« どのような困難にぶつかろうとも、自然の理にかなっていれば必ず事は成り、道は開けてくる | トップページ | 教師の指導力は人間性と社会性が土台になる »

学級崩壊の予防に、教師としての常識や面子、プライドを捨てよう、そこに新たな光が見えてくる

 学級崩壊を引き起こす要因の一つに時代遅れの考えの教師がいる。教師独得の常識であることには教師は意外と気づいていない。
 例えば、教育熱心で、几帳面で念入りにチェックする、がんばり屋のA教師は「自分はがんばっているのだから、私に子どもが協力するのは当然である」と思っていた。熱心さは認めても、子どもが理解し協力するかどうかは別であることに気づかない、そこに、子どもと不幸なズレが生じ、学級崩壊をつくりだしていることがよくある。
 教師に対する世間の目が厳しくなっている。「教師職はサービス業である」という今日の常識を十分にわきまえたうえで、許される範囲での熱心さを発揮しようではないか。
 教師社会は、一種独特な環境をもっている。教師は教室にいる分には、第三者から干渉を受けることは少ない。教師特有の面子、プライドをつくりあげていく。実は、ここが問題なのである。
 ある日突然、絶対的と考えてきた自分の価値観を否定されたり、第三者から干渉を受けたりすると、拒否反応を示すしか、自分のプライドが守れなくなる。
 これでは教師としての成長は期待できない。学級崩壊の大半は、教師のもつプライドに原因があるといえる。自分のクラスの子どもたちの乱れの原因が自分にあることを認めようとはしない。意固地になり自分の殻に閉じこもろうとする。
 こんなもの脱ぎ捨ててしまえばよいのに。脱ぎ捨ててしまえば、楽になる。
 例えば、ベテランのB女性教師、クラスの男子が言うことを聞かずに反抗を始めた。そのとき、他の教師に「ねえ、Cくんたちが、最近ちっとも私の言うこと聞かないのよ。何んで言うこと聞かないのか、理由を聞いてくれない?」
 これは、一見無責任なようにも思えるが、実はそうではない。自分のわからないことをはっきり認め、後輩担任教師にも素直に相談する謙虚さが、周囲の共感と信頼を生む好例である。
 そんなB教師の人間味が、何ともいえない魅力をつくり出し、はじめは反抗していた男子たちもいつのまにかペースに乗せられ、和気相合とした、学級の壁などのない学年経営が実現された。
 くだらない面子やプライドなど捨ててしまおう。そこに、きっと新たな光が見えてくるはずである。
(
滝井 章:東京都公立小学校教師、全国算数授業研究会理事、日本数学教育学会常任幹事、NHK教育テレビ「教育フォーカス(わくわく授業)」出演。NHK教育テレビ「わかる算数4年生」出演を経て國學院大学教授)

|

« どのような困難にぶつかろうとも、自然の理にかなっていれば必ず事は成り、道は開けてくる | トップページ | 教師の指導力は人間性と社会性が土台になる »

学級崩壊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学級崩壊の予防に、教師としての常識や面子、プライドを捨てよう、そこに新たな光が見えてくる:

« どのような困難にぶつかろうとも、自然の理にかなっていれば必ず事は成り、道は開けてくる | トップページ | 教師の指導力は人間性と社会性が土台になる »