« 女教師は指導の難しい子どもに、どのように対応すればよいか | トップページ | 社会科:ネタを生かした授業づくり »

子どもたちがソーシャルスキルを積極的に活用している学級はまとまっていく

 対人関係を営む知識と技術のことを、ソーシャルスキルといいます。学習によって向上します。学級は対人関係の体験学習を行う絶好の場だといえます。子どもたちがソーシャルスキルを積極的に活用している学級はまとまっていく、という事実があります。
 ソーシャルスキルの考え方を取り入れ、計画的に実践を積み重ねることで、子どもたちの学級生活を充実させたいと思います。
 学級づくりをするうえで、各時期に目標となるソーシャルスキルを設定して、定着するように、意識して学習する場面を盛り込んでいくようにします。
 本来の教育活動である、授業、学級活動、朝・帰り会の中の一部の時間にソーシャルスキルをうまく取り入れるのです。
例えば、4,5月であれば、
(1)
基本的なあいさつ「おはよう」「さようなら」という。
(2)
何か失敗したときに「ごめんなさい」と言う。
(3)
何かしてもらったときに「ありがとう」と言う。
(4)
みんなで決めたルールを守る。
(5)
相手に聞こえるような声で話す。
(6)
係の仕事は最後までやりとげる。
(7)
友だちが話しているときは、その話を最後まで聞く。
(8)
友だちのまじめな話は冷やかさないで聞く。
ソーシャルスキルのトレーニングは、つぎのように展開していきます。
(1)
学習するスキルの意義を理解させる
 学習するソーシャルスキルを強制ではなく、子どもたちが理解できるように説明します。
(2)
モデルをみせる
 よいモデルや悪いモデルを見せて、具体的に理解させます。よいモデルになる子どもたちがたくさんいます。そういう子どもたちの真似をさせることが、とても有効な学習になります。
(3)
ロールプレイ
 授業や学級活動の中でライブで練習することができます。このとき大事なのが、スキルを試したときに、楽しく活動できたかどうかということです。人との関わりの楽しさ、喜びが感じられないようでは「言われなくても、自分からやってみよう」という気持ちにはなりません。
 ソーシャルスキルは繰り返し練習して、意識しなくても自然とできるようになるのがベストです。
(4)
強化する
 強化とは、適切な行動ができたとき、ほめたり、微笑んだり、注目したりして、子どもがその行動をとる意欲を高めることです。人間はプラスの評価をもらうと、継続するものです。
 大事な点は、何でもほめればよいということではなく、具体的なスキルについて、どのようによかったのかがわかるようにほめることです。
 学級でソーシャルスキルを行う利点は、ほめられたり、認められたりしたらうれしい相手として、担任や友だちが周りにたくさんいるということです。認め合いが積極的に行われている学級では、効果はとても高まります。
(
河村茂雄:1959年生まれ、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。15年間公立学校教諭を経験した。学級崩壊,学級経営など教育実践に生かせる研究成果を多数提供している)

|

« 女教師は指導の難しい子どもに、どのように対応すればよいか | トップページ | 社会科:ネタを生かした授業づくり »

学級づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちがソーシャルスキルを積極的に活用している学級はまとまっていく:

« 女教師は指導の難しい子どもに、どのように対応すればよいか | トップページ | 社会科:ネタを生かした授業づくり »