« 自分の子のことしか考えない親が増加した | トップページ | 不幸な子どもに学級で居場所を与えよう »

親が「子どものために自分は犠牲になっている」という思いにとらわれると不幸である、どうすれば楽しい子育てになるか

 親が「子どものために自分は犠牲になっている」という思いにとらわれると、親子にとって不幸である。
 「子どもが全然かわいく思えない」「子どもが泣き出すとイライラする」という親の相談も多い。
 放任・虐待型の親は、じつは子どものころ、放任され虐待されて育ったケースが非常に多い。加えて、自己中心的でわがままな親が増えているので、子育て放棄の件数はうなぎのぼりである。
 テレビに子守を任せるようでは子どもも不幸であるし、それでは親も子育ての醍醐味は味わえない。
 放任されて育った子どもは、孤立感でいっぱいである。喜怒哀楽がないか、自制のきかない暴発型になる。
 逆に過保護に育てられた子どもは、母親にたより自分で考えることができないほど、ひ弱な子どもになる。
 親が「私はこれだけのことをしているのに子どもは応えてくれない」というふうに、子どもが「してくれない」ことばかりを考えていると、出口が見えなくなってしまう。
 親が「報われなくてもいい。子どもの幸せだけを願う」とか「こういうこともあるさ」、こんなふうに思えたら、肩の力が抜ける。
 親は小さいころ、どんなことに興味があって、何にワクワクしていたのかを思い出してほしい。それを子どもと共有できれば、それほど楽しい子育てはないだろう。
 親が童心に返って、わが子と一緒に子ども時代を楽しもう。時間を忘れるほどおもしろいことである。
 親が子どもに対する愛情だけを絶やさずにいたら大丈夫だ。「大好きだよ」としっかりと親が本気で子どもを抱きしめてやれば、子どもの心は必ず開く。
(
(なみ)川栄太:19432009年、20年間の小学校教師を経て、ニッポン放送「テレホン人生相談」回答者、40年間つとめる教育相談では、悩める子どもたちに体当たりで励まし立ち直らせた。元新松下村塾長)

|

« 自分の子のことしか考えない親が増加した | トップページ | 不幸な子どもに学級で居場所を与えよう »

子どもの実態」カテゴリの記事

保護者の実態」カテゴリの記事

子育て・家庭教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親が「子どものために自分は犠牲になっている」という思いにとらわれると不幸である、どうすれば楽しい子育てになるか:

« 自分の子のことしか考えない親が増加した | トップページ | 不幸な子どもに学級で居場所を与えよう »