していない »