« 「教師は授業で勝負せよ」教師の授業力をアップするにはどうすればよいか | トップページ | 子どもに好かれ、信頼され、尊敬される教師に共通しているのは、ほめる力である »

生徒がよく言うことをきく、指導力のある教師の特徴とは

 生徒がよく言うことをきく、ある一人の先生を観察していると、つぎのような特徴が見られた。
(1)
生徒との距離がハッキリしている
 生徒に対してクールな関係をとることができる。他の教師のように物わかりよく、ベタベタつきあうことをしない。
 それでいて、時と場合によって、とっても生徒にやさしく対応できる。言葉づかいや、顔つきが、その時、その時で変られるのである。
(2)
生徒に対して誠実である
 約束したことは必ず守るし、生徒のために一生懸命やるから、生徒からとても頼りにされている。生徒たちはその先生を信用し、信頼している。
(3)
集団を指導できる
 生徒会や行事の指導だけでなく、野球部の顧問として、生徒たちの絶大な信頼をかちえている。その先生の指導に従ってがんばるといい結果がでるのである。
(4)
生徒を差別しない。
(5)
全身で怒ることができる
 ただ叱るというのではなく、体中で相手に怒りをぶつけることができ、生徒はその怒りに恐れを感じることがあるようだ。
(6)
生徒を一人前の人間として扱う
 生徒が自分で決め、自分で責任をとらせるようにしている。
(7)
不気味な、子どもにはわからない大人の世界がある
 最大の点は、不気味な(生徒の前にすべてを見せておらず、何をするかわからない、何を考えているかわからないこわさがある)ところがある、ということである。
 これがこの先生が他の教師と決定的に違う点である。つまり、子どもに対して大人であるということである。子どもにはわからない大人の世界がある、ということである。
 みんな平等、という世の中で、子どもの位置までおりてきてしまったり、もともと大人にはなりきれない教師たちが多いなかで、子どもとはまったく違う何かを持つ、ということなのである。
 このような先生は、もうほとんどいなくなってしまったが、生徒たちがピリッとするのである。このような教師がいないと、学校が維持できなくなっていることは確かである。
(河上亮一:1943年東京都生まれ、埼玉県公立中学校教諭、教育改革国民会議委員、日本教育大学院教授を経て、埼玉県鶴ケ島市教育委員会教育長、プロ教師の会主宰)

|

« 「教師は授業で勝負せよ」教師の授業力をアップするにはどうすればよいか | トップページ | 子どもに好かれ、信頼され、尊敬される教師に共通しているのは、ほめる力である »

教師に必要とされる能力」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生徒がよく言うことをきく、指導力のある教師の特徴とは:

« 「教師は授業で勝負せよ」教師の授業力をアップするにはどうすればよいか | トップページ | 子どもに好かれ、信頼され、尊敬される教師に共通しているのは、ほめる力である »