« 学級崩壊の原因と解決するために何をすればよいか | トップページ | 4月の新学期に楽しい学級を創造するにはどのようにすればよいか »

「うちの子どもがいじめられている」と保護者に訴えられたとき、どうすればよいか

 「うちの子どもがいじめられている」と訴えられたとき、保護者の立場に立って、真摯に訴えに耳を傾けることが「連携の出発点」になります。
 加害者に対する怒りや教師に対する憤りも、「わが子を思う気持ち」を考えれば当然のことです。
 いじめの実態を知らなかったのでは、親はさらに不信感を募らせてしまします。本人からの事情聴取や他の子ども・教師等からの情報収集に努め、いじめの実態をしっかり把握しておく必要があります。
 保護者と話し合い、具体的対応(役割分担)を検討します。
 緊密な情報交換(連絡帳・電話・メール等)を行い、情報を共有することにより、相互理解を図ります。
 そして、家庭・学校の送迎、呼び出しの阻止等、目に見える具体的な被害防止の措置を講じます。
 「いじめられる側にも問題はある」との意見を否定しつつも、本人に課題があれば、その解決をめざして家庭との連携を深める必要があります。
(
嶋﨑政男:1951年生まれ、東京都公立中学校教師、指導主事、校長を経て神田外語大学教授、日本学校教育相談学会会長)

|

« 学級崩壊の原因と解決するために何をすればよいか | トップページ | 4月の新学期に楽しい学級を創造するにはどのようにすればよいか »

いじめの指導」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「うちの子どもがいじめられている」と保護者に訴えられたとき、どうすればよいか:

« 学級崩壊の原因と解決するために何をすればよいか | トップページ | 4月の新学期に楽しい学級を創造するにはどのようにすればよいか »